UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2022/11/08  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【福島記念(GIII)攻略データコラム】前走東京芝の4角4-9番手を通過した馬に要注目

福島記念(GIII) 3歳以上 ハンデ 福島芝2000m
※データについては過去10年分を参照した。

■人気別成績
・1番人気【2.3.3.2】
・2番人気【4.1.2.3】
・3番人気【1.2.1.6】
・4番人気【0.0.1.9】
・5番人気【1.0.1.8】
・6-9番人気【2.3.1.34】
・10番人気以下【0.1.1.67】

1番人気は【2.3.3.2】と2勝ながら、連対率50.0%、複勝率80.0%と高い水準で軸として信頼できそう。また、今回斤量減だった馬に絞ると【2.2.0.1】。斤量減の馬が1番人気に支持された場合は本命視してもよさそうだ。

2番人気は【4.1.2.3】で最多の4勝をマーク。過去5年で3勝をマークするなど、特に近年活躍しており、上位人気は信頼できそう。一方でフタ桁人気の馬が馬券に絡んだのは2度のみだが、その2頭とも単勝オッズ35倍前後だった。ハンデ戦ではあるものの50倍以上つくような大穴の好走は期待しにくいレースといえそうだ。

■斤量別成績
・53キロ以下【0.0.1.26】
 勝率0.0% 複勝率3.7%
・53.5-55キロ【6.6.3.47】
 勝率9.7% 複勝率24.2%
・55.5-57キロ【3.1.4.51】
 勝率5.1% 複勝率13.6%
・57.5-59キロ【1.3.2.5】
 勝率9.1% 複勝率54.5%

斤量別の成績で比較すると、斤量が53.5-55キロの馬が最多の6勝を挙げるなど好成績。昨年も6番人気のヒュミドールが2着に好走しており人気薄でも押さえは必須だ。

また57.5キロ以上の馬は勝ち数こそ1勝のみだが、複勝率50.0%を超えているように軸には最適か。なかでも前走2000mの距離を走っていた馬は【1.2.1.1】と抜群の成績。重ハンデ馬は前走の距離に注目したい。

■枠順
・1枠【3.1.2.14】
 勝率15.0% 複勝率30.0%
・2枠【3.0.2.15】
 勝率15.0% 複勝率25.0%
・3枠【1.1.1.17】
 勝率5.0% 複勝率15.0%
・4枠【1.1.1.17】
 勝率5.0% 複勝率15.0%
・5枠【2.4.1.12】
 勝率10.5% 複勝率36.8%
・6枠【0.1.1.18】
 勝率0.0% 複勝率10.0%
・7枠【0.2.1.17】
 勝率0.0% 複勝率15.0%
・8枠【0.0.1.19】
 勝率0.0% 複勝率5.0%

過去10年全て5枠以内から勝ち馬を出しているように内枠が有利。特に1-2枠から6頭も勝ち馬を出しており最注目といえる。特にステイゴールド系種牡馬の産駒が5枠以内に入ると【4.1.0.13】、勝率22.2%、複勝率27.8%、単勝回収率112%と活躍が目立っており、出走登録されているゴールドスミスなど該当馬が出走してくればどの枠に配置されるか注視したい。

■年齢
・3歳【2.1.1.7】
 勝率18.2% 複勝率36.4%
・4歳【3.3.3.14】
 勝率13.0% 複勝率39.1%
・5歳【3.3.1.36】
 勝率7.0% 複勝率16.3%
・6歳【2.2.3.33】
 勝率5.0% 複勝率17.5%
・7歳以上【0.1.2.38】
 勝率0.0% 複勝率7.3%

勝率トップは3歳馬。しかし馬券に絡んだのは3番人気以内の馬のみで、人気薄の激走は期待できそうにない。

もっとも複勝率が高いのは最多タイの3勝を挙げている4歳馬。昨年5番人気のパンサラッサが勝利するなど、出走がなかった2017年を除き、5年連続で連対馬を出す活躍ぶり。なかでもキャリア16-20戦の4歳馬は【3.1.1.5】、勝率30.0%、複勝率50.0%、単回収率280%と期待できる成績。一方で7歳以上の馬は未勝利であるように年を重ねるごとに好走率は低下する傾向にあると言えそう。

■前走4角位置取り別成績
4角先頭【2.1.1.13】
 勝率11.8% 複勝率23.5%
4角2番手【1.2.2.16】
 勝率4.8% 複勝率23.8%
4角3番手【2.1.0.12】
 勝率13.3% 複勝率20.0%
4角4-6番手【3.3.2.29】
 勝率8.1% 複勝率21.6%
4角7-9番手【2.1.2.24】
 勝率6.9% 複勝率17.2%
4角10番手以下【0.2.3.34】
 勝率0.0% 複勝率12.8%

直線が短く、非急坂の小回りコースのため、逃げ馬が圧倒的に有利かと思いきや、前走4角4-9番手を通過した馬の集計成績が【5.4.4.53】と5頭の勝ち馬が出ているように、差し馬が届く舞台と言えそうだ。特に前走東京芝に出走した馬に絞ると【4.0.1.17】と極めて優秀な成績。条件に合致するサトノセシルには要注意だ。

(Text:nakai)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP