豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム

広告

海外競馬

ピックアップレース情報提供 World RaceNews.com【WRN】

2018年03月31日(土)

ドバイシーマクラシック(GI)芝2410m

  • 【レース格】★★★★
  • 【総賞金】600万ドル
  • 【開催競馬場】メイダン
  • 【勝馬】ホークビル
  • 【騎手】W.ビュイック
  • 【トレーナー】C.アップルビー
見解

【結果詳報】
現地時間3月31日、UAEドバイのメイダン競馬場で行われたドバイワールドCデー。メインのドバイワールドCの1レース前に行われた芝2410mのGI戦ドバイシーマクラシックは、前哨戦のGII戦ドバイシティオブゴールドの勝ち馬で、ウィリアム・ビュイック騎手が騎乗した5番人気のホークビル(Hawkbill)がまんまと逃げ切って優勝した。

日本からレイデオロ、サトノクラウン、モズカッチャンというGI馬3頭が出走した今年のドバイシーマクラシック。対する海外勢は、昨年の凱旋門賞2着馬クロスオブスターズ(Cloth of Stars)を筆頭に、英チャンピオンSと愛チャンピオンSで2着に入ったポエッツワード(Poet’s Word)、3歳時にイギリスのエクリプスSを勝利しているホークビル、昨秋のジャパンC以来となるアイダホ(Idaho)などが顔を揃えた。国内の馬券発売での人気はクロスオブスターズが単勝2.6倍で1番人気。レイデオロが単勝3.0倍の2番人気となり、以下サトノクラウン、モズカッチャンが3、4番人気で続いた。

レースは、枠入りの際にゲート内でホークビルが立ち上がるハプニング。隣の枠に収まっていたサトノクラウンはこの煽りを受けてしまい、2頭はそれぞれゲート入りをやり直した。その後、各馬は大きな出遅れもなくスタート。積極的にハナを主張する馬はおらず、ホークビル、クロスオブスターズ、ポエッツワード、アイダホらが先団を形成したが、ホークビルが1コーナーで先頭に立って逃げる形に。スローペースでレースが進む中、日本の3頭はいずれも中団より後方に控え、前の有力馬の動向を伺った。向こう正面に入ってもペースは上がらず、2番手の内ラチ沿いを走っていたクロスオブスターズや日本勢の中で最も前にいたレイデオロが首を上げる仕草を見せる。しかし、3コーナーに入るとようやくペースが上がり始め、各馬が徐々に進出を開始。逃げるホークビルをポエッツワードとクロスオブスターズが追う形で4コーナーをカーブした。

直線では粘るホークビルを追って、ポエッツワードとクロスオブスターズが激しい叩き合いを展開。その後方では内に進路をとったレイデオロとモズカッチャンが前に迫ろうと懸命に脚を伸ばしたが、ペースが遅かったこともあって、その差はほとんど縮まらず。結局、ホークビルが一度も並びかけられることなく、2着に3馬身差をつけ逃げ切った。2着はクロスオブスターズとの追い比べを制したポエッツワード。日本勢はレイデオロの4着が最高で、残る2頭はモズカッチャンが6着、サトノクラウンが7着に終わっている。

勝ったホークビルは、父Kitten’s Joy、母Trensa(母の父Giant’s Causeway)という血統の5歳牡馬。同馬は、3歳時に6連勝を飾りGI戦エクリプスSを制したものの、その後のGI戦では苦戦が続いており、昨秋はやや相手関係の手薄なドイツやカナダのGI戦へ。しかし、ここでも2着に敗れると早々とシーズンを終了して休養入り。そして今シーズン、3月10日に行われたGII戦ドバイシティオブゴールドで始動すると、このレースをコースレコードで勝利し、本番へ駒を進めていた。通算成績は20戦10勝。

【展望】
現地時間3月31日、UAEドバイのメイダン競馬場でドバイワールドCデーが開催される。ここでは、芝2410mのGI戦ドバイシーマクラシックの展望をお届けする。

日本だけでなく、ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなどでも競走馬を生産・所有しているゴドルフィンを率いるモハメド殿下によって、ドバイワールドCが創設されたのが1996年。しかし、当時の舞台はナドアルシバ競馬場で、GI戦もドバイワールドCの1鞍だけだった。

そんな中、1998年にドバイシーマクラシックの前身であるドバイターフクラシックが創設され、2001年にGII戦、2002年にGI戦へ昇格する。同じ2002年にはドバイデューティーフリー(現ドバイターフ)、ドバイゴールデンシャヒーンもGI戦に昇格し、4つのGI戦が同日に行われることになった。その後、2010年に舞台がメイダン競馬場に移動すると、ドバイシーマクラシックの施行距離は2410mに変更され、現在に至っている。

過去、日本調教馬はこのレースに延べ17頭が挑戦しており、ステイゴールド(2001年)、ハーツクライ(2006年)、ジェンティルドンナ(2014年)の3頭が優勝。そのほかにもブエナビスタ(2010年)、ジェンティルドンナ(2013年)、ドゥラメンテ(2016年)が世界の強敵相手に2着に入る活躍を見せた。

また、海外勢の優勝馬にはジャパンCにも出走し、引退後は日本でも種牡馬入りしたファンタスティックライトや香港調教馬として初めてドバイのGI戦を制したヴェンジェンスオブレイン、9歳まで現役生活を送ったフランスの古豪シリュスデゼーグルなどが名を連ねる。

次に、舞台になる競馬場についてだが、競馬場自体の紹介はドバイワールドCの展望をご覧になっていただきたい。ここでは芝2410mのコースについてのみ紹介する。芝2410mのスタート地点はゴール板の手前にゲートが設けられ、各馬はそこからコースを1周する。1コーナーまでは200mほどしかないが、コース幅が広く、コーナーもゆったりとしているため、枠による有利不利はほとんどないと考えていいだろう。

さて、ここからは出走予定馬について触れていきたい。今年は、日本から挑戦するレイデオロ、サトノクラウン、モズカッチャンを含めた10頭がドバイシーマクラシックに出走する。日本の3頭はいずれもGI勝ちの実績を持つ実力馬だけに、上位独占があっても不思議ではないが、その前に立ちはだかるのがゴドルフィンの馬たちだ。

今年、ゴドルフィンの所有馬は3頭出走するが、その大将格はフランスのクロスオブスターズ(Cloth of Stars)。重賞3連勝で昨春のGI戦ガネー賞(サンクルー、芝2000m)を制した同馬は、秋の凱旋門賞でも2着に入り、2017年のロンジンワールドベストレースホースランキングでは日本調教馬でトップの評価を得たキタサンブラック(124ポンド)を上回る125ポンドを獲得した。シャンティイ競馬場のポリトラックコースで行われた前走の一般戦ではドバイワールドCに出走するタリスマニックの2着に敗れたが、これは完全に叩き台。多くのヨーロッパ勢がぶっつけであるのに対し、1回使って臨んでくることからも、このレースに懸ける強い意気込みが感じられる。キャリア14戦中、4着以下に敗れたのが1度だけという安定感の持ち主だけに、今回も大崩れの可能性は低そうだが、唯一4着以下に敗れたレースが3歳時の英ダービー(8着)だったことを考えると、遠征競馬に対しての不安は少なからずある。

ゴドルフィン勢の2番手ホークビル(Hawkbill)は、今回と同じ条件で行われた前哨戦のGII戦ドバイシティオブゴールド(メイダン、芝2410m)の勝ち馬。3歳時にはイギリスのGI戦エクリプスS(サンダウン、芝9F209yd)を制している実績馬だが、その後は重賞での勝ち星はあるものの、GI戦では苦戦が続いており、昨年終盤に出走したドイツやカナダのGI戦でも2着に敗れている。相手関係が手薄なこれらのGI戦でも勝ち切れないところを見ると、クロスオブスターズや日本勢相手では分が悪そうだが、早くからドバイ入りしている分、地の利がある。前述のドバイシティオブゴールドをコースレコードで勝利しているように、馬場への適性も高そうであることから、上位争いに割って入る可能性もあるだろう。

残る1頭ベストソリューション(Best Solution)は、2走前に行われたハンデ戦を5馬身差で快勝しているが、前走のドバイシティオブゴールドは9着に惨敗。競走を中止した馬のあおりを受けた場面もあったが、負けすぎという印象は拭えない。相手がさらに強化される今回は、クロスオブスターズやホークビルのペースメーカーを務めることが予想される。

そのほかの馬では、昨年の愛チャンピオンSと英チャンピオンSで2着に入っているイギリスのポエッツワード(Poet’s Word)の追い込みに警戒が必要か。前走の香港Cでは不利な大外枠とスローペースに泣いて6着に終わったが、昨年9月の愛チャンピオンSで見せた末脚は破壊力十分。近走は2000m級のレースに出走していたが、昨年8月に12FのGIII戦グロリアスS(グッドウッド)を勝っているだけに、この距離でも問題ないだろう。初騎乗となるランフランコ・デットーリ騎手とのコンビも魅力的である。

そして、このポエッツワード同じくGI戦での好走歴があるのが、昨秋のジャパンCにも出走していたアイルランドのアイダホ(Idaho)とイギリスのデザートエンカウンター(Desert Encounter)の2頭である。前者は愛ダービー2着や英ダービー3着など、世代トップクラスの活躍を見せた3歳時に比べると、4歳になった昨年の成績は物足りないが、日本の速い馬場に対応したところを見ると時計勝負になっても問題はないはず。ただ、全兄のハイランドリールが、シーズン初戦に選んだ一昨年と昨年のこのレースで4着、7着に敗れたように、休み明けという点は不安。案外な結果に終わることも考えられる。

一方、後者は初のGI挑戦になった昨年のエクリプスSで3着に好走したが、その後のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSと英チャンピオンSでは上位争いに加わることができず、それぞれ6着、5着に敗れている。GI戦で上位争いを演じるにはまだ力不足といった感じで、今回も苦戦を強いられそうだ。もう1頭のイギリス調教馬カリーディ(Khalidi)も同様だろう。

そして、最後に日本の3頭。前述したようにいずれもGI勝ちのある実績馬で、近年のドバイシーマクラシックにおける日本調教馬の成績から見ても十分の勝機はありそうだが、特にレイデオロサトノクラウンに大きな期待が懸かる。

レイデオロは前走の京都記念で3着に敗戦。まさかの結果に終わってしまったが、休み明けや急な乗り替わりなど敗因はハッキリとしている。1回使われたことで状態も上がってくるだろうし、何より主戦のクリストフ・ルメール騎手に戻る点は心強い。依然としてスタートに不安はあるが、直線の長いメイダンであれば挽回できるだろうし、少頭数という点もプラスに働くはずである。これまで連を外していない左回りで好レースを期待したい。

サトノクラウンは、昨秋の天皇賞・秋で2着になったものの、その後のジャパンCと有馬記念では期待を裏切った。GI戦2勝の実績を考えると不満の残るレースだったが、もともと間隔を詰めて使ったときの成績が良くない馬だけに、この結果も仕方のないものだったのかもしれない。その点、今回は有馬記念以来のレースということで、十分に間隔を取れており、走れる態勢にあると考えて良さそうだ。2016年の香港ヴァーズでハイランドリールを差し切ったように、力を発揮できれば世界でも通用する馬なのだから、2度目の海外GI制覇も夢ではない。モズカッチャンも含めて、日本調教馬が上位を独占する可能性もある。

※記載している出走予定馬については3月30日(午後3時)時点でのものであり、今後、出走取消等により出走しない場合もありますので予めご了承ください。

戻る

海外競馬TOP

PAGE TOP