UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

【必読】今週の金言

2018/12/20 11:16 カテゴリ:海外競馬

オーストラリアへ移籍したトーセンバジルが怪我のため安楽死処分に

一族にトーセンジョーダンやカンパニーがいる良血馬トーセンバジル。Vこそなかったが京都大賞典2着や香港ヴァーズ3着(写真)など長丁場の重賞で活躍した。

元JRA所属馬で、今春の天皇賞・春を最後にオーストラリアへ移籍したトーセンバジル(牡7、豪・D.ウィアー)が今週初め、両前脚の球節に怪我を負い、その後に安楽死となったことが明らかになった。複数の現地メディアが報じている。

トーセンバジルは、父ハービンジャー、母ケアレスウィスパー(母の父フジキセキ)という血統の牡馬で、日本では栗東の藤原英厩舎に所属。重賞勝ちこそなかったが、京都大賞典2着や阪神大賞典3着など芝の中長距離路線で活躍し、昨年末の香港ヴァーズ(シャティン、GI、芝2400m)では3着に好走した。

オーストラリア移籍後は、初戦のマカイビーディーヴァS(フレミントン、GI、芝1600m)では11着に敗れたが、続くアンダーウッドS(コーフィールド、GI、芝1800m)では低評価を覆して2着に好走。近2走は大きく敗れていたものの、秋シーズンでの復活に向けて、調整が行われていた最中での出来事だった。

▽【関連リンク】
■『Weekly POG』先週のランキング発表中!
■驚異の新指数【WINDEX】土曜・阪神10Rで34万馬券直撃!
■[5万9000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】
■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ
■海外競馬はUMAJIN.netにお任せ! 「海外競馬」ページはコチラから!

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP