UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

【必読】今週の金言

2018/08/02 16:35 カテゴリ:POG

【今週の新馬戦・注目馬】レイデオロの半弟、アーモンドアイの半妹がデビュー!

レイデオロの半弟ソルドラードがデビュー ※写真はレイデオロの日本ダービー出走時

■8月4日の新潟競馬場第5R・メイクデビュー新潟(新馬、芝1600m)では、昨年の日本ダービー馬レイデオロの半弟ソルドラード(牡2、美浦・藤沢和)がデビューを迎える。母ラドラーダは中央4勝で帝王賞勝ちゴルトブリッツの半姉。祖母レディブロンドはブラックタイド、ディープインパクトの半姉ときらびやかな血統背景を持つ。本馬は7月初旬に入厩し、坂路中心の攻めが課されてきた。直前は美浦坂路で北村宏騎手(本番はC.ルメール騎手)を背に4F52秒8-1F12秒6(馬なり)を計時。併せた古馬1000万と併入している。「レイデオロ、レイエンダ(3戦3勝)と比べるとおとなしい」とは関係者評だが、父がロードカナロアに替わり、マイルの舞台でどれだけのポテンシャルを披露してくれるのか楽しみな1頭。

▽【ソルドラード
父ロードカナロア
母ラドラーダ
母父シンボリクリスエス

■同じく8月4日の小倉競馬場第5R・メイクデビュー小倉(新馬、芝1200m)では、トーセンジョーダンの産駒ダブルクラッチ(牡2、栗東・野中)が始動。母プルーフオブラヴはモーリスドゲスト賞などGI2勝シーキングザパールの半妹。めいにクイーンC勝ちのテトラドラクマがいる血筋。本番は入厩後、坂路とウッドを併用し乗り込みが重ねられ、今週はレースでも跨る北村友騎手を背に栗東坂路で4F55秒4-1F12秒7(強め)をマーク。先週の時点でほぼ仕上がっており、今週は終い重点の内容となったが上々の態勢でデビューできそうだ。

▽【ダブルクラッチ
父トーセンジョーダン
母プルーフオブラヴ
母父サンデーサイレンス

■同じく8月4日の札幌競馬場第5R・メイクデビュー札幌(新馬、芝1200m)では、ヒルノダムールの産駒アドレ(牝2、栗東・昆)がデビュー。曾祖母ジルバブは米GICCAオークス勝ち。叔父に中央4勝のピンストライプがいる。本馬は7月中旬に札幌入りすると、直前は本番でも騎乗する横山典騎手を背に札幌ダートで6F84秒7-1F12秒5(馬なり)を計時。併せた既走馬に1馬身先着している。ここまで稽古では1度も遅れておらず、終いの伸びも常に優秀。態勢は万全と言えそうだ。

▽【アドレ
父ヒルノダムール
母ダッチェスドライヴ
母父Street Sense

■8月5日の新潟競馬場第5R・メイクデビュー新潟(新馬、芝1800m)では、ジャパンC連覇などGI7勝ジェンティルドンナ、京都牝馬Sなど重賞2勝ドナウブルーの全妹ドナアトラエンテ(牝2、美浦・国枝)が初陣を迎える。母ドナブリーニは英GIチェヴァリーパークS勝ち。本馬は410キロ前後の馬体も考慮されてか、7月下旬から新潟競馬場で調整。直前は新潟ダートで4F52秒7-1F11秒8(強め)をマーク。動き自体は実に軽快で態勢は整っている。鞍上は全国リーディングトップに立つC.ルメール騎手。

同レースでは、15年札幌2歳Sの覇者アドマイヤエイカンの半弟マイディアライフ(牡2、栗東・高橋忠)もデビューを迎える。母ペルヴィアンリリーは報知杯4歳牝馬特別(現フィリーズR)など重賞4勝フサイチエアデールの半妹で一族には活躍馬が多数だ。本馬は7月中旬から速い時計を出し始め、直前は栗東坂路で4F56秒2-F13秒0(強め)を計時。鞍上は関東リーディングの戸崎騎手が務める。

▽【ドナアトラエンテ
父ディープインパクト
母ドナブリーニ
母父Bertolini

▽【マイディアライフ
父ジャスタウェイ
母ペルヴィアンリリー
母父フレンチデピュティ

■同じく8月5日の新潟競馬場第6R・メイクデビュー新潟(新馬、芝1400m)では、牝馬クラシック2冠アーモンドアイの半妹ユナカイト(牝2、美浦・木村)が登場。父はヨハネスブルグで代表産駒にスキャットダディ(本年の米3冠馬ジャスティファイの父)。母はエリザベス女王杯勝ちのフサイチパンドラで近親に種牡馬トライマイベストがいる筋の通った血筋だ。本馬は5月下旬に入厩し、外厩施設での調整を経て、7月頭に再入厩。以降は、ウッド、坂路で交互に乗り込まれてきた。今週は美浦ウッドで4F52秒5-1F13秒1(強め)を記録。古馬500万と併入している。ここまでの稽古では1度も遅れておらず、非凡な勝負根性が目に付く。鞍上はC.ルメール騎手。

同レースでは、16年新潟2歳Sの優勝馬ヴゼットジョリーの半妹、15年阪神牝馬S2着ベルルミエールの全妹に当たるベルスール(牝2、栗東・今野)もデビュー。本馬は1カ月以上かけて乗り込まれ、直前は栗東坂路で4F55秒8-1F12秒6(馬なり)を記録。併せた既走馬に3馬身先着している。坂路、コースともに速いタイムで終いをまとめていて、優れた脚力をここまで示している。鞍上は田辺騎手。

▽【ユナカイト
父ヨハネスブルグ
母フサイチパンドラ
母父サンデーサイレンス

▽【ベルスール
父スウェプトオーヴァーボード
母フレンチビキニ
母父サンデーサイレンス

■同じく8月5日の小倉競馬場第5R・メイクデビュー小倉(新馬、芝1800m)では、小倉大賞典など重賞2勝アルバートドックの半弟イニティウム(牡2、栗東・須貝)が始動。母ゴールデンドックエーは米GIラスヴィルヘネスS勝ち。伯父に米GIハリウッドターフC勝ちのアンユージュアルサスペクトがいて、血統背景は豪華だ。本馬は7月中旬に再入厩すると1週前は栗東ウッドで6F84秒5-1F11秒9(馬なり)を計時。今週は本番でも跨る武豊騎手を背に栗東坂路で4F52秒7-1F12秒9(強め)をマーク。当初の6月デビュー予定から仕上げ直しとなったが、動き自体は実にリズミカル。力を出せるデキにありそうだ。

同レースでは、昨年のフローラS覇者サトノワルキューレの全弟サトノバリオス(牡2、栗東・池江)もデビュー。母ヒアトゥウィンはブラジル生産馬でサウスアフリカンフィリーズクラシックなど南アフリカで行われたGI競走を2勝。本馬は外厩施設を経て、7月中旬に再入厩。以降は坂路、ウッドで交互に時計を出し、今週はレースでも跨るM.デムーロ騎手を背に栗東ウッドで6F82秒3-1F11秒9(一杯)を計時。併せた古馬1000万にはクビ差遅れてしまったが、ウッドでは3週連続で終い1F11秒台をマークするように非凡な切れが特徴的だ。

▽【イニティウム
父ハーツクライ
母ゴールデンドックエー
母父Unusual Heat

▽【サトノバリオス
父ディープインパクト
母ヒアトゥウィン
母父Roi Normand

■同じく8月5日の小倉競馬場第6R・メイクデビュー小倉(新馬、芝1200m)では、ディープインパクトの産駒ディーブラッド(牝2、栗東・松永)がデビュー。祖母スキーダンサーは米GIIIラスシエネガスHなど重賞を2勝。叔父に米芝GIIで2着2回のバリシニコフがいる。本馬は7月中旬から坂路で調教が重ねられ、直前は栗東坂路で4F54秒6-1F13秒0(一杯)を計時し、併せた新馬に半馬身先着。時計自体は標準も気迫の篭った最終追いを消化し、デビューに向けた態勢は整った様子。鞍上は武豊騎手。

▽【ディーブラッド
父ディープインパクト
母グローリーブラッド
母父Gone West

■同じく8月5日の札幌競馬場第5R・メイクデビュー札幌(新馬、芝1800m)では、ルーラーシップの産駒カッシーニ(牡2、栗東・昆)がデビュー戦に臨む。祖母ケープリズバーンはTCK女王盃勝ち馬。曾祖母グリーンポーラは仏GIIIカルヴァドス賞勝ちで、近親に英2000ギニーなどGI2勝のマクフィがいる血筋。本馬は函館で稽古を重ね、7月下旬に札幌入り。直前は本番でも跨る横山典騎手を背に札幌芝で5F63秒7-1F12秒3(馬なり)をマーク。併せた新馬と併入している。2週連続で素軽い動きを見せており、好ムードで挑めそうだ。

▽【カッシーニ
父ルーラーシップ
母トクラットリバー
母父ウォーエンブレム
(Text:Ito)

▽【関連リンク】
■目指せ100万円!【ウマオネア】お題は【小倉記念(GIII)の勝ち馬を当てろ!】
■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!
■[お友だち5万8000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】
■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ
■海外競馬はUMAJIN.netにお任せ! 「海外競馬」ページはコチラから!
■驚異の新指数【WINDEX】小倉記念&レパードSの全出走馬総合数値は金曜12時過ぎから公開!

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP