UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2022/10/11  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【秋華賞(GI)攻略データコラム】4年連続勝利しているオークス組に注目

秋華賞(GI) 3歳牝馬 馬齢 阪神芝2000m
※例年、京都芝2000mで行なわれているレースだが、昨年と同様に今年も阪神芝2000mで代替施行されるので、コース適性に即したデータは阪神芝2000mのデータを参考にする。

■人気別成績
・1番人気【4.1.0.5】
・2番人気【0.4.0.6】
・3番人気【4.0.2.4】
・4番人気【2.2.1.5】
・5番人気【0.2.1.7】
・6-9番人気【0.0.4.36】
・10番人気以下【0.1.2.82】

1番人気と3番人気の成績はほぼ互角で、それぞれ4勝ずつを挙げている。また、4番人気も過去5年で2勝、2着1回と活躍しており、基本的に上位人気馬は信頼しやすいレースと言える。

一方2番人気は3番人気よりも大きく劣る成績で1勝も挙げられていない。あわせて考えると、馬券の軸としては1,3,4番人気のいずれかを検討したいところ。

6番人気以下からは勝ち馬が出ておらず、連対したのは、2020年に10番人気ながら2着に健闘したマジックキャッスルのみ。基本的には荒れるレースではないということは覚えておきたい。

■前走クラス別成績
・条件戦/【0.2.3.24】
 勝率0.0% 複勝率17.2%
・OP特別/【1.0.0.18】
 勝率5.3% 複勝率5.3%
・GIII/【2.4.0.32】
 勝率5.3% 複勝率15.8%
・GII/【3.4.7.57】
 勝率4.2% 複勝率19.7%
・GI/【4.0.0.14】
 勝率22.2% 複勝率22.2%

前走のクラス別成績を見ると、GI組、すなわちオークス組が最多の4勝を挙げている。2018年から4年連続で勝利しており、今年もチェックが必須だ。なかでもオークスで3着以内かつキャリア6戦以内の馬は【4.0.0.2】と勝率が高く、単勝回収率も308%と馬券妙味は抜群だ。牝馬3冠がかかるスターズオンアースはキャリアが7戦。オークス3着でキャリア6戦のナミュールの逆転も十分考えられそうだ。

また、前走がGII、GIII組で連対した13頭についても全て前走5着以内から。近走の実績重視で正解と言えそうだ。

■前走着順
・前走1着/【4.4.4.37】
 勝率8.2% 複勝率24.5%
・前走2着/【4.1.1.17】
 勝率17.4% 複勝率26.1%
・前走3着/【1.2.2.15】
 勝率5.0% 複勝率25.0%
・前走4-9着/【1.3.2.46】
 勝率1.9% 複勝率11.5%
・前走10着以下/【0.0.1.29】
 勝率0.0% 複勝率3.3%

前述にあるように、前走1着馬が4勝2着4回、2着馬は4勝2着1回と前走で好走した馬が連続で好走する傾向。回収率でみると1着馬は単勝回収率21%に対し2着馬は123%とプラス収支を計上。前走2着馬に馬券妙味がありそう。

なかでも当日プラス体重の馬は【0.0.1.7】に対し、マイナス体重か増減なしの馬が【4.1.0.10】。昨年4番人気で勝利したアカイトリノムスメも当日2キロ減での出走だったように当日の増減に注目したい。

■枠順
・1枠【11.12.10.62】
 勝率11.6% 複勝率34.7%
・2枠【6.10.6.75】
 勝率6.2% 複勝率22.7%
・3枠【10.6.9.76】
 勝率9.9% 複勝率24.8%
・4枠【8.11.11.75】
 勝率7.6% 複勝率28.6%
・5枠【8.6.15.84】
 勝率7.1% 複勝率25.7%
・6枠【16.11.13.89】
 勝率12.4% 複勝率31.0%
・7枠【15.15.11.103】
 勝率10.4% 複勝率28.5%
・8枠【11.12.9.125】
 勝率7.0% 複勝率20.4%

これ以降はコース適性に依拠する項目となるので、阪神芝2000m・2勝クラス以上の近5年データ(2017年12月2日-2022年6月19日)を元に、傾向を分析していく。

1-4枠を内枠、5-8枠を外枠と大きく分けると、内枠は勝率8.8%、複勝率27.6%、単勝回収率96%。外枠は勝率9.2%、複勝率26.2%、単勝回収率77%と大きく分けると内外で有利不利は少ないと言えそう。

しかし馬場状態別でみると傾向があって、良馬場開催だと内枠が好成績で勝率9.5%、複勝率27.1%、単勝回収率93%。良馬場で行われた2020年の鳴尾記念や2019年の大阪杯では、4枠以内の馬でワンツースリー決着だった。

逆に稍重以上の馬場だと外枠が勝率11.8%、複勝率25.5%、単勝回収率176%と抜群の成績を挙げている。昨年の重馬場で行われた大阪杯を4番人気で勝利したレイパパレや、一昨年の稍重開催のマーメイドSで7番人気の伏兵サマーセントが勝ち切ったように馬場が渋れば外枠に注意が必要だ。当日の馬場状態は要チェック。

■馬体重
・439キロ以下【7.9.7.82】
 勝率6.7% 複勝率21.9%
・440-459キロ【14.18.17.104】
 勝率9.2% 複勝率32.0%
・460-479キロ【26.24.23.189】
 勝率9.9% 複勝率27.9%
・480-499キロ【21.18.20.165】
 勝率9.4% 複勝率26.3%
・500-519キロ【12.10.11.109】
 勝率8.5% 複勝率23.2%
・520キロ以上【5.4.6.40】
 勝率9.1% 複勝率27.3%

馬体重別のデータをみると、440-459キロのゾーンが複勝率32%ともっとも高かった。またフルゲートの16頭立てのレースに絞ると、440-479キロのゾーンが【6.7.4.61】、勝率7.7%、複勝率21.8%、単勝回収率155%と優れた成績を残している。阪神芝2000mは内回りで行われるため、先行できるスピードと器用さが求められ、中型馬が走りやすいコースと言えそう。

(Text:nakai)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP