UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

競馬サロン

アシタカ

2019/09/20 18:25

[◎の差し込みに期待する]ながつきSの予想/土曜の2歳戦攻略の“ツボ”

ラグビーW杯が今夜から開幕する。

熱戦が1カ月半続くワケだが、普段なかなか見る機会が少ない競技だけに楽しみだ。

CANON、TOTO、SECOM、大正製薬などの大手企業がラグビーW杯のオフィシャルスポンサーに名を連ね、様々なキャンペーンを展開しているようだ。

大会の大成功を祈りたい。


さて、まずは先週の振り返りから。

先週のセントライト記念は本命としたニシノデイジーが最後方から直線で差を詰めるも5着止まりだった。



その後、オーナーの西山茂行氏より乗り替わりが発表されたのは競馬サロン読者もご存知の通り。

⇒ニシノデイジー、菊花賞はC.ルメール騎手と新コンビを結成

菊花賞で勝ち負けになるかは、ほか有力馬のローテ次第だと思うが、胴が長くなり力強さが出た馬体から3000mの距離はこなせると考えている。

そして攻略の“ツボ”として取り上げた月曜の2歳戦5頭の成績は次の通り。

-----------------
阪神1R・2歳未勝利
◎2番シュゼット   1人気11着

阪神2R・2歳未勝利
◎8番ダンツクォーレ 2人気5着

中山2R・2歳未勝利
◎3番ファートゥア  1人気中止

阪神3R・2歳未勝利
◎9番ラズルダズル  1人気3着

中山3R・2歳未勝利
◎8番コロンドール  1人気1着
-----------------

目も当てられない“逆神”ぶりをまたしても披露。

期間限定の更新ではあるが、今週の攻略の“ツボ”で修正していきたいと思う。


さて、明日土曜は中山で4鞍、阪神で5鞍の2歳戦が行われる。

計9鞍の中から未勝利戦の5鞍を取り上げていきたい。

■阪神1R・2歳未勝利(ダ1200m)

ダート戦で連対経験がある競走馬が皆無で、大半が初ダート。ダート適性を事前に読み切れるかがカギとなるが、ここは芝でスピードを証明している◎9番メイショウマサヒメが中心だ。

馬体はシャープでゴツゴツした感じはないが、捌きが少し固いことを思えばダートも悪くないだろう。同馬はパイロの産駒で血統的にも合いそうだ。
【馬券信頼度B】

■中山1R・2歳未勝利(ダ1800m)

ダート戦好走馬が2頭いるものの、走破時計が遅く強調しづらい。ここはホエールキャプチャ、パクスアメリカーナの全弟◎12番モルタルの変わり身に期待したい。

同馬は少し立ち気味な繋で、厚みのある馬体だった。芝のレースではペースチェンジに対応できずワンペースな印象だっただけにダートで変わる可能性はありそうだ。
【馬券信頼度C】

■阪神2R・2歳未勝利(芝1600m)

初戦タイム差なしの3着好走&C.ルメール騎手に乗り替わる11番シャドウブロッサムが人気の中心だが、◎9番テランガも差のない好素材。

同馬の新馬戦は1着がコスモス賞Vルーチェデラヴィタ、2着が次走楽勝のヒシタイザン。そこで3着だった成績はここなら強調できる。

450キロ前後の馬体以上に大きく見せ、厚く見栄えがする馬体をしている。エイシンフラッシュの産駒はよく見せないタイプが多いが、母父のスペシャルウィークが強く出ているのだろう。
【馬券信頼度B】

■中山2R・2歳未勝利(芝1600m)

ここはクロフネ産駒の◎14番ブンロートが中心。510キロ前後と馬格に恵まれ、パワーとゴツさを感じる競走馬。1200mも問題なさそうに見えるが、前走はやや距離不足だったか。その馬体から中山マイル替わりは問題とならないだろう。
【馬券信頼度A】

■阪神3R・2歳未勝利(芝1800m)

血統馬が揃った混戦。軸選びが難しいレースだが、ここ2戦安定感あるレース運びをしている◎2番ドゥーベの勝ち上がりに期待する。同馬はダイワメジャーの産駒にしては四肢が長めである程度の距離に対応できる馬体をしている。マイルよりは引き続きの1800mの方が競馬はしやすそうだ。
【馬券信頼度B】

-----------------
阪神1R・2歳未勝利 ◎9番メイショウマサヒメ
中山1R・2歳未勝利 ◎12番モルタル
阪神2R・2歳未勝利 ◎9番テランガ
中山2R・2歳未勝利 ◎14番ブンロート
阪神3R・2歳未勝利 ◎2番ドゥーベ
-----------------

土曜の2歳未勝利戦はここ2週と比べて難易度が高い印象を受けた。
中山1Rを突破できれば、複コロの成功&成功時の配当も見えてきそうだ。

なお、新馬戦に関してはコチラを参考に。

⇒【9/21(土)2歳戦】新馬戦3鞍&特別戦から調教厳選馬をチョイス!


ここからは土曜のメイン予想に移る。

土曜は中山メインのながつきSを取り上げたい。

なお、同レースは15番アポロノシンザンの出走取消が発表されているのでご注意を。

当初はアポロノシンザンを含め逃げ馬が3頭いたワケだが、同馬の取消があっても11番ヒロシゲゴールド、13番ゴールドクイーンの逃げ争いは過熱しそうだ。

2頭とも控えては持ち味が出ないだけに、どちらかが簡単に引くことは考えづらい。

となれば好位で前2頭の競り合いを見つつ、差し込める競走馬を中心に考えたい。

本命は3歳牝馬の◎16番ヴァニラアイス。紅一点のユニコーンSで4着に踏ん張り、前走・エニフSでも古馬相手に2着に差し込んだ走りは評価できる。

同馬は春から秋にかけて馬体の成長が著しく、胸前、トモともに盛り上がり、力強くなっていた。

とりわプリプリのトモが特徴的で、牝馬らしからぬ好馬体の持ち主。

今回は久々のダ1200m戦となるが、芝部分である程度のダッシュが利くこと、重賞で好位につけられるスピードもあることから対応は可能だろう。

ここで強い競馬ができるようなら今後のダート短距離路線や牝馬交流重賞路線で楽しみな1頭となるかもしれない。

距離に関してもマイルまでの距離は十分にこなせそうだ。

○11番ヒロシゲゴールドは全体に厚みがあり、四肢が短い低重心な体付き。典型的な短距離が向く馬体をしている。

前走・クラスターCでヤマニンアンプリメ(交流重賞2勝)と0秒2差の競馬を展開していることから、ここでは力量上位だが、外に入った▲13番ゴールドクイーンの出方が気になるところ。必要以上に競られた場合に甘くなってしまう可能性を考慮しておきたい。

馬券は16番ヴァニラアイスの単複を中心に馬連、3連複で勝負。

《中山11R ながつきSの最終結論》
◎16ヴァニラアイス
○11ヒロシゲゴールド
▲13ゴールドクイーン
☆8シュウジ
△1ウインオスカー
△6シャインヴィットゥ
△14タテヤマ

【単勝】16(1点)
【複勝】16(1点)
【馬連/流し】16-11,13,8,1,6,14(6点)
【3連複/軸1頭流し】16-11,13,8,1,6,14(15点)

☆★☆土曜はききょうSの優勝馬を予想せよ!正解で賞金3000円が当たる!☆★☆

【この記事をシェアする】

競馬サロン TOP

PAGE TOP