豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

海外競馬

ピックアップレース情報提供 World RaceNews.com【WRN】

2018年11月03日(土)

BCクラシック(GI)ダ10F

  • 【レース格】★★★★★
  • 【総賞金】600万ドル
  • 【開催競馬場】チャーチルダウンズ
  • 【勝馬】アクセラレイト
  • 【騎手】J.ロザリオ
  • 【トレーナー】J.サドラー
見解

【結果詳報】
現地時間3日、アメリカのチャーチルダウンズ競馬場で行われたダート10FのGI・BCクラシックは、1番人気に推されたJ.ロザリオ騎手騎乗のアクセラレイト(Accelerate)が直線入口で先頭に立つと、そのまま後続の追い込みを封じて優勝。秋の大一番で自身5度目となるG1制覇を果たした。

既に現役を引退した3冠馬ジャスティファイこそ不在だったものの、今年のダート中距離路線を賑わせたトップホースが一堂に会した今年のBCクラシック。人気は、今年ここまで4つのGIを制しているアクセラレイトが単勝3.7倍の1番人気に支持されたが、2番人気以下もそれほど差はなく、2頭の3歳勢マッキンジー(McKinzie)とカトリックボーイ(Catholic Boy)が2、3番人気で続いた。

レースは、14頭が横一線のスタートを切り、その中から押していったメンデルスゾーン(Mendelssohn)がハナへ。内ではマッキンジーやサンダースノー(Thunder Snow)、ウエストコースト(West Coast)なども先団につけ、大外枠からのスタートだったアクセラレイトや初のダート戦出走となったロアリングライオン(Roaring Lion)などがこれに続く。一方、日本産馬初となるBCクラシック制覇の期待が懸かったヨシダ(Yoshida)は、後方3番手から。前走でそのヨシダの後塵を拝したガンナヴェラ(Gunnevera)やカトリックボーイが、その3馬身前のポジションを取り、1コーナーに入った。メンデルスゾーンは、1馬身ほどのリードを保ったまま向こう正面へ。2番手以下の各馬のポジションもほとんど変わりなく、やや速い流れでレース進む。その後、3コーナーに差しかかったところで外からアクセラレイトが上がっていき、前はメンデルスゾーン、マッキンジー、ウエストコースト、アクセラレイトの4頭が横一線となるが、メンデルスゾーンが再びリードを広げると、マッキンジーとウエストコーストが置かれはじめ、先団はメンデルスゾーン、アクセラレイト、サンダースノーの3頭に。その後方では、アクセルロッド(Axelrod)などが粘っていたが、後方からポジションを上げてきたヨシダやガンナヴェラが、これを飲み込もうとしていた。

そして最後の直線、逃げるメンデルスゾーンを捉えてアクセラレイトが先頭へ。内では懸命の右ムチに応えてサンダースノーが前を追うが、その差はなかなか詰まらない。さらに、後方からは馬群を縫うように伸びてきたガンナヴェラと大外に進路をとったヨシダが追い込むものの、いずれもアクセラレイトをかわすほどの勢いはなく、2着争いまで。結局、最後はアクセラレイト自身が苦しくなる場面がありながらもリードを守りぬき、1番人気に応えてみせた。

1馬身差の2着は追い込んだガンナヴェラ。そこから3/4馬身遅れた3着にはサンダースノーが入り、ヨシダはハナ差及ばず4着に敗れた。また、上位人気馬はマッキンジーが12着、カトリックボーイが13着、ウエストコーストが7着と揃って惨敗を喫している。

勝ったアクセラレイトは、父Lookin At Lucky、母Issues(母の父Awesome Again)という血統の5歳牡馬。昨年7月のGII・サンディエゴHで当時ダート最強を誇ったアロゲートを破って注目を集めた馬だが、本格化したのは今年に入ってから。今季2戦目のサンタアニタHで初GI制覇を果たすと、続くGII・オークローンHでは2着に敗れたものの、ゴールドCアットサンタアニタ、パシフィッククラシック、オーサムアゲインSとGI戦3連勝を飾り、ここに臨んでいた。通算成績は22戦10勝。

【展望】
現地時間11月2日と3日の2日間、アメリカのチャーチルダウンズ競馬場ではブリーダーズC各競走が行われる2日間で13のG1レースが行われるこの“アメリカ競馬の祭典”の中から、ここでは締め括りとなるメインレース、ダート10FのGI・BCクラシックの展望をお届けする。

1984年に始まったブリーダーズCの中でも特に注目度が高く、ドバイワールドCと並ぶダート最強馬決定戦として知られるこのレース。ドバイへの長距離輸送を嫌う陣営がいることやヨーロッパから芝のトップホースが参戦するケースがあることを考えると、レースのレベルはドバイワールドC以上と言えるかもしれない。

開催地は、ブリーダーズCが北米の競馬場間での持ち回り制を採用していることからその年によって異なり、一部のレースは、競馬場のコース形態等によって施行距離を変えることがあるものの、このBCクラシックに関しては第1回から一貫して10Fで争われている。ちなみに、2008年と2009年については、舞台となったサンタアニタパーク競馬場が当時、オールウェザーコースを採用(現在はダートに再変更)していたため、このレースもオールウェザーの10F戦として施行された。

日本調教馬では1996年のタイキブリザードを筆頭に、これまで4頭(5回)が挑戦してきたものの、いずれも大きな壁の前に敗れており、最高着順は前述のタイキブリザード(1997年)とパーソナルラッシュ(2004年)が記録した6着となっている。一方で、歴代優勝馬にはアリシーバやサンデーサイレンス、エーピーインディ、シガー、ティズナウ、ゼニヤッタといった偉大な名馬が名を連ねており、近年では3冠馬アメリカンファラオやアロゲート、ガンランナーなどが、その仲間入りを果たした。また、ヨーロッパ勢も過去に2度、1993年のアルカングと2008年のレイヴンズパスがそれぞれ勝利している。

次に競馬場についてだが、舞台となるのはケンタッキーダービーの開催地としても知られるケンタッキー州のチャーチルダウンズ競馬場。競馬場が開場したのは第1回のケンタッキーダービーが行われた1875年5月17日で、同競馬場でブリーダーズCが開催されるのは2011年以来9度目となる。コースは1周1600mのダートコースと1周約1400mの芝コースから構成されており、ダートコースの直線の長さは約380m。ダート10F戦のスタート地点は、直線の入口付近に設けられる。フルゲート20頭のケンタッキーダービーでは外枠不利の傾向が強いが、このレースに関してはフルゲートが14頭となるため、そこまで大きく影響することはないだろう。

さて、ここからは出走予定馬の紹介に移りたい。今年は、ヨーロッパから遠征してきた3頭を含む14頭によってレースが行われるが、その顔ぶれは多士済々。近年稀に見る好メンバーと言っても過言ではなく、好レースが期待される。

そういった中で今回、1番人気でレースを迎えることになりそうなのがアクセラレイト(Accelerate)である。今年6戦5勝、2着1回とほとんど完璧な成績を残している同馬。4月に行われたGII・オークローンHではクビ差の2着に敗れたが、レース史上最大の着差となる12馬身半差で圧勝した8月のパシフィッククラシック(デルマー、GI、ダ10F)や前走のオーサムアゲインS(サンタアニタパーク、GI、ダ9F)など、GIでは4戦全てで勝利を収めている。それだけに、ここでも当然のように有力候補の1頭として名前が挙がっているが、気になるのは今回のレースが長距離輸送を伴うこと。これまで、調教拠点がある西海岸のサンタアニタパークやデルマーといった競馬場では強さを見せているものの、長距離輸送の経験はキャリアを通じても一度だけ。しかも、今年唯一の敗戦となったオークローンHに出走した際のことである。もちろん、当時はGIホースである勝ち馬シティオブライトに対して3ポンド(約1.5キロ)重い斤量を背負っていたことも影響していたと思うが、西海岸に戻った次走のGI・ゴールドカップアットサンタアニタ(サンタアニタパーク、ダ10F)では、同じ相手に対して4ポンド(約2キロ)重い斤量を背負いながら、5馬身半差をつけて勝利している。こうした一連の結果を踏まえると、遠征競馬では本来の力を発揮できないとも考えられるだけに、案外な結果に終わっても驚きはない。大外枠スタートというのも、先手を取りたいこの馬にとってはマイナスか。

一方、オーサムアゲインSでアクセラレイトに敗れたウエストコースト(West Coast)は、本番での逆転を目指す。同馬は、今春のGI・ドバイワールドCで2着に敗れて以降、長らく休養に入っていたが、前走で約半年ぶりとなる実戦復帰を果たすと、2馬身1/4差の2着に健闘。「8分のデキ」と語っていたボブ・バファート調教師の言葉からも、今回はかなりの上積みが見込めそうである。3着に敗れた昨年のこのレース以降、ビッグレースでは惜しい結果が続いているが、力は間違いなくトップクラス。必要なのは1着という結果だけだろう。

また、同じバファート厩舎の3歳馬マッキンジー(McKinzie)も有力候補の1頭。怪我のため米3冠を棒に振ったものの、それまでは2歳のGI・ロスアラミトスフューチュリティ(ロスアラミトス、ダ8.5F)を含む重賞2勝、3月のGII・サンフェリペSでは2着降着になったが1位入線を果たしており、実質無敗をキープしていた。そのため、僚馬で今年の米3冠を無敗で制したジャスティファイが現れるまでは、ケンタッキーダービーの最有力候補として見られていたが、同レース後に故障が判明し、戦線を離脱。前走のペンシルヴェニアダービー(パークスレーシング、GI、ダ9F)は、およそ半年ぶりのレースでいきなりのGIだったが、難なく勝利して復活をアピールしている。前述したジャスティファイに加えて、昨年の2歳王者グッドマジックも現役を退くなど、同世代のトップホースは古馬との対決を前に引退してしまったが、世代の代表としてこの大舞台で力を証明したい。

同じ3歳世代のカトリックボーイ(Catholic Boy)は、“真夏のダービー”と称されるGI・トラヴァーズS(サラトガ、ダ10F)の勝ち馬。ダートでは昨年末にGII・レムゼンS(アケダクト、ダ9F)を勝っていたが、今年3月のGI・フロリダダービーで4着に敗れた後は芝を走っており、トラヴァーズSの直前にはGI・ベルモントダービー招待S(ベルモントパーク、芝10F)を制している。それだけに、再びダート路線に戻ってきたことだけでも驚きだったが、4馬身差で快勝したことで、その驚きはさらに大きなものになった。今回はそれ以来の実戦。真価が問われる戦いになりそうだ。

そして、日本のファンにとっては、最も楽しみな存在となるであろうヨシダ(Yoshida)も上位争いが期待される。日本生まれのハーツクライ産駒である同馬は今年、ケンタッキーダービー当日に行われたGI・ターフクラシックS(チャーチルダウンズ、芝9F)を勝ち、待望のGIタイトルを獲得。その後、イギリスに渡って出走したGI・クイーンアンS、帰国初戦のGI・フォースターデイヴHでは5着に敗れたが、初のダート戦だった前走のGI・ウッドワードS(サラトガ、ダ9F)で鮮やかな差し切り勝ちを収め、日本産馬初の海外ダートGI制覇という快挙を成し遂げた。今回、2度目のダート戦にして世界最高峰の一戦に挑むことになるが、砂を被っても全く怯むことがなかった前回の走りを見ると、期待は膨らむばかり。距離は僅かに長い気もするが、再び世界を驚かせてほしいところである。

さらに、来春から日本で種牡馬入りする予定のマインドユアビスケッツ(Mind Your Biscuits)も注目の1頭だ。3月のGI・ドバイゴールデンシャヒーン(メイダン、ダ1200m)で同レース連覇を成し遂げるなど、それまではスプリント路線で活躍していた同馬。だが、ドバイ後に社台ファームの吉田照哉氏が所有権を購買してからは活躍の場をマイル戦や中距離戦に移しており、チャーチルダウンズ競馬場で行われた前走のGIII・ルーカスクラシックSでは、ついに9Fを克服して勝利を挙げた。今回はさらに1F距離が延びるだけでなく、相手も強化されるため、一筋縄にはいかないが、大崩れしない馬だけに見せ場は作るかもしれない。

そのほか、地元アメリカ勢では、ハイペースのGI・ジョッキークラブゴールドC(ベルモントパーク、ダ10F)を差し切って波乱の主役になったディスクリートラヴァー(Discreet Lover)、5月のGI・スティーブンフォスターH(チャーチルダウンズ、ダ9F)の勝ち馬でパシフィッククラシック2着のパブル(Pavel)、ウッドワードS2着のガンナヴェラ(Gunnevera)などGI級の馬たちが揃う。こうした馬たちも、展開ひとつで割って入る可能性があるだろう。

それから、ヨーロッパからやってくる3頭も侮れない。特に、ジョッキークラブゴールドCでクビ差の2着だったサンダースノー(Thunder Snow)とハイペースを演出しながらも3着に粘ったメンデルスゾーン(Mendelssohn)に関しては、既に北米のダートへの適性を証明済み。ともに砂を被ることに対して不安があるため、位置取りが大切になってくるが、気分良く運べれば上位争いに加わってくるかもしれない。

もう1頭のロアリングライオン(Roaring Lion)は、オールウェザーでのレース経験こそあるものの、ダート戦は今回が初めて。過去の例を見ると、芝のトップホースはキックバックに苦しむことがあるだけに、不安は否めない。ロアリングライオン自身、内の2番枠に決まったことも好材料とは言い難いだろう。前走のクイーンエリザベス2世S(アスコット、GI、芝8F)までGIを4連勝中ではあるが、やはりここでは分が悪そうだ。

※記載している出走予定馬については11月2日(午後1時)時点でのものであり、今後、出走取消等により出走しない場合もありますので予めご了承ください。

戻る

海外競馬TOP

PAGE TOP