UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

先週の結果

2020年1月18日(土)、1月19日(日)の主な結果

1/19(日曜) 中山11R
京成杯(GIII)

覆面馬主7号
  • クリスタルブラック 7番人気⇒1着!
  • 3連複8480円&3連単6万6090円的中!
「使った上積みは相当ある」

現役馬主として培った経験・知識の蓄積にくわえ、勝負師としての直感も交えて数々の的中をモノにしてきた【覆面馬主7号】さん。JRA開幕週の万葉S的中、先週の3日間開催で3日連続的中といい勢いで来ておりましたが、先週は日曜中山メイン・京成杯でインパクト絶大の的中劇を披露してくれました。良血の牝馬スカイグルーヴが一本かぶりの人気に支持されていたこのレース、しかし7号さんは「俺は他に◎を打ちたい馬が居る。それがクリスタルブラック!」と高らかに宣言。「新馬では出遅れてアホみたいなスローからの大外ぶんまわしでの直線差し切り。アレはかなりびっくりした。それほど乗り込んでいたわけでもなく、6分くらいの仕上げだったように見えるだけに、使った上積みは相当あるとみる」「キズナ産駒に関してはサンデー→ディープと来てるんだけど、パワーも兼備した仔も出してくるし、早熟気味なイメージがしてるので、3歳春くらいまでの重賞ではマークしたい種牡馬ということになる。母父タイキシャトルってのが距離的にどうなんだ?とは思うし、キズナの仔も基本的にはマイラータイプが多いと思うから正直ここは距離的に長いか?とも思うんだが、ワンアンドオンリーみたいな馬も居るし、新馬での長い脚を見る限り『1600から2000』あたりがこの馬の好走レンジなのかな?とね。今回は前目に行きたい馬も多いし、内枠でじっとしながら末脚にかけるレースであっと言わせて欲しい」と、7番人気に留まっていたクリスタルブラックを本命に抜擢しておりました。そのクリスタルブラックは新馬戦をほうふつとさせる“大外ぶんまわし”から直線で豪快な末脚を炸裂させます。結局、先に抜け出していた人気のスカイグルーヴをゴール手前できっちり差し切り、7号さんの本命クリスタルブラックが快勝。単勝から3連複、3連単まで全券種的中の大幅回収祭りとなり「はい、ちゅどどどどーーーん! 競馬は簡単だ!」と、7号さんは雄叫びツイートをアップするのでした。今週末7号さんはどんな見解と買い目を披露してくれるのか、どうぞお見逃しなく!

1/19(日) 京都11R
日経新春杯(GII)

レッド
  • 情報元 栗東某厩舎関係者
  • 厩舎情報馬 エーティーラッセン
  • 11番人気⇒3着!
「調整がここまでスムーズなのは初めて」

前走は自己条件で2着に終わっており、今回格上挑戦だったエーティーラッセン。強調材料に乏しく11番人気に甘んじていたこの馬ですが“栗東の名物男”こと【某厩舎関係者】は「秘めた能力は相当。課題がある気性面は四位さんが我慢強く実地で教え、徐々に進歩していった。いかにも育て甲斐がある、“この馬を一人前にしてやろう”という気分にさせる馬なんだ。以前より強い攻めに耐えられるようなり、いよいよ本格化。前走は自己条件で2着だったけど、あれは勝った馬の“神騎乗”にやられただけ。いいリズムでこの馬の競馬はできており、収穫のある一戦だったよ。それに、外回りでゆったり進める2400mぐらいのレースがやっぱりベストだってことを改めて認識させられた。自己条件も視野にあったが、調整がここまでスムーズなのは初めてで馬の状態がガツンと上向いてきたこともあり、ここへの参戦を決定。このハンデだと四位さんが乗れず、そういう意味では苦渋の決断だったけど……優先すべきは状態面だからね。前走で“四位学校”の仮免は卒業したとは言えるんで、手離れするここで結果を出して欲しい。託された藤懸君は重圧が掛かるかもだけど今週の追い切りでいい反応を引き出してくれており、楽しみ」と、関係者サイドから強い意気込みを聞き出しており、押さえは必要と示唆してくれたのでした。さて、そのエーティーラッセンはハナを取り切ってリズム良く進むと、後続がドッと押し寄せたゴール前まで粘りに粘り大激走の3着に入りました! このような【栗東某厩舎関係者】だからこそ入手、公開できる馬券直結話を毎週「競馬サロン」では公開しております。今週末はどんな話が彼からもたらされるのか、乞うご期待!

1/18(土) 京都11R
羅生門S

アシタカ
  • ◎ラプタス 1番人気⇒1着同着!
  • 馬単2440円的中!
「走法がダートに合っている」

独自の相馬眼を武器に馬の適性、実力を見極め買い目に落とし込むのが持ち味の「アシタカ」氏。その彼が土曜“自身の1鞍”として挑んだのが京都メインの羅生門Sでした。アシタカ氏は「本命はダート転向後3連勝中のラプタス。肉厚なディープブリランテの産駒であること、ダート短距離で結果を残せていることを思えばかなりシャープな体付きだが、独特の“走法”がダートに合っているようだ。同馬は上から叩きつける様に走る(脚を高く上げる癖だろう)が、ダートではそれが掻き出しの強さに繋がっている。3走前、2走前はかなり破天荒な競馬だったが、正攻法の逃げでそのまま押し切った前走も十分に強い内容」と、ここが昇級戦だったラプタスを“相馬”から信頼。同馬をアタマに置いての馬券で勝負しておりました。そのラプタスは3番手に控える競馬から直線で抜け出すと、最後は内を突いたバティスティーニの強襲に遭いましたが渋太く1着同着に持ち込んでおります。アシタカ氏は8番人気のバティスティーニに☆で馬単的中! また、フォーメーションのアヤで3連単馬券こそ獲り逃したものの6番人気3着のワンダーアマービレにも△を回す慧眼ぶりを発揮しておりました。他の追随を許さぬアシタカ氏の“相馬”を今週末もどうぞお役立てください。

1/18(土) 中山3R
メイクデビュー中山

覆面馬主1号
  • ◎シェダル 1番人気⇒1着
  • 単勝210円1点的中&枠連420円1点的中!
オヤジさんの勝負大成功!

熟練の馬券師「覆面馬主1号」さんと競馬談義を交わしつつ、サシの馬券勝負を繰り広げている「オヤジ」さん。その勝負の模様を1号さんのサロン記事で公開しておりますが、先週はオヤジさんが勝負に出た中山3Rのシェダル単勝20万1点勝負が大成功! 押さえの枠連1点勝負もズバリで大幅回収に成功しております。その勢いに奮起したか、翌日の日曜では1号さんが中山6Rのルフトシュトローム単勝勝負に成功しました。人生の達人たちが磨き上げた勝負センスと競馬観をもとに激突する、1点勝負対決は見逃し厳禁です!

1/18(土) 小倉10R
小倉城特別

UMAJIN創始者 岡井元憲
  • ゲンパチルシファー 1番人気⇒1着
  • 馬連1060円的中!
「平坦替わりは好材料」

元騎手見習いにして現在は現役地方馬主、そしてUMAJINの顔でもある岡井さん。幅広い人脈と独自の観察眼を軸に馬券師として新章突入なった【競馬サロン】でも活躍中ですが、その岡井さんが土曜「自身の一鞍」として買い目を出したのは、彼が開催を待ちに待っていた小倉の準メイン小倉城特別でした。このレースに関して岡井さんは「昇級後はコース問わず、大崩れなく走っている◎ゲンパチルシファー。小倉では2着の実績があり、平坦替わりは好材料。メンバー的にもここはチャンス十分じゃ」と、ゲンパチルシファーを本命に指名。そのゲンパチルシファーは道中馬群のなかで揉まれ気味となり、直線に入っても窮屈な感がありましたがいざ進路が開くと圧巻の鋭さで前を捉え勝利を収めております。2着トップウィナーに▲をもちろん回しており、なんなく馬連1060円の的中をGET。キャリアと人脈に裏打ちされた岡井さんの馬券勝負に今後もご期待ください!

1/19(日) 中山12R
4歳上2勝クラス

イエロー
  • 情報元 某美浦トラックマン
  • 厩舎情報馬 オジョーノキセキ
  • 7番人気⇒3着!
「包まれない外枠はプラス」

「馬クダンカード」の情報元として今年に入り一気に存在感を増しているのが【某美浦TM】です。その彼が土曜に推奨したのが中山12Rのオジョーノキセキでした。【某美浦TM】は「前々走で現級突破が意識できる手応えを掴み、その勢いで前走のクリスマスCに挑むも7着と振るわず。これは力負けというよりは勝負どころの進路取りに苦戦したのが敗因。直線で窮屈な競馬になり、本来なら100%の末脚が出せるところ、80%ぐらいしか出せなかった。スムーズな競馬なら勝ち負けに加わっていた。今回も前走と引き続き、中山1200m戦。何頭か強い馬が揃っていますが、そこまで差があるとは思えませんし、前走のことを考えたら包まれない外枠もプラス」と、関係者サイドが強気モードにあることを把握し「積極的に狙っていきたい」と語ってくれたのでした。そのオジョーノキセキは後方から直線でグイグイ脚を伸ばすとクビ+ハナ差の3着という勝ちに等しいパフォーマンスを繰り出し馬券に貢献しております!

その他、取扱注意の関係者情報を
UMAJIN.netにて公開済み!!

「馬クダン!!カード」は競馬サロンで公開!

過去の結果検索

「年/月」を選択後、「開催週(年/月/日)」を選択して、「検索」ボタンを押してください。

検索

PAGE TOP