豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

【必読】今週の金言

2018/05/17 12:43 カテゴリ:注目

【重賞出走馬追い切り】[オークス]アーモンドアイ、ラッキーライラック[平安S]グレイトパールなど

■5月20日に東京競馬場で開催されるオークス(GI、芝2400m)へ出走を予定している各馬の最終追い切りが行われた。

アーモンドアイは、C.ルメール騎手が先週に続き跨り美浦ウッドコースで併せ馬を行った。相手は杉原騎手が騎乗した準オープン馬だったが、これを並ぶ間もなく交わす俊敏な切れを披露し、終い1Fを12秒0(馬なり)でまとめている。やや加減しながらの調整だった前走時とは調整過程そのものが雲泥の差であり、万全の態勢で出走を迎えられそうだ。

ラッキーライラックは、栗東CWで古馬1000万と最終スパーリング。先行した相手を射程圏に捉えると一瞬で突き放し、終い1Fは11秒5(強め)と切れに切れた。桜花賞出走時と比べても遜色のない調教が積み重ねられており、前走同様高いレベルで安定している。

サトノワルキューレは、先週3頭併せで好タイムをマーク。中3週での関東再遠征を控えているため、今週は確認程度の内容となった。4F57秒5-1F12秒9(馬なり)と時計は平凡だが、荒れた馬場のなか終いは自ら気迫を表に出し、数字以上の切れを披露している。前走快勝の反動はなく、さらに上昇といった雰囲気。

リリーノーブルは、栗東CWを単走で追われ6F79秒3-1F11秒7(一杯)をマーク。トモの蹴り出しの強さが目立つだけではなく、手加減なしのハード調教を難なくこなせるあたりにも好感が持てる。常に調教では良く見せる馬だが、それを差し引いても今週の動きは抜群。前走同様の好態勢で出走できそうだ。

トーセンブレスは、先週騎手騎乗の併せ馬で負荷を掛けられており、これが実質の最終追い。今週は美浦ウッドコースで反応を見る程度の内容に。序盤は折り合い重視で進み、ラストで手綱を緩められると軽快そのものの伸びを見せた。この中間、在厩で丹念にケアされてきた効果か、柔軟に体を使えているあたりは好感。着実に良化している。

オールフォーラヴは、先週和田騎手騎乗でしっかり追われているので、今週は栗東CWで4Fからの単走という軽めの内容を消化。力強い脚捌きで駆け抜けた。終いにやや手が動いたあたり、絶好調とまでは言い切れないが、この馬なりにいい状態は維持できているようだ。

マウレアは、嶋田騎手(レースは武豊騎手)を背に美浦ウッドで準オープン馬と最終スパーリング。相手を2馬身ほど先に行かせて進むと、内に入った直線では手応えで圧倒し、そのまま楽に1馬身抜け出しての先着フィニッシュを果たしている。これを含め、中間は意欲的な調整を消化できており、今期3戦使われた疲れは感じられない。万全のデキ。

カンタービレは、栗東に駆け付けた田辺騎手が騎乗し、坂路で単走。終いに軽く仕掛けられるといい反応を見せた。時計は4F52秒4-1F12秒3(馬なり)と、自己ベストを更新。先週は僚馬サトノワルキューレにアオられてしまったが、この馬なりにいい仕上がりのようだ。

賞金400万円で抽選対象のゴージャスランチは、美浦ウッドで横山典騎手が騎乗し併せ馬を行った。終始楽な手応えを保ち、3歳未勝利馬に対し悠々の先着を果たしている。レース間隔は詰まっているが、高いレベルで安定。

■5月19日に京都競馬場で開催される平安S(GIII、ダ1900m)に出走を予定している各馬の最終追い切りが行われた。

グレイトパールは、川田騎手を背に栗東ウッドコースで併せ馬を敢行。大きく先行した相手に僅かながら遅れてしまったが、調教では闘争心を剥き出しにするタイプではなく遅れをそこまでに気にしなくていい。やや太めに映った前回時より、馬体が絞れ反応そのものは上々。骨折明けを1回使われたことでの上積みは相当ありそうだ。

テイエムジンソクは、1週前こそ重い馬場状態もあって終いに時計を要してしまったが、今週は古川騎手を背に栗東CWを単走で追われ終い1F12秒0(馬なり)をマーク。約3カ月ぶりながら上々の伸びを見せ、攻め気配は快進撃が続いた昨年後半と遜色のない状況と言える。

ミツバは、松山騎手が跨り坂路単走で4F53秒9-1F12秒8(強め)。調教ではあまり動かない馬だが、6歳にして坂路自己ベストに0秒2差まで迫る好時計を記録。前脚の掻き込み、トモの送り出しともに迫力満点で今期2戦使われての上昇度合いは著しい。

ナムラアラシは、栗東ウッドコースで単走。ややクビを高く上げるシーンもあったが、直線で一杯に追われてからは上々の伸びを見せている。終い重点の調整だった前走時よりも全体の負荷は掛けられており、動きそのものは良化している。

ユラノトは、栗東坂路で1000万条件馬を追走。手応え優勢で追走先着を果たし、時計は自己ベストとなる4F52秒2-1F12秒4(強め)をマークしている。久々だった前走を使われての上積みは顕著だ。

▽【関連リンク】
■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!
■[お友だち5万7000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】
■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ
■海外競馬はUMAJIN.netにお任せ! 「海外競馬」ページはコチラから!
■驚異の新指数【WINDEX】土曜京都9Rで7万馬券ゲット!

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP