豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

【必読】今週の金言

2018/11/09 10:06 カテゴリ:海外競馬

ロンジンワールドベストレースホースランキング チャンピオンSを圧勝したクラックスマンが首位タイに浮上 日本勢ではレイデオロがトップに

11月4日までに行われた世界の主要競走を対象とした最新のロンジンワールドベストレースホースランキングが現地時間8日、IFHA(国際競馬統括機関連盟)より発表された。

新たに発表されたランキングでは、10月20日に行われたチャンピオンS(アスコット、GI、芝9F212y)を6馬身差で圧勝して同競走を連覇、有終の美を飾ったクラックスマン(牡4、英・J.ゴスデン)が130ポンドを獲得。長らく単独首位をキープしてきたウィンクス(牝7、豪・C.ウォーラー)と並んでトップタイに立った。また、3位は128ポンドのガンランナー(牡5)で、ポエッツワード(牡5)とロアリングライオン(牡3、英・J.ゴスデン)が127ポンドで4位タイとなっている。

一方、JRA調教馬では、天皇賞・秋(GI、芝2000m)を快勝したレイデオロ(牡4、美浦・藤沢和)が123ポンドを獲得して13位タイに浮上。そのほか、121ポンドのスワーヴリチャード(牡4、栗東・庄野)が28位タイ、120ポンドのミッキーロケット(牡5、栗東・音無)とサングレーザー(牡4、栗東・浅見)が38位タイにランクインしている。

▽【関連リンク】
■驚異の新指数【WINDEX】注目のエリザベス女王杯(GI) 全出走馬の総合数値は金曜日正午過ぎから公開!
■[5万9000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】
■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ
■海外競馬はUMAJIN.netにお任せ! 「海外競馬」ページはコチラから!

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP