UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2011/02/01  高井 大輔「世界の競馬はでっかいぞ!」

【世界の競馬】非常に嬉しい“マサ田中”のGI制覇

 先週末「マサ田中騎手がニュージーランドでGIを制覇」という個人的に非常に嬉しいニュースが飛び込んできた。

 マサ田中騎手は、日本の競馬学校には入学せず、オーストラリアの競馬学校に入学し、ニュージーランドで騎乗している26歳の日本人ジョッキー。僕は、彼が現地で研修中にスクールで話をしたこともあって「本当に馬が好きで、素直ないい子」という印象も残ってたし、このGI制覇のニュースは非常に嬉しかった。

 勝利したレースは「Harcourts Thorndon Mile」という現地のマイルGIで、「Booming」という馬に騎乗し、道中は中団待機から直線でポッカリと開いた最内を一直線に伸びて差し切り勝ち。前走もGIを勝っていた馬とはいえ注目度は低かったし、現地では“ジャパニーズドリームを掴んだ日本人”的な扱いで新聞の一面を飾っていたりもしていたみたい。

 日本人が海外GIを勝つというのは非常に難しいことだし、あまり目立った成績を残していなかったマサ田中のような騎手が、そういったレースで騎乗依頼をもらえるのもすごく珍しいこと。そんなチャンスを一発で仕留めるあたり、斎藤佑樹投手やサッカーの本田圭佑選手ではないけど“何か持っている”って感じだね(笑)。

 元々現地でも「スマートな騎乗をする」と評判ではあったし、今回のGIで結果を残したことで、彼の騎手としての評価は大きく変わってくるんじゃないかな。現地での騎乗依頼も増え、有力馬にももっと乗せてもらえるようになってくれるかも。

 海外志向が強い騎手だから、今後はシンガポールや香港などに目を向けるようなこともあるかもしれないけど、ぜひ、実績を引っ提げて来日してもらって、日本の南関競馬あたりで騎乗する姿も見てみたいものだね!


※関連リンク
馬三郎・弥永TMやターフライター・平松さとしなど充実の[UMAJIN.netコラム]一覧はコチラ!

PAGE TOP