UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2022/11/01  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【みやこS(GIII)攻略データコラム】前走OP特別チョイ負け組がアツい!?

みやこS(GIII) 3歳以上 別定 阪神ダ1800m
※データについては、特に記載のない限り、過去10回分を対象としている。

■人気別成績

1番人気【3.1.1.5】
2番人気【3.0.0.7】
3番人気【0.1.1.8】
4番人気【1.2.2.5】
5番人気【1.0.2.7】
6-9番人気【2.5.3.30】
10番人気以下【0.1.1.55】

1番人気の成績は勝率30%、複勝率50%とそこまで信頼が置けるものではない。一方で4番人気の複勝率は50%と1番人気に負けないくらいの成績を収めている。

また6-9番人気も複勝率は25%と狙える数字。単複回収率も100%を超えているのでマークが必要になるだろう。とはいえ10番人気以下はさすがに厳しい結果に。人気薄ならなんでも狙えるという状況ではないので注意が必要だ。

■年齢別成績

3歳【0.3.1.14】
勝率0.0%、連対率16.7%、複勝率22.2%
4歳【6.2.1.24】
勝率18.2%、連対率24.2%、複勝率27.3%
5歳【1.3.4.46】
勝率1.9%、連対率7.4%、複勝率14.8%
6歳【3.1.1.21】
勝率11.5%、連対率15.4%、複勝率19.2%
7歳以上【0.1.3.12】
勝率0.0%、連対率6.3%、複勝率25.0%

主要勢力は4歳馬。昨年も4歳馬メイショウハリオが勝利した。ダートで底を見せていないウィリアムバローズにとっては心強いデータと言える。

3歳馬は平均5.6番人気に対して、平均着順は8.1着。この時期のダート重賞で3歳馬が古馬と対等にやりあうのは少々ハードルが高い印象。

一方で、3歳で馬券に絡んだ馬を並べると、ホッコータルマエやインカンテーションなどその後も長く一線級で活躍する馬が多い。まさに試金石となる一戦。今回人気が予想されるハピやブリッツファングがどのような走りを見せてくれるか注目だ。

4歳馬に次ぐ成績なのが3勝を挙げる6歳馬。今年の特別登録馬で該当するのは今回初ダートのタガノディアマンテのみ。年齢のデータからはマークが必要だ。

またみやこSでは5歳馬の成績が振るわないのも特徴。登録している5歳馬にはアイオライトやハギノアレグリアスなど面白そうな馬も多いが年齢面は気になるデータ。

7歳以上は勝ち星こそないが複勝率はそれほど悪くない。7歳馬オメガパフュームや8歳馬クリンチャーも複軸という観点であれば十分にやれると見た。ただアタマ固定は過去の傾向も見るとややリスキーか? そのあたりはオッズと要相談だ。

■所属別成績
美浦所属馬【1.2.2.16】
勝率4.8%、連対率14.3%、複勝率23.8%
栗東所属馬【9.8.8.100】
勝率7.2%、連対率13.6%、複勝率20.0%

基本的には栗東所属馬を狙うのが鉄則。対象10回のうち、9回で栗東所属馬が勝ち切っておりアタマを狙うなら関西の馬から。一方で美浦所属馬は穴馬の台頭が多く、単勝回収率、複勝回収率はいずれも100%超。昨年もアナザートゥルースが3着に食い込み、高配当を提供した。一発狙えそうな馬がいるようなら、思い切ってバットを長く持つ手も。

■前走クラス別成績

2勝クラス【0.0.0.1】
勝率、連対率、複勝率いずれも0.0%
3勝クラス【0.2.0.13】
勝率0.0%、連対率13.3%、複勝率13.3%
OP特別【6.3.1.31】(※リステッドも含む)
勝率14.6%、連対率22.0%、複勝率24.4%
GIII【3.3.6.39】
勝率5.9%、連対率11.8%、複勝率23.5%
GII【0.0.0.5】
勝率、連対率、複勝率いずれも0.0%
GI【1.0.0.1】
勝率50.0%、連対率50.0%、複勝率50.0%
地方競馬の競走【0.2.3.27】(※格付け問わず)
勝率0.0%、連対率6.3%、複勝率15.6%

前走中央GI組はローテーションの関係でサンプル数が少ない。優勝したのはJRA主催競走として実施された2014年マイルCS南部杯からここに挑んだエスポワールシチーのみとなっている。

主力になるのは前走OP特別組と前走GIII組。特に前走OP特別組は2019年ヴェンジェンス、2020年クリンチャー、2021年メイショウハリオと3連勝中。回収率も高く、この組には注意を払っておきたい。

前走OP特別組を前走着順別で仕分けると以下の通りの成績になる。

前走1着【1.0.0.4】
勝率20.0%、連対率20.0%、複勝率20.0%
前走2着【2.1.0.2】
勝率40.0%、連対率60.0%、複勝率60.0%
前走3着【0.0.1.4】
勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率20.0%
前走4着【2.0.0.1】
勝率66.7%、連対率66.7%、複勝率66.7%
前走5着【0.0.0.2】
勝率、連対率、複勝率いずれも0.0%
前走6-9着【1.2.0.6】
勝率11.1%、連対率33.3%、複勝率33.3%
前走10着以下【0.0.0.12】
勝率、連対率、複勝率いずれも0.0%

意外なことに前走1着馬はそれほど結果を残せていない。一方で、前走2着馬や4着馬の成績が良い点には注目したい。

前走OP特別で2-4着だった馬の成績を抽出すると【4.1.1.7】で勝率30.8%、複勝率46.2%。そのうえ単勝回収率は450%、複勝回収率も167%と高回収率をマークしている。

今年の登録馬でこの条件を満たすのはウィリアムバローズ(ラジオ日本賞2着)、メイショウフンジン(ブラジルC4着)の2頭。逆襲に期待する手は有力だろう。

■種牡馬
※2017年以降の阪神ダ1800mにおけるOPクラスの競走を対象とした。

ボールドルーラー系【4.3.2.19】
勝率14.3%、連対率25.0%、複勝率32.1%
サンデーサイレンス系【6.9.8.90】
勝率5.3%、連対率13.3%、複勝率20.4%
キングマンボ系【2.1.1.19】
勝率8.7%、連対率13.0%、複勝率17.4%
ミスタープロスペクター系【3.3.1.42】(※キングマンボ系除く)
勝率6.1%、連対率12.2%、複勝率14.3%

相性が良いのがパイロやシニスターミニスターなどのボールドルーラー系。昨年のみやこSを制したメイショウハリオもパイロ産駒だった。

今年の登録馬でボールドルーラー系に該当するのはアメリカンフェイス(父Tapit)とサンライズホープ(父マジェスティックウォリアー)。高配当を連れてきてくれる可能性もありそうだ。

サンデーサイレンス系やキングマンボ系は母数を考えるとこんなもの。特段割り引く必要はないだろう。

<データからのピックアップ>
・ウィリアムバローズ
「4歳馬」「栗東所属」「前走OP特別チョイ負け」と好走条件にピッタリハマってくるのがこの馬。強力なライバルも多く中穴人気程度に収まりそうなのも好材料だ。

・メイショウフンジン
こちらも「4歳馬」「栗東所属」「前走OP特別チョイ負け」と好走条件を満たす1頭。ハナを切ったら渋太い馬で驚異的な粘り腰が武器だ。今回は有力どころに中団から競馬を進めたいタイプが多いため、前へのマークが薄くなる可能性も。そうなればチャンスありと見た。

(Text:inoue)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP