UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2022/05/03  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【NHKマイルC(GI)攻略データコラム】叩いて良化のダイワメジャー産駒が強い!

NHKマイルC(GI) 3歳 定量 東京芝1600m
※過去10年分のレースデータを基に分析する。

■人気別成績
・1番人気【3.1.1.5】
勝率30.0% 複勝率50.0%
・2番人気【3.2.1.4】
勝率30.0% 複勝率60.0%
・3番人気【1.1.0.8】
勝率10.0% 複勝率20.0%
・4番人気【0.1.0.9】
勝率0.0% 複勝率10.0%
・5番人気【0.0.0.10】
勝率0.0% 複勝率0.0%
・6-9番人気【2.2.5.31】
勝率5.0% 複勝率22.5%
・10番人気以下【1.3.3.83】
勝率1.1% 複勝率7.8%

1、2番人気がともに3勝を挙げ複勝率もそれぞれ50.0%、60.0%と堅実。3番人気は1勝を挙げているものの複勝率20.0%と信頼度は低め。6-9番人気からも好走馬が多く出ており、5年連続で馬券圏内に好走し波乱を巻き起こしている。予想の際は6-9番人気の中穴馬にもチェックが必要だ。

■キャリア
・3戦/【2.2.1.9】
 勝率14.3% 複勝率35.7%
・4戦/【0.3.0.23】
 勝率0.0% 複勝率11.5%
・5戦/【2.4.4.30】
 勝率5.0% 複勝率25.0%
・6戦/【4.0.3.27】
 勝率11.8% 複勝率20.6%
・7戦以上/【2.1.2.61】
 勝率3.0% 複勝率7.6%

勝率、複勝率ともにキャリア3戦馬がトップ。またキャリア6戦馬が最多の4勝を挙げており、20年のラウダシオン(9番人気1着)など人気薄の激走が多いのが特徴だ。回収率で見ても単勝回収率144%、複勝回収率120%と馬券妙味があり、当日人気がない馬でも狙ってみても面白い。

☆キャリア3戦⇒該当馬なし
☆キャリア6戦⇒オタルエバー、ソリタリオ、ディオ、デルマグレムリン

■前走クラス
・1勝クラス/【0.0.0.4】
 勝率0.0% 複勝率0.0%
・OP特別/【0.2.0.22】
 勝率0.0% 複勝率8.3%
・GIII/【2.4.5.46】
 勝率3.5% 複勝率19.3%
・GII/【4.1.4.56】
 勝率6.2% 複勝率13.8%
・GI/【4.3.1.22】
 勝率13.3% 複勝率26.7%

サンプル数は少ないものの前走条件戦組は馬券絡みなし。前走OP特別組も2着2回だけで、馬券は重賞組が中心となる。

重賞組ではGI組が勝率、複勝率ともにトップと成績がよく、3年連続連対中。なかでも、前走で2-5着だと【4.1.0.3】単勝回収率235%、複勝回収率120%と前走GIで惜敗した馬の巻き返すケースが目立つ。

GII組では前走ニュージーランドT組からの参戦が多い。なかでもこのローテのねらい目は前走で7-8枠から出走した馬で【2.0.1.12】単勝回収率314%、複勝回収率94%と高い回収率を誇る。今年はデルマグレムリンが前走のニュージーランドTで8枠から出走しており、この好走データに合致するため注目したい。

GIII組ではファルコンS組とアーリントンC組からの参戦が多く、特に好走例の多いファルコンSからねらい目の馬をピックアップしていきたい。好走馬のほとんどは馬格のある馬で、前走出走時の体重が480キロ以上の馬は【1.1.0.5】単勝回収率422%、複勝回収率188%。今年は前走体重が494キロのプルパレイのみこの好走データに合致しており期待できそうだ。

☆前走GI組でかつ2-5着⇒セリフォス
☆前走ニュージーランドT組でかつ前走7-8枠⇒デルマグレムリン
☆前走ファルコンS組でかつ前走体重が480キロ以上⇒プルパレイ

■枠順
・1枠/【0.1.1.18】
 勝率0.0% 複勝率10.0%
・2枠/【1.1.0.18】
 勝率5.0% 複勝率10.0%
・3枠/【1.1.2.16】
 勝率5.0% 複勝率20.0%
・4枠/【2.0.1.17】
 勝率10.0% 複勝率15.0%
・5枠/【1.3.1.15】
 勝率5.0% 複勝率25.0%
・6枠/【2.0.3.15】
 勝率10.0% 複勝率25.0%
・7枠/【1.1.0.28】
 勝率3.3% 複勝率6.7%
・8枠/【2.3.2.23】
 勝率6.7% 複勝率23.3%

全体的に中枠から外枠にかけて好走率が高く、特に4-6枠の成績が【5.3.5.47】勝率8.3%、複勝率21.7%、単勝回収率141%、複勝回収率109%と高く出ている。最後の直線が長くハイペースになりやすいため外差しが多くなるのだろう。

また8枠も複勝率が高く、中でも前走上がり3F2位以内の馬が8枠に入ると【1.2.1.4】勝率12.5%、複勝率50.0%、単勝回収率72%、複勝回収率315%。19年のケイデンスコール(14番人気2着)や18年のレッドヴェイロン(9番人気3着)など人気薄の好走馬を複数出しており、包まれにくい外枠の方が力を出しやすい傾向にありそうだ。

■脚質
・逃げ/【3.1.1.5】
 勝率30.0% 複勝率50.0%
・先行/【2.3.2.35】
 勝率4.8% 複勝率16.7%
・差し/【3.4.7.62】
 勝率3.9% 複勝率18.4%
・追込/【2.2.0.47】
 勝率3.9% 複勝率7.8%

逃げ馬の成績が抜群によい。勝率30.0%、複勝率50.0%と2回に1回馬券になっており逃げ切りが決まりやすい傾向。しかし逃げが有利なことは間違いなさそうだが、連対している4頭はすべて1番人気馬で、馬券妙味は見込めなさそう。

また、前走速い上がりを出しながら敗れた馬が好走している点にも注目したい。前走2着以下に敗れながら上がり3Fが5位以内だった馬は【5.4.6.49】勝率7.8%、複勝率23.4%、単勝回収率84%、複勝回収率134%。前走のレースぶりや当日の枠順などを考慮し、速い上がりを使いそうな馬を選びたい。

☆前走2着以下かつ上がり3Fが5位以内⇒インダストリア、オタルエバー、セリフォス、ソネットフレーズ、タイセイディバイン、ディオ、ドーブネ、マテンロウオリオン

■種牡馬
・ダイワメジャー/【3.1.2.10】
 勝率18.8% 複勝率37.5%
・ディープインパクト/【2.1.0.16】
 勝率10.5% 複勝率15.8%
・クロフネ/【2.1.0.5】
 勝率25.0% 複勝率37.5%
・リアルインパクト/【1.0.0.1】
 勝率50.0% 複勝率50.0%
・スズカフェニックス/【1.0.0.1】
 勝率50.0% 複勝率50.0%
・Kingman/【1.0.0.0】
 勝率100.0% 複勝率100.0%
・ロードカナロア/【0.1.0.9】
 勝率0.0% 複勝率10.0%
・キングカメハメハ/【0.0.2.4】
 勝率0.0% 複勝率33.3%
・モーリス/【0.0.0.2】
 勝率0.0% 複勝率0.0%
・ルーラーシップ/【0.0.0.2】
 勝率0.0% 複勝率0.0%
・リオンディーズ/【0.0.0.1】
 勝率0.0% 複勝率0.0%
・エピファネイア/【0.0.0.1】
 勝率0.0% 複勝率0.0%

登録馬の父を中心に種牡馬成績を調べてみた。マイルGIだけあってダイワメジャー産駒がディープインパクトを押さえ最多の3勝をマーク。なかでも中3週以内に出走してくると【3.1.1.5】勝率30.0%、複勝率50.0%、単勝回収率103%、複勝回収率102%と良績だ。今年は2頭のダイワメジャー産駒が出走を予定しているが、特に中3週で叩いた良化が見込めるマテンロウオリオンに期待したい。

出走数最多を誇るディープインパクト産駒も2勝をマークするなど、なかなかの成績。さらにリアルインパクト産駒のラウダシオンも20年に9番人気で勝利しておりディープ系は相性が良さそうだ。またディープ系の馬は、外枠で好走例が多く、5枠より外枠で出走すると【3.2.0.10】勝率20.0%、複勝率33.3%、単勝回収率295%、複勝回収率124%と抜群の成績。今年は、ディープ産駒のドーブネ、ディーマジェスティ産駒のデルマグレムリンの2頭が登録しており、出走してくれば枠順に注目したい。

☆ダイワメジャー産駒⇒セリフォス、マテンロウオリオン
☆ディープインパクト系種牡馬⇒ドーブネ、デルマグレムリン

(Text:nakai)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP