UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2022/09/13  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【セントライト記念(GII)攻略データコラム】馬体重520キロ以上なら複勝率40%超!

セントライト記念(GII) 3歳 馬齢 中山芝2200m

■人気
・1番人気/【4.3.0.3】
 勝率40.0% 複勝率70.0%
・2番人気/【1.3.1.5】
 勝率10.0% 複勝率50.0%
・3番人気/【1.0.3.6】
 勝率10.0% 複勝率40.0%
・4-6番人気/【3.1.4.22】
 勝率10.0% 複勝率26.7%
・7-9番人気/【1.2.0.27】
 勝率3.3% 複勝率10.0%
・10番人気以下/【0.1.2.58】
 勝率0.0% 複勝率4.9%

1番人気は【4.3.0.3】で複勝率70%と優秀。昨年の1番人気タイトルホルダーは13着と大敗してしまっているが、2016年から2020年にかけて5年連続で連対している。なお、単勝回収率も100%超をマークしているなど配当妙味も十分。軸として最適だろう。

以下、2番人気は【1.3.1.5】、3番人気は【1.0.3.6】、4番人気は【2.0.1.7】、5番人気【0.1.1.8】、6番人気【1.0.2.7】となっており、馬券圏内はほぼ6番人気以下で占めているように、基本的には荒れるレースではないということは覚えておきたい。

■前走レース別成績
・日本ダービー/【6.5.4.21】
 勝率16.7% 複勝率41.7%
・ラジオNIKKEI賞/【2.1.1.11】
 勝率13.3% 複勝率26.7%
・1勝クラス/【1.0.2.39】
 勝率2.4% 複勝率7.1%
・2勝クラス/【1.4.0.26】
 勝率3.2% 複勝率16.1%

前走のレース別成績を見てみると、主力は日本ダービー組の【6.5.4.21】。出走頭数は多いものの複勝率40%超は立派な成績。なお、前走日本ダービー組で当日1番人気なら【4.2.0.3】で連対率67%と抜群の信頼度を誇るが、当日2番人気以下では【2.3.4.18】で連対率19%と一気に数字が落ちてしまう。消しとまではいかないが、当日の人気には注視すべきだろう。

次いで【2.1.1.11】のラジオNIKKEI賞組。昨年はラジオNIKKEI賞で12着と大敗していた9番人気のアサマノイタズラが勝利しており、着順関係なく狙える。

前走条件戦組は【2.4.2.67】でオープン組と比べると見劣りは明らか。中には前走2勝クラス1着馬、前走3勝クラス好走馬も含まれており、上がり馬の過信は禁物だ。

■馬体重
・459キロ以下/【0.1.0.26】
 勝率0.0% 複勝率3.7%
・460-479キロ/【3.2.3.44】
 勝率5.8% 複勝率15.4%
・480-499キロ/【4.4.6.32】
 勝率8.7% 複勝率30.4%
・500-519キロ/【1.2.1.15】
 勝率5.3% 複勝率21.1%
・520キロ以上/【2.1.0.4】
 勝率28.6% 複勝率42.9%

馬体重毎に成績を見てみると、459キロ以下が【0.1.0.26】で勝率0.0%、複勝率3.7%。460-479キロが【3.2.3.44】で勝率5.8%、複勝率15.4%と小柄な馬が苦戦しているのに対し、480-499キロが【4.4.6.32】で勝率8.7%、複勝率30.4%、500-519キロの馬が【1.2.1.15】で勝率5.3%、複勝率21.1%と馬体重があればあるほど好走率が高くなっている。

特に注目すべきは520キロ以上の大型馬。サンプル数は少ないものの【2.1.0.4】で勝率28.6%、複勝率42.9%とかなりの好走率をマーク。今年の登録馬で前走520キロ以上だった馬はベジャールのみ。前走の大敗で人気を落とすのであれば積極的に狙っていきたい。

■枠順
・1枠【0.2.1.10】
 勝率0.0% 複勝率23.1%
・2枠【2.0.3.12】
 勝率11.8% 複勝率29.4%
・3枠【3.1.0.14】
 勝率16.7% 複勝率22.2%
・4枠【2.1.0.15】
 勝率11.1% 複勝率16.7%
・5枠【1.1.1.17】
 勝率5.0% 複勝率15.0%
・6枠【1.0.2.17】
 勝率5.0% 複勝率15.0%
・7枠【1.3.2.16】
 勝率4.5% 複勝率27.3%
・8枠【0.2.1.20】
 勝率0.0% 複勝率13.0%

毎年フルゲートになりやすいレースではないが、それでも重要なのが枠番。データが示すように内枠の勝率、複勝率が高く、1着馬10頭中7頭が4枠より内の馬。例年、野芝の2週目施行ゆえ内有利が明確に出ている。

また、8枠は過去10年で未勝利。昨年も3番人気グラティアスが9着に敗れ、2013年には2番人気の支持を受けたケイアイチョウサンが5着と馬券圏外。有力馬が外枠に入ってしまったら軽視する手もあるだろう。

(Text:nishidate)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP