UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

今週のレース(WINDEX)

07月20日()

07月21日()

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

競馬サロン

田原基成

2019/07/11 18:00

エアスピネルほか、2019函館記念出走予定馬16頭分析

函館記念が行われる今週。2011年以降、1番人気馬の馬券圏内なしと人気馬受難のレース。ラジオNIKKEI賞、七夕賞と波乱が続く夏競馬にあって特に「荒れる」とされる一戦だ。

そこで今回のコラムでは、2019函館記念に出走予定の16頭をあらゆる角度から分析してみたい。私なりの視点で捉える16頭の判断基準が、あなたの予想の参考になれば幸いだ。

・アーバンキッド
同馬が挙げた6連対はいずれも1600-1800m。マイラー寄りの適性を持つ馬で、スタミナを要するこの舞台は厳しい印象だ。

・アメリカズカップ
こちらも全4勝が1600-1800mとマイラー寄りの適性を持つ馬。本質広いコース向きでもあり、小回りでさらなる前進を望むのは酷か。

・エアスピネル
実績は申し分ないものの、2017年秋以降は一貫してマイル路線。長期休養明けで斤量58キロ、芝2000mを選択する意味……次走、もしくは秋を見据えたひと叩きと判断するのが妥当だ。

・カルヴァリオ
昨秋は1200mを使われていた馬。本質的な適性は短い距離にあり、1200→1400→1800→2000mのローテーションには陣営の迷いが垣間見えてしまう。

・ゴールドギア
8-8-8-2の道中通過順で上がり3F最速5着だった前走。早仕掛けゆえ坂で失速したことで道中通過順と上がり3F、着順のミスマッチを生んだのだろう。右回りの芝1800-2000mでは【2-1-0-0】連対率100%。格上挑戦だが軽視は禁物だ。

・スズカデヴィアス
ハイペースに外差し馬場と、巴賞は激走を後押しする要因が揃っていた。とはいえ59キロを背負いつつ突き抜けることは容易ではない。昨年は大外をブン回す距離ロスがありながら5着……前走がフロック視されるようなら再度の激走を警戒すべきだ。

・ステイフーリッシュ
芝2000mでの馬券圏外はGI大阪杯に限定。自分の持ち場では安定した成績を残す馬だが、今回は57.5キロの斤量との戦いとなりそうだ。57キロ以上での成績【0-0-0-3】が示すとおり、適性斤量は56キロ以下。夏競馬実績もなく、どちらかと言えば不安要素が先行してしまう。

・ドレッドノータス
大敗を喫した福島民報杯から1秒2→0秒6→0秒3と勝ち馬との差を縮めてきた。実戦を経てパフォーマンスを上げる矢作厩舎らしい臨戦過程と言えよう。全5勝が2000mと、距離適性はメンバー中随一。穴をあけるには絶好のシチュエーションだ。

・ナイトオブナイツ
5勝を挙げる1800mに対し、2000mでは【0-0-1-4】。1800mベストに異論はないが、上位馬のなかで最初に仕掛けつつ勝ち馬とタイム差なしの巴賞は負けて強しだった。昨秋以降掲示板外のない安定株。ノーマークは危険だ。

・ブラックバゴ
昨夏以降は掲示板内すら確保できない状況。一変を臨むのは酷か。

・ポポカテペトル
馬券圏内7戦中6戦が12頭立て以下の手頃な頭数。その条件が見込めるのはエントリー数自体が少ない2200m以上の長距離戦だ。ここは札幌の芝長距離戦を使うための試走か。先行力は健在だけに、一気の距離延長での変わり身を待つ。

・マイスタイル
語弊を恐れずに言うなら、前走は完全に鞍上の「ヘグリ」。情状酌量の余地があるとすれば、ダメージの少ない競馬で終えられたことだろうか。当時先行争いを繰り広げた馬が不在……明確な伏線を張った前走を経た今回、逃げの選択肢は濃厚。昨年連勝を飾った舞台かつ同じ戦法が叶えば巻き返せる。

・マイネルサージュ
先行馬総崩れの展開でこそ真価を発揮する追込馬。その条件が叶った前走ですら見せ場なく敗れたのはいただけない。重賞のメンバー相手ではいかにも荷が重い印象だ。

・マイネルファンロン
ラブイズブーシェ、ハギノハイブリッド、ツクバアズマオー、タマモベストプレイ、サクラアンプルール……2014年以降、函館記念は年内に2200m以上の好走歴がある馬と好相性。それだけスタミナが問われる条件なのだろう。それに該当するマイネルファンロンは洋芝2000mでの圧勝歴を有する馬。侮れない。

・メートルダール
6勝中5勝が左回りのサウスポー。ベスト条件がどこにあるかは明らかだ。比較的涼しい函館開催を叩いて昨年2着の新潟記念へ……陣営が描く青写真はこのように想像できる。狙いは次走。

・レッドローゼス
馬券圏外に敗れた4戦中3戦が渋った馬場もしくは雨降りしきるなかでのレース。血統だけをみれば道悪の鬼だが、実態は「時計のかかる良馬場巧者」だ。前走下したクレッシェンドラヴ(七夕賞2着)の比較から重賞でも即通用の余地はあるものの、大外マクリがこの馬の勝ちパターン。小回りかつBコース替わりでプラスの戦法とは思えず、差し損ねも想定しておきたい。

【Twitter開設!サロンに掲載できなかった予想もつぶやきます】

アカウント⇒田原基成@競馬ストーリーテラー

【この記事をシェアする】

競馬サロン TOP

PAGE TOP