豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

競馬サロン

【プロキオンS回顧】マテラスカイはダート短距離路線の最強クラス/8歳ながらさすがの対応力を見せたインカンテーション

2018/07/09 20:30

■マテラスカイ【1400m以下の路線では最強クラス】
いやー、これは強かったね。もうそれ以外ないよ。好スタートから楽に先手を取って、道中は理想的な単騎逃げの形。前半3F33秒5ってことは、もう芝重賞並のハイペースなんだけど、それでも無理して飛ばしている感じじゃなくて、あくまでマイペースを保っているんだよね。だからこそ直線で二の脚を使えたわけだし、大幅レコード更新も納得。このペースを楽に走ってしまう気性を考えるとマイル延長は課題が大きいけど、1400m以下ならあと1?2年は頂点に君臨し続けるくらいの実力があるね。

■インカンテーション【距離短縮への対応は立派のひとこと】
ゲートを五分に出たものの、序盤は追走に苦労して追っつけ気味。芝スタートであれだけのハイペースだったことを思えば、ポジションを下げざるを得なかったのはしょうがないところ。それでも流れに乗れていないことはなかったし、しっかり距離短縮に対応したあたりはさすがだね。8歳にしてまだまだ実力上位、立派なものだと思うよ。

■ウインムート【勝ち馬には完敗も大健闘】
テンから気合をつけて番手のポジションを確保。締まったペースにもまずまず対応できていたし、流れを考えれば先行して馬券圏内に残したのは大健闘だろう。調教を見るにパワータイプではないようだから、雨で軽い馬場になったことも向いたね。パサパサの砂ではどうかわからないけど、この路線なら重賞でもチャンスはあるんじゃないかな。

▼ この記事をシェアする

坂井千明
元JRA騎手
坂井千明

マイヨジョンヌでの新潟大賞典勝利や、ヤシマソブリンで臨んだ菊花賞ではナリタブライアンの2着に好走するなど34年間、鞭一本で競馬界を渡り歩いてきた男。UMAJINでは元騎手として、【馬クダン!カード】でフィリーズレビューのティズトレメンダス(11人気・3着)や桜花賞でのアユサン(7人気・1着)を抜擢して見せた。また騎手業だけでなく、現役時代には関東騎手会で馬場調整委員長も務め、各競馬場の改修に深く関わってきた。さらには自ら千明塾を主宰し、若手騎手に対して乗り役としての技術指導や営業方法などを精力的に指導。門下生の松岡正海、吉田隼人、石橋脩、津村明秀騎手などは今も第一線で活躍している。

PAGE TOP