UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

【必読】今週の金言

2018/08/09 12:05 カテゴリ:注目

【重賞出走馬追い切り】[関屋記念]プリモシーン、チェッキーノ[エルムS]ミツバなど

■8月12日に新潟競馬場で開催される関屋記念(GIII、芝1600m)へ出走を予定している各馬の最終追い切りが行われた。

プリモシーンは、北村宏騎手を背に美浦ウッドで3頭併せ。先行馬2頭を目標にし、最内に潜り込んだ直線では脚色圧倒で抜け出す。結局楽な手応えのままそれぞれに先着を果たした。馬体、反応ともに申し分なく、3カ月ぶりでも力をフルに出せそうな雰囲気だ。

チェッキーノは、杉原騎手を背に美浦ウッドで追い切られた。1000万条件馬と併入したが、相手に合わせた感があり脚色は優勢。素軽さにあふれており、仕掛ければ突き放せそうな雰囲気にあった。長期休み明けを使われ、着実に良化を果たしたよう。

リライアブルエースは、先週目一杯追われており、これが実質の最終追い。輸送を控えた今週は栗東坂路で反応を確かめる程度の内容を消化した。単走で、終いだけ促されるといい反応を見せて脚を伸ばす。4F54秒5-1F12秒6(馬なり)という時計以上に迫力を感じさせている。真夏の中2週だが、元気一杯。高いレベルで安定だ。

ウインガニオンは、栗東坂路で単走。終い重点に伸ばされると、上々の反応を見せた。時計は4F53秒9-1F12秒4(馬なり)。中間はこれを含め馬なりオンリーで、大幅上昇こそ強調できないが一定の上積みは見込んでいい。

フロンティアは、福永騎手を背に栗東坂路で3歳未勝利とスパー。貫禄の違いを示すように手応え圧倒で先行した相手を追い詰め、併入に持ち込んだ。時計は4F53秒0-1F12秒4(馬なり)。ひと息入っていた前走も悪くない仕上がりだったが、さらにグンと良化した印象がある。

エイシンティンクルは、先週猛時計を出しており実質の最終追いは完了済みで、今週は栗東CWで終いだけ伸ばされる内容を消化。黒岩騎手(レースは和田騎手)を背に、序盤はしっかり折り合うとラストで軽快に弾けた。まとまった休みなく走り続けているが、一連の勢いをキープできている。

ワントゥワンは、栗東ポリトラックで2歳新馬と併せ馬。大きく先行した相手を追う意欲的な内容で、直線鋭く伸び最後は半馬身先着のフィニッシュを果たした。ひと息入っていた前走から大きく上積んでいるようだ。

■8月12日に札幌競馬場で開催されるエルムS(GIII、ダ1700m)へ出走を予定している各馬の最終追い切りが行われた。

ミツバは、函館から札幌に入っており最終追いはダートコースで行われた。3歳未勝利馬を一応の目標としたが、あっさり抜き去り実質単走追いに。その分終いにしっかり気合いを入れられ、力強い伸びを示している。輸送が続くが影響は少なく、一連の好調は維持と見ていい。

ロンドンタウンは、函館競馬場のウッドコースで単走。蛯名騎手を背に序盤は折り合い重視で進み、終いに促されると上々の反応を見せた。まだ良化の余地はありそうだが、4カ月ぶりと考えれば悪くない仕上がり。

リッカルドは、火曜日に船橋競馬場で単走の追い切り。長距離輸送を控えているが、序盤から景気よく進み、終いもしっかり伸びた。GIを走った疲れは癒えたようで、好仕上がりと言える。

ハイランドピークは、函館ウッドで単走。終始楽な手応えで全体時計は平凡ながら、ラストは自ら気合いを入れ鋭く切れた。北海道輸送を挟んでの中2週と慌ただしかった前走に比べ、今回の調整過程は余裕があり気配は着実に良くなっているようだ。

ドリームキラリは、札幌ダートコースで3頭併せ。前後に馬を置く実戦想定のフォーメーションで進み、1頭を置き去りに、もう1頭と併入に持ち込んだ。稽古でそこまで派手に動かない馬としては、上々の内容。一定の上積みはありそうだ。

モルトベーネは、秋山騎手を背に札幌ダートコースで単走。先週栗東坂路で猛時計を出しており、今週は流す程度となったが素軽い動きを見せ仕上がりの良さをアピールしている。7カ月ぶりだが、自分の競馬はできそうな雰囲気だ。

アンジュデジールは、函館ウッドで2歳未勝利馬を追走。3馬身追走し、1馬身の遅れ入線に終わったが相手が走りすぎた感はあるし、アンジュデジール自身いい反応を見せて伸びていた。4カ月ぶりだと考えると、あとひと追い欲しいところではあるが、ひとまず態勢は整ったようだ。
(Text:Nishimura)

▽【関連リンク】
■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!
■[お友だち5万8000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】
■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ
■海外競馬はUMAJIN.netにお任せ! 「海外競馬」ページはコチラから!
■驚異の新指数【WINDEX】土曜・札幌メインで2万馬券!

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP