豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム

広告

海外競馬

ピックアップレース情報提供 World RaceNews.com【WRN】

2017年12月10日(日)

香港C(GI)芝2000m

  • 【レース格】★★★★
  • 【総賞金】2500万香港ドル
  • 【開催競馬場】シャティン
  • 【勝馬】タイムワープ
  • 【騎手】Z.パートン
  • 【トレーナー】A.クルーズ
見解

【結果詳報】
12月10日に香港のシャティン競馬場で行われた香港国際競走。4レースあるGI戦の最後を飾る芝2000mの香港Cはザカリー・パートン騎手騎乗、地元香港のタイムワープ(Time Warp)が逃げ切って、重賞初制覇をGIで飾った。

1着賞金1425万ドル、日本円で約2億円の賞金を目指して、今年はネオリアリアリズム、ステファノス、スマートレイアーといった3頭の日本調教馬を含む12頭が出走。1番人気となったのは日本国内発売、香港での発売ともに2015/2016シーズンの香港年度代表馬であるワーザー(Werther)であった。

ゲートが開くと、まだ重賞勝ちの実績はないものの、前走、香港Cの前哨戦となるジョッキークラブCでワーザーのクビ差2着に入ったタイムワープはハナを切り、これに日本のスマートレイアー、ネオリアリズムが続く形に。対して、人気のワーザーは中団に控えてこれらを見る格好で進めた。

最内枠からスタートしたネオリアリズムは、モレイラ騎手が必死に我慢させていたが行きたがってしまい、首を上げるシーンも目立ったが、向う正面に入るとようやく落ち着きを見せる。その後も隊列は変わらず、淡々とした流れでレースが進み、3コーナーを過ぎても大きな動きはなかったが、4コーナーが近づくにつれて徐々に後続勢が差を詰め、直線入口ではほぼ一団となった。直線に入ると、逃げていたタイプワープにスマートレイアーが並びかけようとするが、逆に離されてしまう。そんなスマートレイアーに代わるようにして、最内からネオリアリズム、さらに外からワーザーが差を詰めにかかるが、タイムワープの逃げ脚は衰えることなく、結局そのまま楽々とゴールを駆け抜けた。2着はネオリアリズムを交わしたワーザー。日本調教馬はネオリアリズム、ステファノス、スマートレイアーの順に3、4、5着となった。

優勝したタイムワープは4歳のセン馬。イギリスから移籍してきた馬だが、そのイギリスでは重賞出走経験もなく、香港移籍後も当初はパッとしなかった。しかし、今年の6月に日本の条件戦にあたるクラス2のレースで勝利すると、そこから3連勝と勢いに乗り、この秋もGIIIセレブレイションC3着、GIII莎莎レディースパースで2着、GII戦ジョッキークラブC2着と3戦続けて重賞で好走するなど、本格化を伺わせていた。

香港中距離路線はここ2年、この香港Cを日本馬に勝たれたほか、春のクイーンエリザベス2世Cでも今年はネオリアリズムに優勝を許しており、唯一、一昨年にクイーンエリザベス2世Cを制したワーザーが孤軍奮闘している状況だった。しかし今回、まだ4歳と若いタイムワープが勝利したことで、今後はワーザーのライバルになる可能性は高い。来春のクイーンエリザベス2世Cに出走するであろう日本調教馬の前にも立ちはだかることになりそうだ。

【展望】
10日に香港のシャティン競馬場で行われる香港国際競走。ここでは、4レース目に行われる芝2000mのGI・香港Cの展望をお届けする。

香港国際競走にて行われるGI戦4レースにおいて、その総賞金額が2500万香港ドル、1着賞金1425万香港ドルと最も高いのがこの香港C。1着賞金1425万香港ドルは日本円で約2億円。日本のジャパンC、有馬記念における3億円には及ばないものの、その次に高額となる日本ダービーとほぼ同額なのだから、いかに高額であるかはご理解いただけるだろう。

その香港Cの創設は1988年。当時は“香港招待C”と呼ばれ、重賞の格付けもなかったが、1993年に香港Cに改称されると共にGIII戦の格付けがされた。その後、1994年にGII、1999年にGIと、僅か10年ほどで国際GIにまで昇格している。

日本調教馬の参戦はGIIIに格付けされた1993年が最初で、ナリタチカラが出走して7着に敗れている。翌年、翌々年にはフジヤマケンザンが出走し、1995年にはハクチカラ(1959年、アメリカのワシントンバースデーH)以来、36年ぶり、グレード制導入以降では初となる海外重賞制覇を達成している。その後も1998年にはミッドナイトベットが当時のレースレコードで優勝し、1999年に国際GIへ昇格してからも2001年にアグネスデジタルが優勝。その後はしばらく勝てなかったが、ご存じのとおりここ2年はエイシンヒカリとモーリスが連覇中である。

香港には競馬場がシャティン競馬場とハッピーバレー競馬場と2つしかないが、この香港Cを含めた「香港国際競走」が行われるのはシャティン競馬場。同競馬場は、近代的、国際的な競馬場設立を目的に1978年に建設されたこともあって歴史はそれほどないが、香港の重賞戦においては1レースを除き、全てこちらで行われている。

尚、余談になるが、このシャティン競馬場には厩舎が設置されていて、競走馬は全てがそこにいるが、これ以上は拡張の余地がないことから、香港ジョッキークラブは、約200キロ離れた中華人民共和国広東省広洲市にトレーニング施設「従化トレーニングセンター」を開設した。来年から稼動するこの施設では、約650頭の競走馬を収容することができる(そのオープンに先立ち、そのトレーニングセンターと競馬場間における検疫について問題視しているオーストアリアはこの10月2日より、香港からオーストラリアへの馬の輸送を一時停止する発表をしており、その結果、今回の香港国際競走にはオーストラリアからの出走馬は不在となっている)。

さて、話をレースに戻すと、今回、香港Cに出走を予定しているのは全部で12頭。まず地元の香港勢だが、実績で一枚抜けているのがワーザー(Werther)だ。オーストラリア在籍時はサウスオーストラリアンダービー、クイーンズランドダービーで2着の実績はあったが、GIは未勝利。しかし、香港に移籍すると、香港クラシックマイルで2着、香港クラシックCで2着、そして香港ダービー(シャティン、※香GI、芝2000m)を優勝といきなりその頭角を現した。続く、クイーンエリザベス2世C(シャティン、GI、芝2000m)では先輩のデザインズオンローム、ブレイジングスピード、ミリタリーアタックのみならず、日本のラブリーデイ、ヌーヴォレコルト、サトノクラウン、そしてハイランドリールを相手に優勝し、2015/2016シーズンの香港年度代表馬に選出された。

そのクイーンエリザベス2世Cで優勝した後の成績は8戦3勝と物足りないように思えるが、その敗戦の多くは叩き台として出走したマイル戦であり、今回と同じ2000mに限れば香港移籍後、5戦4勝、3着1回。唯一敗れたのが、今年、日本のネオリアリズムが優勝したクイーンエリザベス2世Cだが、クビ、クビ差の3着だから全く悲観すべき内容ではない。昨年は怪我でこの香港Cには出走していないが、今年は前哨戦のジョッキークラブC(シャティン、GII、芝2000m)を制してきたことから、勝ち負けは必至と言えるだろう。

香港勢は他に3頭が出走し、実績で言えば昨年この香港Cで2着したシークレットウェポン(Secret Weapon)となるが、今シーズンはその勢いが全く感じられず、シャティントロフィーでは13頭立ての13着、前走のジョッキークラブCでもワーザーから4馬身半差、8頭立ての5着に終わっている。

それでいえば、そのジョッキークラブCで2着に入ったタイムワープ(Time Warp)の方が、勢いも含めて注目すべきではないか? タイムワープはイギリスからの移籍馬で、イギリス在籍時には重賞に出走したことすらなかった。香港へ移籍してからもパッとした成績を残せずにいたものの、今年の6月に香港で初勝利を挙げると、その後も連勝して3連勝を達成。その勢いは今シーズンに入っても続き、重賞初挑戦となったセレブレイションCで3着、莎莎レディースパースで2着、そして前走、先ほど記述したジョッキークラブCでワーザーにクビ差の2着と、いつGIを勝っても不思議ではないところまできている。今回はジョアン・モレイラ騎手からザカリー・パートン騎手に乗り替わるが、リーディング2位のパートン騎手だけに大きなマイナスにはならないだろう。

対する欧州勢だが、6頭出走する中でGIウイナーはドーヴィル(Deauville)、ロビンオブナヴァン(Robin Of Navan)、ブロンドミー(Blond Me)の3頭。しかし、ロビンオブナヴァンのGI勝利は2歳時のものであり、ブロンドミーの勝利はカナダの牝馬限定のGI戦。それならば、こちらも芝のレベルに疑問が残るが、アメリカでGIを勝利しているライアン・ムーア騎手騎乗のドーヴィルの方が怖い。

ただし、同馬もヨーロッパではGIIIを2勝している程度の馬。決して一流とは言い難く、それを思えば、GI戦未勝利とはいえ愛チャンピオンSで2着、英チャンピオンSでも2着に入ったポエッツワード(Poet’s Word)の方が勝ち負けに加わる可能性は高いかもしれない。何しろ、前走の英チャンピオンSでは勝ち馬に7馬身離されたが、その勝ち馬は来年の凱旋門賞の有力候補と言われているクラックスマン。しかも、3着がハイランドリール(※香港ヴァーズ出走)なのだから価値のある2着と言えるだろう。

そのほかでは、フランス調教馬で出走回数53回と断然のキャリアを誇るガルリンガリ(Garlingari)、アイルランド調教馬でこちらは逆に7戦とキャリアの浅いウォーディクリー(War Decree)が出走を予定。

ガルリンガリは昨年、香港ヴァーズに出走して7着。勝ち馬のサトノクラウンには10馬身差近く離されており、それを思えば能力的にどうかと思うが、過去の実績を振り返ると、香港ヴァーズと同じ2400mでは1勝に対して、2000mでは5勝をマークしている。距離的には今回の香港Cの方が向くはずである。前走のGIIドラール賞(シャンティイ、芝2000m)を勝った際には、前出のロビンオブナヴァンにも完勝している。

ウォーディクリーは先ほど書いたようにキャリアは7戦と浅く、重賞実績も2歳時のGII戦と2走前のGIII戦しかないが、仏ダービーでは2馬身半差の5着となった馬。何しろ、管理するのがエイダン・オブライエン調教師だけに、その存在は不気味。相手が強かった前走のブリーダーズCターフでの大敗は度外視すべきかもしれない。

最後に日本から出走の3頭だが、ネオリアリズム、ステファノス、スマートレイアーの3頭はいずれも、香港のシャティン競馬場で出走経験がある。

ネオリアリズムは昨年、この「香港国際競走」では香港マイルに出走して9着に敗れたものの、今春、今回と同じ2000mのクイーンエリザベス2世C(シャティン、GI、芝2000m)を制しており、その際は前出の香港の大将格であるワーザーをクビ、クビ差の3着に下している。しかしながら、当時は道中でモレイラ騎手が意表をついてハナを奪うという戦法をとり、ギリギリ粘った形。あの競馬がもう一度出来るかと言えばそう簡単ではないだろうし、前走で不良馬場の天皇賞・秋を走った反動も気になるところだ。それでも、断然内枠有利と言われるこのシャティン競馬場の2000mを走るにあたり、1番枠を引いた点は歓迎材料。あとはモレイラ騎手の手腕に期待したいところだ。

ステファノスはこのシャティン競馬場の芝2000mを既に3回経験。一昨年の香港Cでは10着に敗れているが、大きくは負けておらず、一昨年のクイーンエリザベス2世Cや昨年の香港Cでは2着、3着に好走した。日本では詰めが甘いため、なかなか勝ち切れていないが、日本ほど切れ味を求められず、時計も速くない香港の馬場はピッタリだと思われる。こちらもネオリアリズム同様に不良馬場の天皇賞・秋を走ったことは心配だが、反動がなければチャンスがあってもおかしくない。鞍上のヒュー・ボウマン騎手は以前、ワーザーに騎乗していたことから、同馬のことを知り尽くしている。どう乗れば負かせるかも分かっているはずで、一発を期待したい。

スマートレイアーは7歳の牝馬。近走の走りをみれば年齢的な衰えは全く感じられないし、昨年の香港ヴァーズでも5着と馬場適性に不安はない。距離は京都大賞典を勝っているように2400mでも問題はないが、少しでもペースが速くなりそうな2000mの香港Cの方がその末脚を活かせる可能性が高いのではないか? データ的には、性別にかかわらずこの10年で7歳以上の馬が連対したことはないが、前走で倒した相手がジャパンCで勝利したシュヴァルグランや、香港ヴァーズに出走するトーセンバジルであることを思えば、ここでも軽視は禁物と言える。

※記載している出走予定馬については12月8日(午後1時)時点でのものであり、今後、出走取消等により出走しない場合もありますので予めご了承ください。
※香GIはローカルグレード

戻る

海外競馬TOP


ネットで、馬券・車券を買うならオッズパーク!

PAGE TOP