UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

海外競馬

ピックアップレース情報提供 World RaceNews.com【WRN】

2018年12月09日(日)

香港スプリント(GI)芝1200m

  • 【レース格】★★★★
  • 【総賞金】2000万香港ドル
  • 【開催競馬場】シャティン
  • 【勝馬】ミスタースタニング
  • 【騎手】K.ティータン
  • 【トレーナー】F.ロー
見解

【結果詳報】
現地時間9日、香港のシャティン競馬場で行われた芝1200mのGI香港スプリントはK.ティータン騎手が騎乗したMr Stunning(ミスタースタニング)が制して、日本のロードカナロア以来となる香港スプリント連覇を果たした。

ディフェンディングチャンピオンであったミスタースタニングだが、その後は2着4回、3着1回と勝ち切れず、その一方、これまでデビュー以来、10戦9勝2着1回といった成績を残す新星Hot King Prawn(ホットキングプローン)が日本でのお馴染みのモレイラ騎手が鞍上ということもありこちらに1番人気を譲る形に。

ゲートが開くとそのミスタースタニングとホットキングプローンといった人気馬2頭が前に行き、結局は後者がハナを切り、日本のファインニードルは中団で前を見ながらの競馬の競馬となった。3角までハナを切って快調に走っていたホットキングプローンだが、外からルメール騎手が騎乗したIvictory(アイヴィクトリー)がこれに迫る形となったが、ティータン騎手はこれを深追いすることなく、ミスタースタニングは3番手をキープ。ホットキングプローンとアイヴィクトリーが併走したまま先頭を走り、そのまま最後直線に向かうと、2番手には内からD B Pin(ディービーピン)、真ん中にミスタースタニング、外からファンニードルとこれら3頭もほぼ横一線で前を追った。前にいた5頭の中で最初に脱落したのはファインニードルであり、残り150m地点では残りの4頭が綺麗に横一線となったがそこから抜け出したミスタースタニングがそのまま1着でゴール。2着にはディービーピンが入り、ムーア騎手鞍上のBeat The Clock(ビートザロック)が最後追い込むも3着までであった。なお、日本のファインニードルは直線半ばまで踏ん張りを見せたが最後は8着に終わり、ルメール騎手騎乗のアイヴィクトリーは6着であった。

勝ったミスタースタニングは父Exceed and Excel、母With Fervour(母の父Dayjur)という血統の6歳セン馬。この馬は海外からの移籍馬ではなく、香港デビューしているが、頭角を現したのは昨年の春。それまで重賞戦への出走は一度なく、デビュー10戦目にはじめてGIIのスプリントCに出走するといきなり1着となり、続くGI初挑戦のチェアマンズスプリントプライズでも2着に好走。

その後、60.5キロを背負った沙田ヴァーズとナショナルデイCは8着、6着に敗れたが、昨年10月のGII戦プレミアボウルでの勝利を皮切りに、3連勝で昨年の香港スプリントプライズで初のGI戦勝利をあげた。その後は冒頭に記述したように勝ち切れないレースが続いていたが、今回香港スプリントを連覇して、再びスプリント路線の頂点に立ったのである。ちなみに鞍上のティータン騎手だが、香港でのG1はこれがうれしい初勝利となった。

【展望】
香港スプリントは香港、シャティン競馬場で行われる芝1200mのGI戦。「香港国際競走」にて施行される4つのGI競走のうちの1つで、春に行われるチェアマンズスプリントプライズとともに、香港のスプリント路線で活躍する馬たちにとっては大きな目標となるレースである。

香港スプリントの創設は1999年。当時は国際リステッド競走であったが、翌年に国際G3、2年後に国際G2、そして2002年には国際G1に昇格している。また施行条件は創設当時から2005年までの7年間はシャティン競馬場の1000mの直線競馬であったが、2006年から現在と同じ芝1200mに変更されている。

日本調教馬は2001年、第3回の香港スプリントに出走したダイタクヤマト、メジロダーリングが初めての出走となったが、12、13着に敗れ、その後もショウナンカンプ、ビリーヴ、サニングデール、カルストンライトオ、アドマイヤマックス、ローレルゲレイロ、カレンチャンといったGIウイナーが挑んだものの、優勝したのは2012年、2013年に連覇を果たしたロードカナロアのみである。

ロードカナロアが引退した翌年の2014年と2016年には、地元・香港のエアロヴェロシティが優勝しているが(2015年は10月末のプレミアボウルで心房細動を発症して14着に敗れた事から香港スプリントには出走せず)、ご存じのように同馬は2015年の高松宮記念の優勝馬である。日本調教馬の優勝がロードカナロアしかいないことに加え、エアロヴェロシティが高松宮記念を制していることを思うと、やはり香港のスプリント路線はかなりレベルが高いと言えるだろう。

今回、日本からは春の高松宮記念と秋のスプリンターズSを勝ったファインニードルが出走するが、同馬はこの春にチェアマンズスプリントプライズに出走して4着に敗れている。それから半年以上が立ち、ファインニードルも成長をしているだろうが、果たしてどういった走りをみせるのか?ここからはそのライバルとなる馬達を紹介する。

まずは地元、香港勢だが今年は9頭が出走。昨年の香港スプリントの優勝馬であるMr Stunning(ミスタースタニング)とクビ差の2着に入ったD B Pin(ディービーピン)、そして今年のチェアマンズスプリントプライズの優勝馬Ivictory(アイヴィクトリー)、3着に終わったもののファインニードルには先着したBeat The Clock(ビートザクロック)、さらには、これら4頭を前走のGIIジョッキークラブスプリントでまとめて負かしたHot King Prawn(ホットキングプローン)と、その層はかなり厚い。

まず昨年の優勝馬ミスタースタニングだが、デビュー後、条件戦にて9戦6勝の成績を残して初の重賞挑戦となった昨年のGIIスプリントCで過去に香港スプリントを制したことがあるペニアフォビアを倒していきなり優勝。続くチェアマンズスプリントプライズでも、前年のチェアマンズスプリントプライズと香港スプリントで2着だったラッキーバブルズ相手にクビ差の2着となり、GIでも通用することを証明すると、昨秋はプレミアボウル、ジョッキークラブスプリント、香港スプリントと重賞3連勝で初のGI制覇を達成した。

今年は、GIセンテナリースプリントCでディービーピン、チェアマンズスプリントプライズでアイヴィクトリーに敗れて2着など、勝ち星がないのは少々気になるが、2着4回、3着1回と安定した走りは見せている。今シーズン、サイズ厩舎からロー厩舎への転厩に伴い、鞍上が日本でもお馴染みのK.ティータン騎手に替わり、ともにホットキングプローンに敗れているが、ホットキングプローンが2戦ともに55.5キロの斤量だったの対して、ミスタースタニングは60キロ、58キロと重い斤量を背負っていた。内容自体も悲観すべきものではないだけに、当然、同斤量になれば逆転しても驚けない。

一方、そのホットキングプローンはまさに“上がり馬”と呼ぶに相応しい馬で、昨年の5月にデビューしてから年末まで5戦5勝。今年初戦となった4月の条件戦は、休み明けということもあってか2着に敗れたものの、その後、再び4連勝を飾っている。しかも、近3走は全て重賞戦で、先ほどお伝えしたようにミスタースタニングをはじめ、アイヴィクトリー、ディービーピン、ビートザクロックといった一線級を相手に勝ってきた。

確かにこれまでは斤量が軽く、今回はそれら一線級の馬たちと同じ斤量になるので試金石と言うべきかもしれないが、その鞍上はモレイラ騎手。馬の勢いに加え、モレイラ騎手騎乗ということであれば、斤量を理由に評価を下げるのは早計だろう。

アイヴィクトリーはここ2戦が10着、7着と不振、ディービーピンも前走は最下位の9着に終わっているが、驚くことにアイヴィクトリーはC.ルメール騎手がその鞍上を務める。新味が期待できる上に、今週末の香港の天気は雨模様で馬場悪化が予想される。アイヴィクトリー自身、道悪でも結果を残している馬だけに巻き返しがあっても驚けない。またディービーピンも前走が10か月ぶりの競馬。叩き2戦目で変わり身を警戒すべきか。

ビートザロックは重賞勝ちがGIIの1勝のみで、他の香港の有力馬との比較では見劣るものの、何しろデビューして以来、16戦して6勝、2着6回、3着4回と一度も4着以下がない。裏を返せばもう一押しが利かない詰めの甘いタイプと言えるが、今回はR.ムーア騎手を鞍上に起用してきた。鞍上の手腕によるもう一押しがあれば、ここで大仕事をする可能性は十分にありそう。

残りの香港馬は、上記の5頭に比べると実績面で見劣る。むしろ、それらに注目するぐらいであればイギリスのSir Dancealot(サーダンスアロット)を警戒するべきか。同馬は生涯成績27戦8勝で、これまでGI勝ちの実績はないが、今シーズンは4勝を挙げており、そのうち3勝がGII、GIIIといった重賞戦。GIでも7月のジュライCで4着に入っていることを考えると、GIでの勝ち星がないからといって軽視はできない。

重賞勝ちした3戦がいずれも1400mのレースであることから、陣営は今回、1600mの香港マイルにするか、1200mの香港スプリントにするか頭を悩ませたようだが、香港マイルにはフォレ賞で先着を許したワンマスターやインズオブコートが出走すること、加えて鞍上のG.モッセ騎手が『ペースが緩まずに流れる1200mの方が良い』と進言したことから、こちらを選択した。今年既に11戦使われている点や道悪を苦手としている点は気になるが、モッセ騎手は昨シーズンまで香港を拠点としており、過去に香港スプリントをオールスリルズトゥー(2002年)、セイクリッドキングダム(2007年)で優勝している。昨年も8番人気のブリザードで3着に好走しているだけに、このサーダンスアスロットも侮れない存在と言えるだろう。

もう1頭、シンガポールのLim’s Cruiser(リムズクルーザー)はこれまで、芝1200mの競走ではオーストラリアのデビュー戦(5着)を除くと3、2、1、1、1、1着と堅実。その上に、ボウマン騎手が騎乗するとなれば不気味な存在ではあるが、シンガポール調教馬だけにレベル的には疑問。層の厚い香港勢相手では厳しいとみる。

過去、シンガポール調教馬ではロケットマンという馬が2010年の香港スプリントで2着しているが、同馬はそれまでシンガポールでは13戦11勝で2着2回と連対を外しておらず、ドバイゴールデンシャヒーンでも2着になった実績があった。道悪で2勝しているように、時計の掛かる馬場は得意そうではあるが、それに比べるとさすがにリムズクルーザーの実績は劣っているだけに…。

最後に日本のファインニードルだが、冒頭でもお伝えしたようにこの春のチェアマンズスプリントプライズに出走して4着。今回も出走を予定するアイヴィクトリー、ミスタースタニング、ビートザロックに先着を許している。勝ったアイヴィクトリーにはスプリント戦では決定的ともいえる4馬身差をつけられてしまったが、ファインニードルも今回は2度目の遠征ということで、慣れを加味すればば差を詰めても不思議ではない。

それに先ほどからお伝えしているように、今週末の香港は雨の予報。ここ2戦で重馬場のセントウルSと稍重のスプリンターズSを勝っているファインニードルであれば、勝ち負けを期待しても良いかもしれないが、スタート地点から3コーナーまでの距離が短く、外枠が不利とされるこのレースにおいて、大外枠を引いてしまったのはマイナス材料である。

※記載している出走予定馬については12月7日(午後0時)時点でのものであり、今後、出走取消等により出走しない場合もありますので予めご了承ください。


戻る

海外競馬TOP

PAGE TOP