UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2022/01/25  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【根岸S(GIII)攻略データコラム】高齢馬の激走で配当妙味あり

根岸S(GIII) 4歳上 別定 東京ダ1400m
※東京ダ1400mで行われた過去10年のデータをもとに分析する。

■全体傾向
・人気
------------------------------
1人気【4.3.0.3】勝40.0% 連70.0% 複70.0%
2人気【1.1.2.6】勝10.0% 連20.0% 複40.0%
3人気【1.2.0.7】勝10.0% 連30.0% 複30.0%
4人気【2.0.1.7】勝20.0% 連20.0% 複30.0%
5人気【1.0.3.6】勝10.0% 連10.0% 複40.0%
6-10人気【1.4.3.42】勝2.0% 連10.0% 複16.0%
11人気以下【0.0.1.56】勝0.0% 連0.0% 複1.8%
------------------------------
1番人気の信頼度が高い重賞。6-10番人気も絡むことがままあり、10番人気は【0.1.2.7】と妙味がある。昨年は優勝したのが1番人気のレッドルゼルだったが、2着に10番人気のワンダーリーデルが入り、配当が上がった。これまでも上位人気2頭+人気薄の結果が多い。

たたし、馬連平均は3635円だが3桁配当が2回。3連複平均は1万6063円で、大波乱までは期待できないか。2012年を除くと堅め決着の傾向が強く、「上位人気2頭+人気薄」の取捨が重要となる。

・枠
------------------------------
1枠【0.2.3.14】勝0.0% 連10.5% 複26.3%
2枠【2.1.0.16】勝10.5% 連15.8% 複15.8%
3枠【2.3.1.14】勝10.0% 連25.0% 複30.0%
4枠【1.1.2.16】勝5.0% 連10.0% 複20.0%
5枠【1.2.0.17】勝5.0% 連15.0% 複15.0%
6枠【2.0.1.17】勝10.0% 連10.0% 複15.0%
7枠【0.1.3.16】勝0.0% 連5.0% 複20.0%
8枠【2.0.0.17】勝10.5% 連10.5% 複10.5%
------------------------------
枠による有利不利はほぼないが、内か外なら内めの枠が優勢で脚質問わずに好走している。

8枠は不振に映るが上位人気馬が少ないので仕方なさそう。ただ外々を回される場合はきついので、実力ある先行馬か追い込んで馬群の間から抜け出せる馬といった極端な競馬が求められる側面もある。

・年齢
------------------------------
4歳【2.2.0.9】勝15.4% 連30.8% 複30.8%
5歳【3.3.1.22】勝10.3% 連20.7% 複24.1%
6歳【4.2.4.35】勝8.9% 連13.3% 複22.2%
7歳【1.1.1.30】勝3.0% 連6.1% 複9.1%
8歳【0.2.4.18】勝0.0% 連8.3% 複25.0%
------------------------------
若いほど好走率が高くなるが、注意したいのは8歳馬。人気薄での好走が多く穴を開ける。昨年2着のワンダーリーデル、20年3着のスマートアヴァロン、16年は2、3着が8歳馬だった。今年は高齢馬が多いので取捨に気をつけたい。

・前走クラス
------------------------------
未勝利【0.0.0.1】勝0.0% 連0.0% 複0.0%
3勝【0.0.0.5】勝0.0% 連0.0% 複0.0%
OP特別【2.5.2.43】勝3.8% 連13.5% 複17.3%
リステッド【0.0.1.8】勝0.0% 連0.0% 複11.1%
GIII【5.3.2.29】勝12.8% 連20.5% 複25.6%
GII【0.0.0.2】勝0.0% 連0.0% 複0.0%
GI 【3.1.3.13】勝15.0% 連20.0% 複35.0%
地方【0.1.2.26】勝0.0% 連3.4% 複10.3%
※記載なしは未出走。
------------------------------
最も好走率が高いのがGI組。中でも6歳馬に限ると【2.1.2.3】で好成績。昨年は3着にタイムフライヤー、59キロを背負ったアルクトスも4着と恥じない競馬をした。

★前走GIの6歳馬★
該当なし

GIII組はカペラS【2.2.1.23】と武蔵野S【3.1.1.4】が馬券絡みあり。武蔵野Sは相性の良いレースで、直行ローテでなくても狙える。先に記述した昨年のワンダーリーデルとタイムフライヤー、19年は2着のユラノトと3着のクインズサターン、18年は1-3着馬全て武蔵野Sに出走していた。前年に武蔵野Sへ出走していた馬がいれば要チェック。

★前年の武蔵野S出走★
ソリストサンダー、タガノビューティー、テイエムサウスダン、リアンヴェリテ
ただ、根岸Sで逃げた馬の成績は【0.0.0.10】で前走逃げた馬も【0.0.0.9】。リアンヴェリテには厳しいデータがある。

OP特別組ではギャラクシーS【2.2.0.5】、ファイナルS【0.1.1.4】、師走S【0.1.1.0】の相性がいい。上記のレースで3着以内に限れば【2.4.2.3】で複勝率72.7%。こちらも該当する馬がいれば要チェックだ。

★前走ギャラクシーSかファイナルSか師走Sで3着以内★
タガノビューティー

■4歳馬の取捨
好走率が高い4歳馬【2.2.0.9】より、馬券になった4頭の共通点を探ってみる。

●前走3F上がり5位以内
【2.2.0.3】
ある程度速い上がりが使える馬。

●前走馬体重480-539キロ
【2.2.0.5】
480キロ以上で馬格のある馬。

●ダート重賞3着以内の実績あり
【2.2.0.2】
Jpnを除くダート重賞で3着以内の実績がある馬。
馬券外に沈んだ2頭は20年5着のワイドファラオと、競走中止となってしまったストローハット。

☆今年の該当馬☆
サヴァ
前走上がり5位以内ではなかったが、ユニコーンSは2着に好走しているサヴァなら可能性がありそう。
クロパラントゥは6連勝中で勢いはあるが重賞経験はない。経験がものをいうダートで簡単には好走できないだろう。ゲンパチフォルツァは昨年ユニコーンSで大敗しており、そこから大きく変わった様子もない。今年の4歳勢はどちらも厳しそうだ。

■5歳馬の取捨
4歳馬に続いて好走率の高い5歳馬【3.3.1.22】よりピックアップしていく。

(1)前走勝ちまたは0秒2差以内の負け
【3.3.1.9】勝18.8% 連37.5% 複43.8%
前走で勝った馬か僅差で負けた馬が好走傾向。

(2)さらに中4-8週
【3.2.1.2】勝37.5% 連62.5% 複75.0%
空き過ぎず、詰まり過ぎないローテーションが良い。

(3)さらに当日5番人気以内
【3.2.1.1】勝42.9% 連71.4% 複85.7%
当日上位人気に推される馬であれば信頼度がかなり高い。
単複回収値は261/158。

☆今年の該当馬☆
タガノビューティー(想定2番人気)


■6歳馬の取捨
ダートにおける完成期に入る6歳馬【4.2.4.35】からピックアップしていく。

(1)前走重賞(地方除く)
【3.2.2.11】勝16.7% 連27.8% 複38.9%
地方重賞組は【0.0.1.6】で、12年3着だったテスタマッタ以降、馬券絡みがない。
その他で馬券に絡んだ2頭は相性の良いOP特別のギャラクシーS組と師走S組。

(2)さらに前走9着以内
【2.2.2.7】勝15.4% 連30.8% 複46.2%
重賞でフタ桁着順だった馬は厳しい傾向。
前走フタ桁着順から巻き返して勝利したのは1頭のみで、前走がマイルCSでダート初出走だったモズアスコット。この馬に関しては例外と見ていいだろう。

(3)さらに前年の武蔵野Sに出走した馬
【2.1.2.3】勝25.0% 連37.5% 複62.5%
直行組でなくても相性の良い武蔵野Sを出走していた馬であれば堅実。馬券外もすべて掲示板内だった。
単複回収値は173/116。
☆今年の該当馬☆
なし

■高齢馬の取捨
9歳以上は馬券絡みなし、完熟期を迎える歴戦の古馬・7歳馬と8歳馬【1.3.5.48】からピックアップしていく。

(1)前走馬体重500-539キロ
【0.3.4.27】勝0.0% 連8.8% 複20.6%
高齢かつ大型馬が好走傾向。

(2)さらに前走中山以外で今回距離短縮か同距離
【0.3.4.15】勝0.0% 連13.6% 複31.8%
前走中山を使うローテは【0.0.0.9】で、距離延長組は【0.0.0.3】だった。

(3)さらに母父の系統がナスルーラ系、ミスプロ系、ロベルト系、サンデ系のいずれか
【0.3.4.9】勝0.0% 連18.8% 複43.8%
単複回収値は0/266。

☆今年の該当馬☆
サクセスエナジー


よって、データから導き出された根岸Sは

■全体傾向から押さえるべき馬は、タガノビューティー、ソリストサンダー、テイエムサウスダン

■4歳馬から狙うべき馬は、サヴァ

■5歳馬から狙うべき馬は、タガノビューティー

■6歳馬は、今年は軽視

■7歳以上の穴候補は、サクセスエナジー


となった。

データからハマる馬は少なく、拮抗気味な様子。明け7歳でソリストサンダーが重賞2勝目を挙げるのか、タガノビューティーが重賞初制覇なるかに注目したい。

(Text:funaki)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP