豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

【必読】今週の金言

2018/07/11 15:49 カテゴリ:注目

シュヴァルグラン&ヴィブロス、年内引退の見込み

中・長距離路線の顔として活躍してきた兄妹もいよいよ残すところ3戦のみ。第二の馬生の前にもうひと華咲かすことができるだろうか。

栗東の友道康夫厩舎に所属するシュヴァルグラン(牡6)とヴィブロス(牝5)につき、年内いっぱいで現役から退く意向であることがわかった。これはオーナーである佐々木主浩氏が報道陣の前で明らかにしたもの。

兄であるシュヴァルグランは2017年のジャパンC(GI、芝2400m)覇者。昨秋と同様、10月8日の京都大賞典から始動し、11月25日のジャパンCで史上2頭目の連覇(2012年-2013年のジェンティルドンナ以来)を目指す。その後12月23日の有馬記念でラストランの見込み。鞍上は京都大賞典が三浦騎手、GI2戦はH.ボウマン騎手を予定とのこと。

妹のヴィブロスは2016年秋華賞(GI、芝2000m)&2017年ドバイターフ(GI、芝1800m)勝ち。10月28日の天皇賞・秋へ直行し、その後は11月18日のマイルCS、12月9日の香港マイルへ出走予定。鞍上はいずれも福永騎手が務める模様。

なお、2頭ともに引退後は繁殖用馬入りする見込みとなっている。

(Text:Uehara)

▽【関連リンク】
■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!
■[お友だち5万8000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】
■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ
■海外競馬はUMAJIN.netにお任せ! 「海外競馬」ページはコチラから!
■驚異の新指数【WINDEX】土曜・函館8R4万馬券ゲット!

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP