UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2022/12/29  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【シンザン記念(GIII)攻略データコラム】ロベルト系×ノーザンF生産馬を狙え

シンザン記念(GIII) 3歳 定量 中京芝1600m

※例年京都芝1600mで行われるが、京都競馬場改修工事のため、2020年より中京芝1600mで行われている。コース適性が問われない項目をピックアップし過去10年のデータをもとに分析する。

人気
・1人気【3.0.1.6】
勝30.0% 複40.0%
・2人気【2.3.2.3】
勝20.0% 複70.0%
・3人気【0.0.3.7】
勝0.0% 複30.0%
・4人気【3.1.1.5】
勝30.0% 複50.0%
・5人気【0.1.1.8】
勝0.0% 複20.0%
・6-9人気【2.4.1.33】
勝5.0% 複17.5%
・10人気以下【0.1.1.45】
勝0.0% 複4.3%

1番人気が4年連続で馬券外に沈んでいる一方で、2番人気が4年連続好走中。1、2番人気が揃って好走したのは2014年のみだが、揃って沈んだ年はなく、他9年でどちらかが必ず馬券に絡んでいる。

前走クラス
・新馬【1.2.0.14】
勝5.9% 複17.6%
・未勝利【1.2.1.28】
勝3.1% 複12.5%
・1勝【5.3.3.32】
勝11.6% 複25.6%
・OP特別【0.0.0.5】
勝0.0% 複0.0%
・GIII【2.0.1.7】
勝20.0% 複30.0%
・GII【0.1.2.7】
勝0.0% 複30.0%
・GI【1.2.3.12】
勝5.6% 複33.3%

前走芝の1勝クラス組は単複回収率がいずれも100%以上で優秀。その中でも、前走1400-1600mで上がり3位以内だった馬は【4.3.2.9】で複勝率50.0%をマークする。今年該当するのはサンライズピース、ヒップホップソウル、ペースセッティング。

GI組はすべて朝日杯FS組。朝日杯FSで9着以内ならば【1.2.2.5】。また明け2、3戦目も【1.2.2.5】となる。4戦目以上は不振傾向で使い詰めは注意が必要。今年の同組は10着以下に敗れた2頭しかいない。ドンデンガエシは明け2戦目になるのでスズカダブルよりは可能性があるか。

前走重賞組は堅実だがまったく絡まない年もあるので過信は禁物だ。

生産者
・ノーザンF【6.3.2.16】
勝22.2% 複40.7%
・社台F【0.2.0.5】
勝0.0% 複28.6%
・追分F【0.0.1.1】
勝0.0% 複50.0%
・その他【4.5.7.85】
勝4.0% 複15.8%

ノーザンF生産馬は出走が1頭のみだった2015年を除いて毎年好走馬を輩出している。社台系以外ならビッグレッドFが【0.2.0.1】と好成績だが、今年は出走なし。

また前走新馬組で好走した馬はいずれもノーザンFか社台F生産馬で、前走未勝利組も好走した4頭中3頭がノーザンF生産馬だった。重賞初出走の組なら特に大手生産馬を重視した方がいい。

前走距離
・同距離【7.9.5.51】
勝9.7% 複29.2%
・今回延長【2.0.2.41】
勝4.4% 複8.9%
・今回短縮【1.1.3.15】
勝5.0% 複25.0%

距離延長組は不振傾向だが、中京で行われた近2年の勝ち馬は阪神1400mで行われた万両賞を勝ったマテンロウオリオン、秋明菊賞3着から巻き返したピクシーナイトだった。今年までは中京開催なので警戒しておきたい。

性別
・牡セン【8.8.10.90】
勝6.9% 複22.4%
・牝  【2.2.0.17】
勝9.5% 複19.0%

牝馬が4連対と出走がある際は押さえる必要がありそうだが、中京開催の近2年ではいずれも1番人気に推されたククナとラスールが人気を裏切って4着以下に敗れている。長い直線で待ち構える坂はスタミナを問われるため、牡馬優勢になりやすいのかもしれない。

種牡馬
・モーリス【1.2.0.1】
勝25.0% 複75.0%
・キズナ【0.0.1.2】
勝0.0% 複33.3%
・ハーツクライ【0.0.1.1】
勝0.0% 複50.0%
・ドゥラメンテ【0.0.0.4】
勝0.0% 複0.0%
・ドレフォン【0.0.0.2】
勝0.0% 複0.0%

中京開催となった近2年で2頭以上の出走があった種牡馬別成績を見てみると、モーリス産駒が好調。2021年はピクシーナイトとルークズネストのワンツー、2022年はソリタリオが2着に入った。いずれもノーザンF生産馬で、馬券に沈んだ1頭は追分F生産馬。

大物が揃うドゥラメンテ産駒だが、1頭以上で見ても父ミスタープロスペクター系が【0.0.0.8】と不調。父キングカメハメハで1番人気だったククナは4着までだった。

京都開催を含めてもロベルト系は【2.4.1.9】と安定感を示しており、出走がある際は中心視したい。

シンザン記念のデータ注目馬はクファシル。
曾祖母がエアグルーヴで半姉にローズS勝ち、秋華賞3着のアンドヴァラナウトがいる超良血だ。阪神芝1600mの新馬戦では積極的に先手を主張してハナを奪うとそのまま逃げ切って勝利した。「モーリス産駒」「1600m以上の新馬戦組」「ノーザンF生産馬」「牡馬」と好データに該当。朝日杯FS組の参戦も少なく手薄なメンバーとなった今回は十分チャンスがあるだろう。

(Text:funaki)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP