UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2021/12/21  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【阪神C(GII)攻略データコラム】1番人気には要注意 マイルCS大敗組と社台系生産馬のリピーターに注目

阪神C(GII) 3歳以上 定量 芝1400m
※阪神芝1400mで行われた過去10年のデータをもとに分析する。


■全体傾向
・人気と配当
--------------------
1人気【1.0.2.7】勝10.0% 連10.0% 複30.0%
2人気【1.2.1.6】勝10.0% 連30.0% 複40.0%
3人気【2.2.1.5】勝20.0% 連40.0% 複50.0%
4人気【2.0.0.8】勝20.0% 連20.0% 複20.0%
5人気【0.2.2.6】勝0.0% 連20.0% 複40.0%
6-9人気【3.2.1.34】勝7.5% 連12.5% 複15.0%
10人気以下【1.2.3.76】勝1.2% 連3.7% 複7.3%
--------------------
1番人気は人気を裏切るケースが多く、唯一の勝利はグランアレグリア。3着2回は昨年のインディチャンプ、15年のビッグアーサー。グランアレグリア級で1番人気に支持されれば信用してもよさそうだが…そこまでの馬はなかなか現れないので今年も1番人気には注意すべきだろう。

ただ上位人気をまとめて見れば6勝で勝率は高い。単勝配当は1000円前後が多く、一発狙ってみても面白そう。馬連平均は7771円で万馬券が4回、三連複平均2万9560円で万馬券が7回、三連単平均19万1232円で10万越えの6桁配当が5回というほぼ毎年波乱の結果になる。穴党にとっては腕が鳴るレースだ。

・前走クラス
--------------------
3勝【0.0.0.6】勝0.0% 連0.0% 複0.0%
OP特別【2.1.1.34】勝5.3% 連7.9% 複10.5%
リステッド【0.0.0.10】勝0.0% 連0.0% 複0.0%
GIII【1.1.2.28】勝3.1% 連6.3% 複12.5%
GII【2.0.1.14】勝11.8% 連11.8% 複17.6%
GI【5.7.6.48】勝7.6% 連18.2% 複27.3%
--------------------
高配当が期待できるレースである一方、前走GI組が堅実。マイルCSでフタ桁着順からの巻き返しが多々あるので、大敗した馬も軽視はできない。

前走3勝クラスからは過去には3歳時にモズアスコットが出走して1番人気に支持されるが4着。リステッド組も未だ馬券絡みなしで消しでよさそう。

・生産者
--------------------
ノーザンF【4.1.1.16】勝18.2% 連22.7% 複27.3%
白老F【3.1.1.8】勝23.1% 連30.8% 複38.5%
社台F【1.0.4.20】勝4.0% 連4.0% 複20.0%
追分F【0.0.1.1】勝0.0% 連0.0% 複50.0%
その他【2.8.3.97】勝1.8% 連9.1% 複11.8%
--------------------
社台系とその他生産者で分類すると、社台系生産馬で2回以上の出走がある馬が13頭。うち6頭は3着以内1回以上の結果を残しており、過去にはサンカルロやリアルインパクト、イスラボニータなどがいる。勝機がありそうな社台系生産馬が好んで使うローテーションの可能性がある。

☆社台系生産馬のリピーター☆
サウンドキアラ、ダノンファンタジー

■前走マイルCS組
前走GI【5.7.6.48】のうちマイルCS組は【3.5.5.33】と主力部隊。
ここからピックアップしていきたい。

(1)前走5人気以内か10番人気以下
【3.4.4.24】勝8.6% 連20.0% 複31.4%
マイルCSで上位人気に推された馬か低評価を食らった馬が好走しやすい。

(2)さらに前走初角2-10番手
【2.4.3.15】勝8.3% 連25.0% 複37.5%
マイルCSで逃げた馬や中団以降にいた馬は凡走傾向。

(3)さらに父サンデー系で5歳以上の馬
【2.3.2.4】勝18.2% 連45.5% 複63.6%
単複回収値は177/240。
全体を見ても馬券になった30頭中21頭が父サンデー系であり、マイルCSを使った3-4歳馬は【0.1.3.12】と過信はできない結果。

☆今年の該当馬☆
サウンドキアラ
牝馬は18年のジュールポレールのみがこれに該当して5着と馬券圏外だったが、掲示板確保で悪くない指標か。またサウンドキアラは昨年4着の実績がある社台F生産馬のリピーター。競走馬生活が残りわずかとなる6歳牝馬の走りに期待してもよいだろう。

■前走GII・GIII組
昨年はダノンファンタジー、18年はダイアナヘイローが優勝した前走GII・GIII組は【3.1.3.42】。今年は激走があるのか、ここからピックアップしていく。

(1)前走2-6着
【3.1.2.15】勝14.3% 連19.0% 複28.6%
前走で勝利した馬は昨年フィアーノロマーノ、17年エポワス、シャイニングレイの3頭がいたが、いずれも馬券外に沈んだ。

(2)さらに4-5歳馬
【3.1.2.10】勝18.8% 連25.0% 複37.5%
6歳以上の高齢馬の激走は望み薄となる。

(3)さらに父ミスプロ系以外
【3.0.2.4】勝25.0% 25.0% 複41.7%
単複回収値は641/200。
全体を見ても父ミスプロ系は【0.2.0.27】で複勝率6.9%と不振傾向である。

☆今年の該当馬☆
タイセイビジョン

■3歳馬の取捨
今年の3歳馬は強いと目されているが、阪神Cの傾向も3歳【2.3.2.23】で複勝率25.8%と年齢別で見ても最も高い数字。
今年出走の3歳馬は好走できるか。

(1)前走GIで9番人気以内
【2.2.2.7】勝15.4% 連30.8% 複46.2%
外国産馬のミスターメロディのみOP特別のオーロCから参戦して2着に好走したが、ほか6頭は全てGIで1桁人気に留まった馬。

(2)さらに1-3月生まれ
【2.2.2.3】勝22.2% 連44.4% 複66.7%
3歳暮れではあるが、4-5月の遅生まれは馬券絡みなし。

(3)さらに継続騎乗または短期免許の外国人騎手
【2.2.2.2】勝25.0% 連50.0% 複75.0%
若馬は乗り慣れたジョッキーか、高い技術を持つ短期免許で来日している外国人ジョッキーの方が信頼できる。
単複回収値は226/216。

☆今年の該当馬☆
グレナディアガーズ
前走は主戦の川田騎手に替わり池添騎手が騎乗して大敗。ペースが遅かったのが敗因だ。距離短縮はプラスに働くだろうし、当馬は外国産馬で成長力が早めなのもプラス。来日中のC.デムーロ騎手が騎乗予定。鞍上のスイッチも好感だ。


よって、データから導き出された阪神Cは

前走マイルCS組から狙うべき馬は、サウンドキアラ

■前走GII・GIII組から押さえるべき馬は、タイセイビジョン

■狙うべき3歳馬は、グレナディアガーズ


となった。


人気に支持されるであろうグレナディアガーズが該当したが、荒れる可能性を十分に考慮すべきGII・阪神C。人気馬には注意しつつ、馬券を組み立てたい。

(Text:funaki)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP