豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

競馬サロン

【エプソムC回顧】秋の飛躍が楽しみなサトノアーサー/ハクサンルドルフは道悪の鬼

2018/06/11 20:30


■サトノアーサー【積極策と馬場や枠がマッチしての快勝】
トビの大きい馬だから道悪がどう出るかと思ったけど、全然気にしていなかったね。いつもよりテンのダッシュが速くて、先団外めをスムーズに確保。外枠だったおかげで馬場の悪いところを走らず済んだし、思い切った積極策に出るにもいい枠だったように思う。道中は多少ハミを噛みながらも流れに乗れていて、脚を溜めながらスムーズな手応えで直線へ。最後は気持ちよくスパートして後続を封じ込めた。勝ち切れない競馬が多くなるタイプだけど、もともと力はあるし、こういう先行策で結果を出したのはいい兆候。上手く行けば秋のGI戦線で活躍できるかもしれないよ。

■ハクサンルドルフ【久々に[道悪の鬼]を見た】
久々に「道悪の鬼」を見た気分だよ。序盤は無理せず後方馬群中ほどに待機。道中もヘタに動かずじっくり構えて、直線で外に持ち出すと雨馬場を物ともせずすごい脚で追い込んだ。サトノアーサーに完璧な競馬をされたせいで惜しくも交わせなかったけど、この馬場でこれだけの決め手を使えるんだから大したもの。今後も道悪になったら要注意だよ。

この馬を見て真っ先に思い出したのが、「雨女」と呼ばれた「リファール」。不良の安田記念を勝った女傑で、さすがに今のファンで知っている人は少ないかもしれない。中島さん(故・中島啓之元騎手)が主戦だったんだけど、1度だけ僕も乗せてもらったことがあったんだ。本当に道悪に強い馬で、雨が降ると本当に嬉しそうに走っていたのをいまだに覚えているよ。

■グリュイエール【パンパンの良馬場で見たい】
道中はサトノアーサーの後ろ、中団外めで脚を溜める競馬。終始問題なく流れに乗れていたし、馬場のいいところを走れていたんだけど、最後もうひと伸びが利かなかった。僕の見た限りそう道悪の得意なタイプには見えないから、単純に自力で上位に来た印象がある。パンパンの良馬場ならこの馬本来の競馬ができると思うな。

ダイワキャグニーは道悪に苦労していたね。3コーナーあたりですでに手応えが悪かったし、最初から終わりまで一貫して走る気を感じなかった。頭の高い走法を考えると、そう道悪が苦手にも見えないんだけど、今回はキャリア初の重馬場で気分を害したのかも。もう数戦経験すれば慣れてきて普通にこなす可能性もあると思う。スマートオーディンは休み明けで行きたがってしまったけど、久々にしては悪くない内容だった、この一戦でガス抜きできたとなれば次は期待できるかもしれないよ。
 

▼ この記事をシェアする

坂井千明
元JRA騎手
坂井千明

マイヨジョンヌでの新潟大賞典勝利や、ヤシマソブリンで臨んだ菊花賞ではナリタブライアンの2着に好走するなど34年間、鞭一本で競馬界を渡り歩いてきた男。UMAJINでは元騎手として、【馬クダン!カード】でフィリーズレビューのティズトレメンダス(11人気・3着)や桜花賞でのアユサン(7人気・1着)を抜擢して見せた。また騎手業だけでなく、現役時代には関東騎手会で馬場調整委員長も務め、各競馬場の改修に深く関わってきた。さらには自ら千明塾を主宰し、若手騎手に対して乗り役としての技術指導や営業方法などを精力的に指導。門下生の松岡正海、吉田隼人、石橋脩、津村明秀騎手などは今も第一線で活躍している。

PAGE TOP