UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2022/08/30  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【札幌2歳S(GIII)攻略データコラム】3年連続で馬券圏内好走中の「当日5番人気」に注目!

札幌2歳S(GIII) 2歳 馬齢 札幌芝1800m
※データについては過去10年分を対象として分析している。

■人気
・1番人気/【2.2.2.4】
 勝率20.0% 複勝率60.0%
・2番人気/【3.0.1.6】
 勝率30.0% 複勝率40.0%
・3番人気/【1.1.0.8】
 勝率10.0% 複勝率20.0%
・4-6番人気/【4.5.2.19】
 勝率13.3% 複勝率36.7%
・7-9番人気/【0.0.5.25】
 勝率0.0% 複勝率16.7%
・10番人気以下/【0.2.0.40】
 勝率0.0% 複勝率4.8%

1番人気は【2.2.2.4】で連対率60%と悪くはないが勝ち切ることは少ないので頭で狙うのは危険。対して2番人気は【3.0.1.6】と1番人気を上回る勝利数をマークしている。一方、3番人気は【1.1.0.8】と苦戦傾向にあり、昨年も3番人気のリューベックが6着と掲示板を外している。

なかでも注目したいのは、目下3年連続で馬券圏内に好走している5番人気。【3.1.1.5】で複勝率も50%と高水準だから軸として買うのも手だろう。3桁配当も3回あるが、2度の万馬券が出ていることもあり、馬連平均配当は6625円と高めになっている。

■前走ステップ別成績

・新馬戦/【7.4.7.55】
 勝率9.6% 複勝率24.7%
・未勝利/【2.2.0.21】
 勝率8.0% 複勝率16.0%
・OP(リステッド含む)/【1.4.3.21】
 勝率3.4% 複勝率27.6%
・GIII/【0.0.0.3】
 勝率0.0% 複勝率0.0%

前走ステップ別成績を見てみると、出走頭数の半数を占める前走新馬戦組が【7.4.7.55】で最多の7勝を挙げ、馬券圏内に18頭好走している。新馬戦の内訳を確認すると、北海道デビュー組が【3.2.6.38】で、北海道以外でデビューした馬が【4.2.1.17】。複勝率は小差だが、連対率は前者が10%、後者が25%となっており、北海道以外のコースでデビューした馬が優勢。また、3着以内18頭中13頭は前走が上がり最速の末脚を繰り出しており、東京、阪神、新潟デビューかつ前走上がり最速なら【4.0.0.3】で期待できる数字となっている。

その他のステップは未勝利組が【2.2.0.21】で複勝率が16%とやや低めの数字。GIII組は【0.0.0.3】といまだ馬券に絡んだことがない。OP特別組は【1.4.3.21】で複勝率は27.6%となっており、クローバー賞組が【1.1.1.7】、コスモス賞組が【0.3.2.13】で、複勝率はそれぞれ30%、28%という成績。昨年もコスモス賞を勝利していたトーセンヴァンノが5番人気ながら3着に健闘しているだけに人気を落としているようなら狙いどころだろう。

■調教師分類別成績

・美浦/【6.5.4.48】
勝率9.5% 複勝率23.8%
・栗東/【3.4.5.50】
勝率4.8% 複勝率19.4%
・地方/【1.1.1.4】
勝率14.3% 複勝率42.9%

調教師分類別の成績を見てみると、美浦所属の調教師が【6.5.4.48】で、勝率9.5%、複勝率23.8%で最多の6勝をマーク。それに対し栗東所属調教師が【3.4.5.50】で勝率4.8%、複勝率19.4%と数値を落としている。先週の新潟2歳Sとは異なり「東高西低」の風潮が強い。

■前走距離別成績

・前走1200m/【0.0.0.8】
 勝率0.0% 複勝率0.0%
・前走1500m/【1.2.1.14】
 勝率5.6% 複勝率22.2%
・前走1600m/【2.0.0.6】
 勝率25.0% 複勝率25.0%
・前走1800m/【7.8.9.68】
 勝率7.6% 複勝率26.1%
・前走2000m/【0.0.0.1】
 勝率0.0% 複勝率0.0%

前走距離別の成績を見てみると、馬券の大半を占めているのが【7.8.9.68】の前走1800m組。その内訳は新馬組【5.4.7.39】、未勝利組【2.1.0.16】、OP特別組【0.3.2.13】となっている。1800mの新馬組が優勢となっているが、当日1番人気または2番人気になれば複勝率はグンと跳ね上がる。当日のオッズには注視したい。

次位は2勝をマークしている1600m組。【2.0.0.6】という成績なだけに頼りないが、単勝回収率270%、複勝回収率も111%と妙味は十分。狙ってみる価値はありそう。

(Text:nishidate)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP