UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

海外競馬

ピックアップレース情報提供 World RaceNews.com【WRN】

2017年12月10日(日)

香港スプリント(GI)芝1200m

  • 【レース格】★★★★
  • 【総賞金】1850万香港ドル
  • 【開催競馬場】シャティン
  • 【勝馬】ミスタースタニング
  • 【騎手】N.ローウィラー
  • 【トレーナー】J.サイズ
見解

【結果詳報】
12月10日に香港のシャティン競馬場で行われた香港国際競走。その2レース目、芝1200mのGI・香港スプリントは、1番人気に支持された地元・香港のミスタースタニング(Mr Stunning)が直線で抜け出すと、追い込んできたD B Pin(ディービーピン)を退けて初のGIタイトルを手にした。鞍上はナッシュ・ローウィラー騎手。

日本から参戦したレッツゴードンキやワンスインナムーンなど、5頭の遠征馬が出走した今年の香港スプリント。国内でも昨年に続いて馬券が発売され、前哨戦のジョッキークラブスプリントを制すなど重賞連勝中だったミスタースタニングが人気を集めた。そして、これに続いたのが昨年の2着馬ラッキーバブルズ(Lucky Bubbles)で、日本勢はレッツゴードンキが3番人気、ワンスインナムーンが5番人気という人気になった。

レースは、スタートでレッツゴードンキが半馬身ほど出遅れ、最後方からの競馬に。一方、2番枠からゲートを出たワンスインナムーンはまずまずのスタートを切り、そのままハナへ。外から2年前の勝ち馬ペニアフォビア(Peniaphobia)が押して主導権を奪おうとするが、二の脚で勝ったワンスインナムーンがすんなり先頭に立って3コーナーを目指す。2馬身ほど離れた3番手はミスタースタニング。直後にノットリスニントゥーミー(Not listenin’tome)が続き、ラッキーバブルズはそこからさらに1馬身半ほど開いた5番手グループの内ラチ沿いを進んだ。

3コーナーに入り、おおよそ隊列が決まりかけたように見えたが、この辺りでペニアフォビアがワンスインナムーンを交わして強引に先頭へ。ワンスインナムーンは無理することなく2番手に控えたが、やや苦しい流れになり、4コーナーで後続に並びかけられる。

最後の直線に入ると、逃げるペニアフォビアを追って各馬が一斉にスパート。残り300m付近で早くもミスタースタニングが先頭に立つと、これを目掛けてディービーピン、ブリザード(Blizzard)、ラッキーバブルズが迫る。中でも、最も伸び脚が目立ったのが大外を追い込んだディービーピンで、残り100m付近からは先に抜け出したミスタースタニングとの一騎打ちに。懸命に粘るミスタースタニングと一完歩ごとに追い詰めるディービーピン。2頭は馬体を併せるところまできたが、最後はクビ差凌ぎ切ったミスタースタニングに軍配が上がった。

2着から1馬身3/4差の3着は内を巧く立ち回ったブリザード。ラッキーバブルズは最後に追い込んできたが、前回に続いて内枠が仇となって4着に敗れた。また、日本勢では4角最後方から追い込んだレッツゴードンキが、海外勢では最先着となる6着でゴール。ワンスインナムーンは12着に終わった。

勝ったミスタースタニングは、父Exceed And Excel、母With Fervour(母の父Dayjur)という血統の5歳セン馬。2015/2016シーズンに香港でデビューを果たして以降、順調に勝利を積み重ね、今年4月のGII戦スプリントCで初重賞勝ちを収めたが、1番人気に推された続くGI戦チェアマンズスプリントプライズではラッキーバブルズにクビ差及ばず2着に敗れた。しかし、今シーズンに入ってからは2戦目のプレミアボウルと前走のジョッキークラブスプリントを連勝。2つのGII戦でライバルを破り、堂々の本命としてここに臨んでいた。通算成績は16戦10勝。

香港短距離界の新たなチャンピオンになったミスタースタニングだが、今後は香港のみならず、日本やドバイなど海外のレースへの参戦も選択肢に入ってくることが予想される。現時点で陣営から具体的な目標は発表されていないが、この先の動向が非常に楽しみである。

【展望】
10日に香港のシャティン競馬場で行われる香港国際競走。ここでは、2レース目に行われる芝1200mのGI香港スプリントの展望をお届けする。

4レースある香港国際競走の中で最も歴史が浅いこのレース。1999年に直線1000mの国際準重賞として創設され、翌年には国際GIII戦の格付けを得ている。その後、2002年に国際GII戦、2003年に国際GI戦へ格上げされ、他の3レースとともに国際競走としての地位を確立していった。2006年には距離が現在の1200mに延長され、同時にシリーズ最終戦としてグローバルスプリントチャレンジに組み込まれることになる。以降は、総賞金の増額が何度かあったものの、レースの条件そのものが変更されたことはない。

9月から新シーズンがスタートする香港競馬においては、この香港国際競走が前半戦最大の山場ということになるが、世界的に見るとこの香港国際競走が1年を締め括る最後の大イベントにあたる。こうしたことから、秋に平地のビッグレースが終了する欧州勢は、高額賞金の国際GI戦が集中開催されるアメリカのブリーダーズC諸競走や、この香港国際競走を年内最後のターゲットにするケースが多く、このレースにもヨーロッパのスプリント路線で活躍した馬が参戦している。

一方、日本調教馬にとっては、同じ時期に1400mのGII阪神Cがあるものの、このレースもひとつの選択肢になっており、同年のスプリンターズSで上位争いを演じた馬たちなど、これまで延べ25頭が挑戦している。しかしながら、2012年と2013年に連覇を達成したロードカナロア以外は層の厚い香港勢の前に敗れている。

歴代優勝馬は前述のロードカナロアのほかに、日本でもGI戦を勝ったフェアリーキングプローン、サイレントウィットネス、エアロヴェロシティといった香港勢や、南アフリカ調教馬として初めてこのレースを制したジェイジェイザジェットプレーンなど。連覇を成し遂げた馬は過去に3頭(ファルヴェロン、サイレントウィットネス、ロードカナロア)いるが、距離が1200mに変わってからはロードカナロアただ1頭だけである。

次に、舞台となるシャティン競馬場についてだが、ここでは芝1200mのコース形態についてのみ紹介する。競馬場の歴史など、そのほかの情報については同日に行われる香港Cの展望でご確認いただきたい。芝1200mのコースは、坂の有無や直線の長さなどに多少の違いはあるが、京都の芝1200mに近いコースで、スタート地点は向こう正面の中ほどに設けられる。京都の芝1200mがそうであるように、シャティン競馬場の芝1200mも外枠が不利と言われており、このレースにおいて過去10年でフタ桁枠番から勝利したのは、逃げたペニアフォビア(14番)とロードカナロア(12番)だけである。枠順はレースの行方を大きく左右すると考えて良いだろう。

さて、ここからは出走予定馬の中から注目馬を紹介していきたい。今年の香港スプリントには日本から挑戦するレッツゴードンキ、ワンスインナムーンのほかに、フランスから2頭、アメリカから1頭が参戦し、13頭によって争われる。日本の2頭も含めて海外勢は実力馬が多いが、やはり中心はこの路線で強さを見せる地元の香港勢か。

その香港勢の中でも上位と見られているのがミスタースタニング(Mr Stunning)とラッキーバブルス(Lucky Bubbles)だ。前者はここまでGI戦での優勝がないものの、GII戦を3勝。5月に行われたGI戦チェアマンズスプリントプライズでも2着に入っている。今シーズンは、初戦だったナショナルデーCこそ6着に敗れたものの、その後のGII戦プレミアボウル(シャティン、芝1200m)、GII戦ジョッキークラブスプリント(シャティン、芝1200m)を連勝して本番に臨む。陣営としても1番人気に応えられなかったチェアマンズスプリントプライズの借りを返したいところだろう。

一方のラッキーバブルスは、昨年のこのレースでエアロヴェロシティに僅かに及ばず2着。春のチェマンズスプリントプライズに続き、目前でタイトルを逃したが、今年5月のチェマンズスプリントプライズ(シャティン、GI、芝1200m)ではミスタースタニングをクビ差抑えて念願のGIタイトルを獲得した。迎えた今シーズンはここまで2戦して未勝利。前走のジョッキークラブスプリントでは9着に惨敗したが、これは度重なる不利があってのものであって度外視して良さそう。テン乗りで初GI制覇に導いたヒュー・ボウマン騎手とのコンビ再結成も魅力だ。

そして、この2頭を追うのが前哨戦のジョッキークラブスプリントで2着に入ったアメージングキッズ(Amazing Kids)。昨年のこのレースの4着馬で、以降はドバイのGI戦アルクォーツスプリントやチェマンズスプリントプライズでともに6着に敗れるなど、勝利はないが、今シーズンは2走目のプレミアボウルで3着、前述のジョッキークラブスプリントで2着と好走が続いている。上記2頭との比較ではやや分が悪いが、上位候補の1頭であることに違いはない。

また、近走成績は良くないが、このレースで3年連続3着以内に入っている古豪ペニアフォビア(Peniaphobia)も軽視できない。2015年に不利とされる大外枠から逃げ切り勝ちを収めている同馬は昨年、ゴール寸前まで粘ってエアロヴェロシティに短首、3/4馬身差の3着に踏ん張った。昨年も今年と同様に臨戦過程は決して良くなかっただけに、気楽な立場で臨めるはずで、スムーズに主導権を握れるようであれば不気味か。

このほか、6月のGIII戦プレミアC(シャティン、芝1400m)の勝ち馬で、ジョッキークラブスプリントではラッキーバブルス、ミスタースタニングに次いで3番人気(5着)に支持されていたジョアン・モレイラ騎手騎乗のザウィザードオブオズ(Thewizardofoz)や、今シーズン2度重賞で3着に入ったディービーピン(D B Pin)、JRAのスプリンターズSで5着に入ったブリザード(Blizzard)も圏内だろう。

対する海外勢では、昨年5着に入っているフランスのサインズオブブレッシング(Signs Of Blessing)が有力だが、12着に終わった前走のGI戦アベイユドロンシャン賞が負け過ぎか。今年も2走前のGII戦モートリー賞など重賞を2勝していることから、衰えたわけではなさそうだが、GI戦を制した昨年ほどの勢いはないかもしれない。

同じフランスのザライトマン(The Right Man)は、今年3月にドバイで行われたアルクオーツスプリント(メイダン、GI、芝1200m)の優勝馬。GIを制したように高いスピード能力を持っていることは確かだが、コーナーのあるコース経験がほとんどない点が気になる。アメリカから参戦するストーミーリベラル(Stormy Liberal)も前走でBCターフスプリントを制しているが、右回りは今回が初めて。2頭とも慣れないコースに戸惑う可能性がある。

最後に日本から参戦する2頭について。過去の結果から見ても、この香港スプリントは香港国際競走4レースの中で日本勢にとって最もハードルの高いレースになっている。こうしたことを考えると、国内でも抜けた存在ではないレッツゴードンキワンスインナムーンにとっては厳しいレースになるかもしれないが、いずれも悪くない枠を引いただけに一発を狙ってほしい。

※記載している出走予定馬については12月8日(午後1時)時点でのものであり、今後、出走取消等により出走しない場合もありますので予めご了承ください。

戻る

海外競馬TOP

PAGE TOP