UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

海外競馬

ピックアップレース情報提供 World RaceNews.com【WRN】

2018年12月09日(日)

香港C(GI)芝2000m

  • 【レース格】★★★★
  • 【総賞金】2800万香港ドル
  • 【開催競馬場】シャティン
  • 【勝馬】グロリアスフォーエバー
  • 【騎手】S.デソウサ
  • 【トレーナー】F.ロー
見解

【結果詳報】
現地時間9日、香港のシャティン競馬場で行われた芝2000mのGI香港Cは、スタートから先手を奪ったS.デソウサ騎手騎乗の4番人気Glorious Forever(グロリアスフォーエバー)がまんまと逃げ切って優勝。初めてのGIの舞台で重賞初制覇を決めた。

日本からは、天皇賞・秋2着のサングレーザーと重賞2連勝中のディアドラ、そして4年連続の出走になるステファノスの3頭が出走した今年の香港C。対する地元勢は、直前でワーザーが回避したこともあってやや手薄な印象で、人気もディアドラが単勝2.0倍、サングレーザーが単勝2.6倍と日本勢が1、2番人気に支持された。

レースは、最内枠からスタートしたグロリアスフォーエバーと、その全兄で昨年の勝ち馬であるTime Warp(タイムワープ)による主導権争いに。前走のGIIジョッキークラブCでは2頭が激しくやりあった結果、揃って大敗を喫したが、この日は1コーナーでタイムワープが控えたため、グロリアスフォーエバーが単騎で逃げる形となった。縦長となった隊列の3番手につけたのはNorthern Superstar(ノーザンスーパースター)。日本勢では4番手につけたサングレーザーが最も前に位置していたが、それでも先頭からは8馬身ほど離れており、ディアドラはさらにそこから2馬身ほど離れた5番手、発馬で後手を踏んだステファノスは、さらにその後ろの7番手からの競馬となった。

逃げるグロリアスフォーエバーが作るペースは非常に遅かったものの、2番手以下の各馬も動くに動けず、レースは終盤へ。3コーナー過ぎからようやく後続が徐々に動き始め、前との差が詰めてきたが、依然としてグロリアスフォーエバーは2馬身のリードをキープしたまま。4コーナーでは鞍上のデソウサ騎手が後方を確認するほどで、手応え十分のまま4コーナーをカーブした。

直線に入ると、タイムワープがグロリアスフォーエバーの背後まで迫るが、1馬身の差が遠く、馬体を併せるところまでには至らない。一方、その後方ではサングレーザーとディアドラが、3番手のノーザンスーパースター追って脚を伸ばすものの、こちらもジワジワといった感じで、前との差がなかなか詰まらない。残り100mを切って、ようやく3番手に浮上したディアドラが前の2頭を急追したが、2着争いに加わるのが精一杯。結局、最後まで先頭を譲らなかったグロリアスフォーエバーが、そのままゴール板を駆け抜けた。

1馬身差の2着は、ゴール寸前でタイムワープをかわしたディアドラ。勝ち馬から1馬身1/4差の3着がタイムワープで、サングレーザーはそこから3/4馬身ほど遅れた4着に終わった。また、もう1頭の日本馬ステファノスは最下位の9着でレースを終えている。

勝ったグロリアスフォーエバーは、父Archipenko、母Here To Eternity(母の父Stormy Atlantic)という血統の4歳セン馬。2歳時にイギリスでデビューし、8戦2勝という成績を残して香港へ移籍している。移籍後は、3戦目の条件戦で香港での初勝利をマークすると、続く条件戦では兄タイムワープが作った芝2000mのコースレコードを更新するレコードタイム(当時)で優勝。今シーズン初戦の条件戦でも勝利して3連勝を飾った。しかし、初の重賞挑戦になった2走前のGIII沙沙レディースパースでは、約8キロの斤量差がありながらもタイムワープに惜敗。J.モレイラ騎手とのコンビで挑んだ前走のジョッキークラブCも、序盤のハイペースが影響して6着に敗れていた。通算成績は16戦6勝。

【展望】
香港Cは香港、シャティン競馬場で行われる芝2000mのGI戦。「香港国際競走」にて施行される4つのGI競走のうちの1つで、香港のシーズン上半期における中距離路線のチャンピオン決定戦にあたるが、国際GIであることから毎年、他国からの参戦も多く見られる。

香港国際競走の中でも最も長い歴史を持つ香港C は、1988年に第1回の競走が実施された。当時は芝1800mの香港招待Cとして1月に施行されていたが、現在のような国際招待競走ではなく、香港とシンガポール、マレーシアの3地域に所属する馬たちによって争われている。その後、1993年になって国際GIIIの格付けを得た香港招待Cは、名称を香港国際Cに変更する。そしてこの年、ナリタチカラが日本調教馬として初めて同レースに挑戦したものの、7着に敗れた。

しかし、その2年後の1995年、前年4着に敗れていたフジヤマケンザンが蛯名騎手とのコンビで優勝。ハクチカラ以来36年ぶりとなる日本調教馬による海外重賞制覇という快挙を成し遂げると、1998年にはミッドナイトベットが当時のコースレコードを更新するタイムで勝利している。なお、当時のグレードは国際GII(1994年に昇格)。そして1999年、ついに国際GIになったレースは名称が香港Cに変更され、距離も2000mに延長された。以降は、今日に至るまで大きな変更もなくレースが続けられており、日本調教馬ではアグネスデジタル、エイシンヒカリ、モーリスが勝利を収めているほか、種牡馬として日本に輸入されたファンタスティックライトとファルブラヴ、エリザベス女王杯を連覇したスノーフェアリーなど、日本に馴染みのある馬たちも歴代優勝馬として名を連ねる。

さて、ここからは出走予定馬の紹介に移りたい。今年は、5頭の地元勢に加えて日本から挑戦する3頭、そしてイギリスからの遠征馬1頭を含めた9頭によって争われるが、日本勢と香港勢による一騎打ちムードという公算が大きい。まずは、日本勢のライバルになる馬たちについて触れていきたい。

地元勢の大将格は、ディフェンディングチャンピオンのTime Warp(タイムワープ)。昨年の2着馬で、今年の宝塚記念でも2着に入ったワーザーが故障によって回避したため、この馬が地元ファンの期待を一身に背負うことになりそうだ。ただ、昨年の香港C以降のタイムワープは成績が安定しない。2月に行われた香港ゴールドCでは、シャティン競馬場の芝2000mで史上初めて2分を切るレコード(当時)をマークし、2度目のGI制覇を果たしたが、その後は2戦続けてシンガリ負け。4月のGIクイーンエリザベス2世Cでは、楽なペースで逃げていたにも関わらず直線入口で早々と脱落した。そして迎えた新シーズンも、ここまで3レースに出走しているが、勝利したのは辛うじて逃げ切ったGIII沙沙レディースパースのみで、シーズン初戦のGIIシャティンTと前走のGIIジョッキークラブCでは最下位に敗れている。ジョッキークラブCに関しては、序盤から競りかけられてペースが速くなったことが影響したと思うが、それでも負け過ぎという印象に変わりはない。能力の高さは実証済みだが、不安もつきまとう。

Seasons Bloom(シーズンズブルーム)は、1月に行われたマイルのGIスチュワーズCの勝ち馬。昨年の香港マイルでも1番人気に支持されたほどの馬だが、今年はマイルではなくカップに矛先を向けてきた。過去に2度出走した2000mの競走では3着と4着に敗れているが、香港ゴールドCではタイムワープとワーザーに次ぐ3着に入り、後にクイーンエリザベス2世Cを楽勝するパキスタンスターには先着している。こうしたことからも適性がないとは言い切れないが、今回はタイムワープだけでなく日本勢が相手に加わる。鞍上にR.ムーア騎手を起用してきたという点は不気味だが、真っ向勝負では分が悪いか。

南アフリカからの移籍馬であるNorthern Superstar(ノーザンスーパースター)は、これが移籍2戦目になる。南ア時代にはケープダービーなどGI戦2勝を挙げている実力馬だが、移籍初戦の前走、クラス1(日本のオープンに相当)の競走では6着に終わっている。一度使われたことで慣れが見込める上、調子そのものも上がっていそうだが、いきなり一線級が相手となると簡単な戦いにはならないだろう。

地元勢で残るのは、Gold Mount(ゴールドマウント)Glorious Forever(グロリアスフォーエバー)の2頭。前者は今春のクイーンエリザベス2世Cの2着馬で、その後の重賞でも掲示板を確保しているが、勝ち切るまでには至っていない。クイーンエリザベス2世Cのように、内をロスなく回る競馬で上位を目指したい。

対する後者は、前述したタイムワープの全弟という良血馬。7月の条件戦では兄がマークしたレコードを更新する当時のコースレコードで勝利しているほか、8キロ近い斤量差があった2走前の沙沙レディースパースではタイムワープをクビ差まで追い詰めたが、序盤から2頭で激しい主導権争いを繰り広げた前走のジョッキークラブCでは6着に沈んだ。今回も前でレースを進めることが予想されることから、最内枠を引いたこの馬の出方が展開を大きく左右しそうだが、このメンバー相手に勝ち負けとなると厳しいか。

イギリスからの遠征馬Stormy Antarctic(ストーミーアンタークティック)は、昨春のチャンピオンズマイル以来となる2度目の香港遠征。当時は7頭立ての5着という結果に終わったが、今年は重賞を7戦して5着以下がなく、初めて2000mのレースに挑んだドイツのGIバイエリシェスツフトレネンではドバイターフの勝ち馬ベンバトルの2着に入った。ベンバトルがその後、オーストラリアのGIコックスプレートで2着に入るなど、各国で活躍していることを考えると、ストーミーアンタークティックがここで好走しても不思議はないが、ヨーロッパに比べて時計の速い香港の馬場に対応できるかどうかは気になるところ。実際、昨年のチャンピオンズマイルでは1分35秒台の決着でも出番がなかっただけに、例年よりも速いタイムが出ているシャティンの馬場は、この馬にとって不安要素である。

最後に日本馬についてだが、3頭の中では天皇賞・秋で2着に入ったサングレーザーと重賞2連勝中のディアドラの評価が高く、2頭を1、2番人気とするブックメーカーも多い。実際、サングレーザーの120というレーティングは、タイムワープと並んでメンバー中トップ。最後の末脚に関しては、このメンバーでも最上位と言えるだろう。前走に引き続き、J.モレイラ騎手が騎乗できるという点も頼もしいが、唯一不安があるとすれば週末の香港に雨予報が出ていること。稍重の札幌記念を勝っているとはいえ、良馬場での瞬発力勝負を得意とする馬だけに、道悪によって切れ味が削がれる可能性がある。

一方のディアドラは、ドバイから帰国した後の2戦を上がり最速の末脚を使って優勝。今年に入ってさらに馬が成長しており、末脚に磨きがかかった印象だが、重馬場の秋華賞を勝っているように道悪を苦にしない。洋芝で好成績を残すハービンジャーの産駒ということで、日本よりも時計を要する香港の馬場も合いそうだ。2010年のスノーフェアリーを最後に牝馬の勝ち馬は誕生していないが、チャンスは十分にある。

ステファノスは過去にクイーンエリザベス2世Cで2着、香港Cで3着など、当地のGIで好成績を残してきた。香港Cにはこれで4年連続の出走、香港遠征自体も今回が5回目になることから、遠征に対する不安はなさそうだが、7歳を迎えた今年は成績が冴えない。さすがに衰えを隠せない状況ということを考えると、大きな期待は懸けづらい。

※記載している出走予定馬については12月7日(午後0時)時点でのものであり、今後、出走取消等により出走しない場合もありますので予めご了承ください。

戻る

海外競馬TOP

PAGE TOP