UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

海外競馬

ピックアップレース情報提供 World RaceNews.com【WRN】

2018年12月09日(日)

香港マイル(GI)芝1600m

  • 【レース格】★★★★
  • 【総賞金】2500万香港ドル
  • 【開催競馬場】シャティン
  • 【勝馬】ビューティージェネレーション
  • 【騎手】Z.パートン
  • 【トレーナー】J.ムーア
見解

【結果詳報】
現地時間9日、香港のシャティン競馬場で行われた芝1600mのGI香港マイルはZ.パートン騎手が騎乗した1番人気のBeauty Generation(ビューティージェネレーション)が圧倒的な人気に応えて優勝し、昨年に続き香港マイル連覇を果たした。

昨年の香港マイルに加えて今年春のチャンピオンズマイルも優勝を果たし、今季もここまでGIIIセレブレーションC、G2の沙田トロフィー、そして香港マイルの前哨戦であるGIIのジョッキークラブマイルもレコード勝ちして、目下4連勝中であったビューティージェネレーションは日本でもその強さが浸透しており、単勝1.4倍の断然人気に支持され、これに続きペルシアンナイト、モズアスコットといった日本のGIウイナーが2、3番人気に。

レースでは12番枠と外目の枠を引いたビューティージェネレーションであったが、好発を決めると、スッと上がって行き、当初はオーストラリアのComin' Through(カミンスルー)と併走していたが、残り1000m付近では早々と先頭に立ってレースを引っ張る形に。その一方で、ペルシアンナイト、モズアスコット、ヴィブロスは前半後方で折り合いに専念して様子を伺っていたが道中は各馬に大きなポジションの変動はなく、レースが動いたのは3角から4角にかけてであった。相変わらずビューティージェネレーションが先頭であったが、一気に後続馬が差を詰めてきて団子状態になるとモズアスコット、ヴィブロスも外を回って一気にポジションを上がる形に。しかし直線に入ってもビューティージェネレーションの脚色は劣ることなく、残り300mを切ると、そのリードはむしろ広がり、焦点は2着争いとなった。ほぼ横一線となった2着争いであったが、馬群の中から、香港のSouthern Legend(サザンレジェンド)、Nothingilikemore(ナッシングアイライクモア)が抜け出しを図ろうとするところ、外からヴィブロス、ペルシアンナイトがこれに迫り、モズアスコットもこれに加わってきたが、それらを尻目にビューティージェネレーションは3馬身差をつけて圧勝。2着にはヴィブロス、3着にサザンレジェンドが入り、ペルシアンナイトは5着、モズアスコットは7着に終わっている。

勝ったビューティージェネレーションは父Road to Rock、母Stylish Bel(母の父Bel Esprit)という血統の6歳セン馬。オーストラリアでデビューを果たし、GIのローズヒルギニーで2着と言う実績はあったが重賞未勝利のまま香港に移籍。当面の目標であった4歳限定の香港クラシックマイルでは3着、香港クラシックCでは11着、香港ダービーでは3着に敗れていたが、距離をマイル戦以下に向けるとその能力を開花させて昨年の香港マイルは香港での初GI挑戦であったがこれを制した。

その後、今年1月のマイルGI戦スチュワーズCで7着、4月のGII戦チェアマンズTで5着に敗れたことはあるが、冒頭でも記載したようにチャンピオンズマイルから今回の香港マイルを含めて5連勝。文句なく、現状は香港最強マイラーである。この後は2シーズン連続の香港年度代表馬を目指して昨年敗れた、年が明けて1月のスチュワーズCや連覇のかかるチャンピオンズマイルを目指す事になるだろうが是非、日本を含めた海外遠征をしてもらいたい。

【展望】
香港マイルは香港、シャティン競馬場で行われる芝1600mのGI戦。「香港国際競走」にて施行される4つのGI競走のうちの1つで、香港ではシーズン上半期におけるマイル王決定戦にあたるが、国際GIであることから毎年、他国からの参戦も多く見られる。

香港マイルの前身は1991年に創設された「香港招待ボウル」で、同レースはシャティン競馬場の芝1400mで行われていたが、1999年に距離をマイルに延長した上で香港マイルに改称された。それ以降、シャティン競馬場のマイル戦という条件に変更はなく、2000年からは国際GIとして施行されている。

日本調教馬は香港招待ボウル時代から数多くの馬が挑戦しており、これまで延べ37頭の出走は他の香港ヴァーズ、香港C、香港スプリントを上回り、最多の出走頭数となっているが、過去に優勝したのは2001年のエイシンプレストン、2006年のハットトリック、そして2015年のモーリスの3頭。そのモーリスは翌年のチャンピオンズマイルも制しているが同馬を除くと、香港のマイル路線は層が厚く、日本調教馬ではロードカナロア以外に勝利をあげていないスプリント路線と共に厳しい戦いを強いられており、この10年で馬券圏内に好走したのはモーリス以外、2014年に3着となったグランプリボス1頭である。

今年は日本からこの香港マイルにペルシアンナイト、モズアスコット、ヴィブロスの3頭が出走を予定しているが、ここからはそのライバルとなる馬達を紹介する。

まず、地元の香港勢だが6頭が出走を予定。その大将格となるのはBeauty Generation(ビューティージェネレーション)。昨年の香港マイル、そしてこの春にはチャンピオンズマイルと、日本で言えばマイルCS、安田記念にあたるマイルのGIを勝っているのだから、香港勢では実績からすると頭ひとつ抜けた存在。昨年の香港マイルを優勝した後は今年1月のGIスチュワーズCで7着、4月のGIIチェアマンズトロフィーで5着と休み明けのレースを取りこぼしたことはあるが、今シーズンは休み明け初戦のGIIIセレブレイションCとGIIシャティンTを勝ち、前走もこの香港マイルの前哨戦であるGIIジョッキークラブマイルをコースレコードで走り、3馬身差の圧勝。何の不安も残すことなく、香港マイルに駒を進めてきた。

今シーズン、残る香港の5頭を既に負かしており、それを思えばビューティージェネレーションの連覇を阻む可能性があるのは他国の馬ということになるのではないか? いずれしても香港の大将格として大いに勝ち負けを期待してもいいだろう。鞍上は日本でもお馴染みのZ.パートン騎手。

続いてはビューティージェネレーションと同オーナーであるBeauty Only(ビューティーオンリー)。昨年の安田記念に出走して6着だったこともあって、その名を覚えていらっしゃる方も多いだろうが、一昨年のこの香港マイルを勝っている実績馬ではあるものの、それ以来、19戦して勝利を挙げたのは今年4月のGII戦チェアマンズTのみであり、香港のGI戦においては5、5、2、7、5、5、4着と苦戦が続いている。7歳となった今シーズン、前走のジョッキークラブマイルで3着しているように、年齢による能力の衰えはそれほど心配することはないと思うが、3戦いずれもビューティージェネレーションに敗れている事を思えば、逆転までは厳しいだろう。あくまで2着候補として考えるべきだろう。

Singapore Sling(シンガポールスリング)は、南アフリカでデビューした馬。昨年の11月から香港で走っているが、4歳限定の香港クラシックマイルで2着、香港クラシックCで優勝、香港ダービーで2着といった実績を残している。それを思えばダービー後、中距離路線に進む可能性もあったが陣営はマイル路線を選び、今年4月のチャンピオンズマイルにて初のGI出走となったがビューティージェネレーションから2馬身差の5着に終わっている。今シーズンも引き続き、マイル路線を走り、シャティンTではビューティージェネレーションから半馬身遅れの2着と好走したが、その際は7.5キロの斤量差があっての敗戦。2キロ差となった前走、ジョッキークラブマイルでは4着もビューティージェネレーションとの差は約6馬身近くと更に広がっており、この馬もビューティージェネレーションを逆転するのは難しいであろう。

Southern Legend(サザンレジェンド)はそのジョッキークラブマイルで2着と好走し、ビューティーオンリー、シンガポールスリングに先着はしているが、これも2キロ軽い斤量でビューティージェネレーションには3馬身差を付けられている。また今年1月のマイルGI戦スチュワーズCで2着の実績があるFifty Fifty(フィフティーフィフティー)、そして香港クラシックマイルではシンガポールスリングを破って勝利した実績のあるNothingilikemore(ナッシングアイライクモア)も今シーズン、ビューティージェネレーションには完敗しており、ここで大きな期待を寄せるのはどうか?

以上をお読みいただければお分かりだろうが、ビューティージェネレーションと、他の香港勢の5頭は既に勝負付けが済んでおり、ビューティージェネレーションに何かしらのアクシデントがない限りはその優位性は揺るがないとみる。他の5頭はホームでのレースとなるだけに2着はあってもいいとは思うが、そこはあくまで他国の馬の走り次第と言えるだろう。

他国勢は3頭の日本馬を除けば、オーストラリアのComin' Through(カミンスルー)、イギリスのBeat The Bank(ビートザバング)One Master(ワンマスター)、フランスのInns of Court(インズオブコート)の4頭。その中でレーティング最上位となるのはオーストラリアのカミンスルー。GIの勝利は今年5月のドゥームベンCのみで、その上、現在4連敗中となかなか調子が上がってこないようだが、同馬の兄は2014年の香港C、2015年のクイーンエリザベス2世Cで共に3着したクライテリオン。それを思えばこの馬もシャティン競馬場の芝で好走しても不思議でないが、管理するオーストラリアの名伯楽C.ウォーラー調教師は『ここは来春のドバイに向けての試金石。ただビューティージェネレーションを負かすのは難しいだろうね』と強気なコメントは伝わってきていない。

ワンマンスターとインズオブトートはフランスのGIIIメシドール賞を制した日本馬のジェニアル(現在はフランスに移籍)が出走して14着だったGIフォレ賞の1、2着馬。ワンマスターはそのフォレ賞が初のGI挑戦であったが、ゴール前、インズオブコートを短頭捉えて優勝。この実績のみではどうかと思うが、次走、アメリカに渡りBCマイルに出走して1馬身差の5着なら、ここでも注意すべき1頭と言えるだろう。まだキャリアが9戦だけに上がり目も見込める。

インズオブコートはそのフォレ賞で惜しくもGI勝利を逃したが、昨年のジャックルマロワ賞で2着の実績がある馬。ここでも短頭差という惜敗であったが、3着に下したのがサンダースノー。ここ最近はドバイワールドCの優勝や、BCクラシックで3着とダートに矛先を向けているが、そもそも芝のGIでも2勝を挙げている実力馬。そのサンダースノーを破っているのだから、この馬もここでは軽視する訳にはいかない。

ビートザバングはサッカーのプレミアリーグ、レスターの元オーナーで、日本でも報道されたように、この10月の起きたヘリコプター墜落事故によって亡くなったタイ人のウィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏が所有していた馬。同オーナーとボールディング調教師は以前から、いつかはこのビートザバングを香港で走らせたい」というプランを持っていたとのことで、今回はそれが実現する形。実績は欧州勢では一枚落ちる形だが、亡きオーナーの意思もあって、陣営は悔いのない全力での仕上げでレースに臨むだろう。

ただし、ビューティージェネレーションを除く香港馬や、他国の馬であれば、今年の日本勢は全くヒケを取らないと考えていいだろう。これが引退レースとなるヴィブロスは一昨年のドバイターフの優勝馬で、今年も2着に好走。香港への遠征は初めてだが、海外遠征で結果を残しているのはモズアスコットやペルシアンナイトにはない強みと言える。マイルはデビュー戦以来となるが、1800mのドバイターフで好走しているのだから短過ぎるということはないだろう。

モズアスコットは、先日のマイルCSこそ4角で他の馬にぶつけられて13着に終わったが、この春には安田記念を連闘で勝っており、またペルシアンナイトも昨年のマイルCSの優勝馬なのだから、現在の日本を代表するマイラーであることに違いはない。昨年、香港マイルに出走してビューティージェネレーションに敗れたサトノアラジンは6歳であったが、モズアスコットとペルシアンナイトは、まだ伸びる余地を残す4歳馬だけに勝ち負けまで期待してもいいだろう。

※記載している出走予定馬については12月7日(午後0時)時点でのものであり、今後、出走取消等により出走しない場合もありますので予めご了承ください。

戻る

海外競馬TOP

PAGE TOP