UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

競馬サロン

田中正信

2019/11/07 18:00

エリザベス女王杯、全頭の調教診断

皆さんこんばんは。
今週の追い切り全頭診断はGI・エリザベス女王杯です。今年は3歳馬2頭に注目が集まっていますね。ぶっつけで秋華賞を制したクロノジェネシス、そしてぶっつけでエリザベス女王杯となったオークス馬ラヴズオンリーユー。古馬では2年連続2着のクロコスミアや、ラッキーライラックなど、牝馬限定路線としてはトップクラスが揃ったといえるでしょう。これら比較はなかなか難しそうです。それでは、出走全18頭の追い切り診断をご覧ください。

====================
エリザベス女王杯・全頭診断
====================

■アルメリアブルーム
オープンに上がったばかり、GIどころか重賞初挑戦なのだが、調教に関してはGIホースとも互角といえるだろう。CWコースでの併せ馬では直線を向いて早々と僚馬を引き離してしまう。ここから手前を替えることなく突き放したことに驚いた。手前を替えないと乳酸が一方の脚にたまってしまい、自然と替えて走りを楽にするもの。だが、替えずに走り切ったあたりスタミナは相当だ。しかも6Fから時計になり、80秒を切っているのだから心臓のたくましさにはお墨付きを与えられる。レースで手前を替えてくれないときついが、まず大丈夫だろう。潜在能力の高さを垣間見せた。

■ウラヌスチャーム
関東馬だが栗東に滞在しており、CWコースで単走。伸びやかなフォームが目を引き、前脚が高く上がっている様子がよくわかる。高く上がりすぎじゃないか、無駄の多いフォームじゃないかとも思えるが、このくらい活気があるほうがいいだろう。スピードが上がった時、やや首が高くなってしまうのが気になるものの、乗り手が手綱を詰めて乗っていることも影響しているように思う。

■クロコスミア
坂路で単走。前走時より明らかに活気がみなぎっている。ウッドチップが舞う量もまったく比べものにならない。首の動きも非常にリズミカル。ラストは前脚を意識的に前方へと出しているようで馬から自覚を感じるのもいい。素軽さを増したことを馬が喜び、走りを楽しんでいる雰囲気が伝わってくる。間違いなく状態はいい。

■クロノジェネシス

斉藤崇師が「オークス時の8割程度」と語った秋華賞時の追い切りから、さらに前進。文句のつけ用のない動きだった。CWコースで僚馬を追走。かなり外を回したあたりに陣営の自信が見えてくる。直線を向いて、しばらくは相手の動きに合わせ、馬が自分からジワリと並びかけた。そしてみずからの意思で前に出たところでわすかにゴーサイン。前の馬を抜くんだという気持ちを引き出し、それこそ正解だといわんばかりに出したゴーサインはベストのタイミング。そんなに極端に追い出したわけではないので突き放しはしなかったが、人馬の意思の疎通としては完璧。

■ゴージャスランチ

三浦が騎乗。中間は坂路とコースを併用。1週前はコースで楽に先着。今週はあえて抜かさないように我慢させると折り合いが付いて、フォームも滑らか。体を緩く見せるのはいつものことで、うまく仕上がっている。

■サトノガーネット
坂路で単走。前脚は高く上がり、バテそうになりながらも最後まで上がり切るんだという馬の気持ちが伝わってきて、悪くなかった。後肢の蹴りもなかなか力強く、ウッドチップの舞う量もなかなか。もっと楽に上がれればベストだが、レースに向けて闘争心はつくれたはずだ。

■サラキア
CWコースで単走。前脚の力が非常に強いタイプのようだ。前脚をしっかりと前方に出して地面をつかみ、グッと引き寄せるようにして推進力を得る。後肢も連動してキビキビと動く。首の位置も低い。この馬が理想とするフォームを再確認できた。

■シャドウディーヴァ
こちらも栗東に滞在。タイム的には悪くないのだが、あまり感心するフォームではない。馬の表情は、やや必死感が強すぎて、気持ち的に追い込まれてしまっているのかと受け取れる。前脚もやや開き気味。パワーをうまく地面から得られていないように見える。手前を替えるタイミングも良くなかった。

■スカーレットカラー

CWコースで単走。目下、絶好調の1頭で追い切りからもそれは伝わってくる。前脚はしっかりと上がり、手前を替えるタイミングもベスト。首があまり動いていないものの、それはまだスピードが上がる余地があることを教えてくれている。この走り方を見れば、近走の進撃も納得というものだ。

■センテリュオ
坂路で単走。完歩の大きさがよく分かる。決して四肢をきれいに運ぶ馬ではないが、その分、パワーはなかなかすごい。ウッドチップがグイグイと後方に飛んでいる。首も動かし方からは馬の必死な様子が伝わってきて好感が持てる。胸前の筋肉もしっかりと張っており馬体の仕上がりも良さそうだ。

■ブライトムーン
坂路。あまり前脚を高く上げるタイプではないが、そのかわり、しっかりとかき込む。首もフットワークに合わせてしっかりと動いている。表情からもまだ余裕を感じ、ポテンシャルの高さはなかなか。状態の良さは伝わってきた。

■フロンテアクイーン

津村が騎乗。2頭を追い掛けて直線は内へ。追われる相手に対して1番の手応えと勢いで応戦。最後はグイグイと伸びて1F12秒9。前回同様、迫力ある動きを見せた。馬体もボリューム感にあふれ、好調キープ。

■ポンデザール
???????
1週前追い切りでは僚馬を寄せ付けない伸び脚。一杯の相手を馬なりのまま圧倒すると、ゴール前は一瞬にして抜けて2馬身の先着。5F67秒8-1F12秒7。今週はテンションを上げないように単走追いとなったが、6Fから時計を出しながらも、最後まで持ったまま躍動感にあふれた走り。リズムも良く、やればやるだけ動きそうな勢い。馬体も膨らんで、ここ目標に一気に状態を上げてきた。

■ミスマンマミーア
CWコースで僚馬を追走。馬体が合いそうになった時、インに少し動いたあたりは修正ポイント。浜中騎手が慌てることなく、再度寄せて、残り200mから追い出した。相手も走る馬と見えて、突き放すことはできなかったが、ラストは12秒を切ってきた。まだ課題もあるが、まずは先着して狙いは達成したはずだ。

■ラヴズオンリーユー
1週前にしっかりと追い切っており、最終追いは坂路で単走。お世辞にも素晴らしい、パーフェクトというものではないが、気持ちを乱すことなくスムーズに上がったこと自体で陣営の狙いはクリアしているのだろう。これで狙いを下げる手もあるのかもしれないが、私はこれでOKなのだと思う。

■ラッキーライラック
CWコースでスミヨンを背に追走。グッと前傾した独特の乗り方。当初は高かった首が直線半ばでスッと低くなったのには驚いた。ハミの位置を少しずつ調整しているだけのように見えるのだが、それでもグッと前に出てしまうあたりにも驚く。スミヨンにしかわからないコンタクトの仕方があるのだ。これで馬の闘志に火が付く可能性は高いのではないか。

■レイホーロマンス
近走、白星からは遠ざかっているものの、追い切りだけを見れば非常に好感が持てる。坂路で単走。フットワークは非常にキビキビとして素早く、迫力を感じる。胸前の筋肉も発達しており、仕上がりも悪くない。

■レッドランディーニ
坂路で併せ馬。もう少し、気持ちを前に出してほしい感じは残る。タイム的にもラスト1F12秒9では、物足りない感じ。相手に合わせてしまっているのか。
 

【この記事をシェアする】

競馬サロン TOP

PAGE TOP