UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2022/10/25  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【スワンS(GII)攻略データコラム】穴党には魅力の前走OP特別組

スワンS(GII) 3歳以上 別定 阪神芝1400m
※例年京都芝1400mで行われるが、京都競馬場改修工事のため、昨年に続き、今年も阪神芝1400mで行われる。コース適性が問われないデータは過去10年のデータから、コースが関わるデータは牝馬限定戦を除く重賞(阪神Cと阪急杯)の2012年以降のデータから分析していく。

■人気別成績
・1番人気【3.2.1.4】
・2番人気【4.1.2.3】
・3番人気【1.1.1.7】
・4番人気【0.2.2.6】
・5番人気【0.1.0.9】
・6-9番人気【1.2.3.34】
・10番人気以下【1.1.1.63】

1番人気、2番人気の複勝率はそれぞれ60%、70%と高く、勝ち数も合わせて7勝と順当に上位人気馬が強いレース。3番人気も2年連続馬券内に絡んでおり、相手には買いたい。

続いて、6-9番人気のゾーンからは3頭の連対馬が出ているが、全頭中3週以内の出走馬だった。中穴を狙うなら休み明けの馬よりも間隔を詰めて使ってきた馬をピックアップすべき。

最後に、単勝オッズが50倍以上で馬券に絡んだのは2020年1着のカツジ(単勝143.7倍)のみで人気薄の馬より上位人気馬から組み立てたいレースと言える。

■年齢
・3歳【4.0.1.13】
 勝率22.2% 複勝率27.8%
・4歳【2.3.3.19】
 勝率7.4% 複勝率29.6%
・5歳【4.4.5.43】
 勝率7.1% 複勝率23.2%
・6歳【0.3.1.28】
 勝率0.0% 複勝率12.5%
・7歳以上【0.0.0.23】
 勝率0.0% 複勝率0.0%

複勝率ベースでは3-5歳が三つ巴だが勝率でみると3歳馬が22.2%と頭一つ抜けている。さらに4歳馬のなかでもキャリア10戦以内に限定すると【4.0.1.9】、勝率28.6%、複勝率35.7%、単勝回収率240%と、非常に信頼が置ける成績を残している。アタマを狙うならここだろう。

最多タイの4勝を挙げている5歳馬は、前走マイルから距離を短縮してきた馬が強く【3.1.2.8】、勝率21.4%、複勝率42.9%、複勝回収率127%。登録馬のなかでこれに該当するスカイグルーヴ、ロータスランドの牝馬2頭は当然マークが必要だ。


■前走クラス別成績
・3勝クラス【1.0.1.11】
 勝率7.7% 複勝率15.4%
・OP特別【3.3.1.39】
 勝率6.5% 複勝率15.2%
・GIII【2.0.2.27】
 勝率6.5% 複勝率12.9%
・GII【1.2.1.16】
 勝率5.0% 複勝率20.0%
・GI/【3.5.5.30】
 勝率7.0% 複勝率30.2%

前走クラス別成績を見てみると、前走GI組が【3.5.5.30】と最多タイの3勝を挙げており、複勝率も30.2%と好走率は高い。しかし当然と言えば当然で、勝った3頭はすべて2番人気以内であり、3着以内馬13頭中11頭は5番人気以内。

これなら前走OP特別組の方を重視すべき。特に好走率が高いのが前走、西の中央開催(阪神・京都)出走組で【3.3.1.17】、勝率12.5%、複勝率29.2%、単勝回収率696%と抜群の回収率をたたき出している。これは2020年のカツジが押し上げたともいえるが、他にも2013年1着のコパノリチャード(8番人気)や2017年2着のヒルノデイバロー(12番人気)のような穴馬の激走が多く出ており要注目だ。


■枠順
・1枠【3.5.1.31】
 勝率7.5% 複勝率22.5%
・2枠【3.1.4.32】
 勝率7.5% 複勝率20.0%
・3枠【2.5.5.29】
 勝率4.9% 複勝率29.3%
・4枠【2.1.3.34】
 勝率5.0% 複勝率15.0%
・5枠【1.2.2.37】
 勝率2.4% 複勝率11.9%
・6枠【3.2.1.36】
 勝率7.1% 複勝率14.3%
・7枠【6.1.2.43】
 勝率11.5% 複勝率17.3%
・8枠【1.4.3.46】
 勝率1.9% 複勝率14.8%

牝馬限定戦を除く重賞(阪神Cと阪急杯)の2012年以降のデータをもとにする。

全体的に外めの枠より内めの枠が有利で、特に複勝率ベースでは、外寄りの5-8枠の14.7%に対し、内寄りの1-4枠が21.7%と軸で迷った際は内枠を優先したくなる成績。やはり内回りで行われることで、内枠のアドバンテージが大きいのだろう。

ただし外枠でも7枠は最多の6勝を挙げている。特に多頭数の方が成績がよく、16頭立て以下の頭数だと【1.0.0.17】、勝率、複勝率5.6%、単勝回収率36%であるのに対して17頭立て以上だと【5.1.2.26】、勝率14.7%、複勝率23.5%、単勝回収率173%。多頭数になると内枠は包まれてしまうなど不利を受けやすくなるためか。多頭数になりそうな今回は7枠に注目だ。

(Text:nakai)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP