豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム

広告

【必読】今週の金言

2018/05/07 14:27 カテゴリ:海外競馬

日本産馬2頭が欧米でGI勝ち サクソンウォリアーは無敗で英クラシック制覇

現地時間5日、イギリスのニューマーケット競馬場で行われた英2000ギニー(GI、芝8F)で、ディープインパクトを父にもつ日本産馬サクソンウォリアー(牡3、愛・A.オブライエン)が優勝した。日本産馬による英クラシック制覇は初めて。

サクソンウォリアーは、同馬のオーナーでもあるクールモアグループがディープインパクトとの交配のために日本へ送った母メイビーが生んだ産駒。2015年に北海道のノーザンファームで生まれた後にアイルランドへ渡り、昨年、エイダン・オブライエン厩舎からデビューを果たすと、無傷の3連勝でレーシングポストトロフィー(ドンカスター、GI、芝8F)を制し、今年のクラシック戦線の主役候補の1頭として注目を集めていた。今回の勝利で通算成績は4戦4勝。今後は2冠目の英ダービー(エプソムダウンズ、GI、芝12F6y)に向かう公算が強い。

また、同日にアメリカ合衆国のチャーチルダウンズ競馬場で行われたターフクラシックS(GI、芝9F)では、2015年のセレクトセールで落札されてアメリカに渡ったハーツクライ産駒のヨシダ(牡4、米・W.モット)が優勝、自身初のGI制覇を果たした。現地メディアの報道によると同馬は今後、登録を済ませているイギリスのクイーンアンS(アスコット、GI、芝8F)へ向かう可能性が高く、注目が集まる。

▽【関連リンク】
■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!
■[お友だち5万6000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】
■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ
■海外競馬はUMAJIN.netにお任せ! 「海外競馬」ページはコチラから!
■驚異の新指数【WINDEX】土曜京都12Rで5万馬券直撃!

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP