UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2021/11/16  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【東京スポーツ杯2歳S(GII)攻略データコラム】GII昇格で堅く決まるかも? 当日馬体重に注目

東京スポーツ杯2歳S(GII) 2歳 馬齢 東京芝1800m
※過去10年のレースデータを元に分析する。

■人気
・1番人気/【5.1.1.3】
 勝率50.0% 複勝率70.0%
・2番人気/【2.3.0.5】
 勝率20.0% 複勝率50.0%
・3番人気/【0.1.3.6】
 勝率0.0% 複勝率40.0%
・4番人気/【2.2.1.5】
 勝率20.0% 複勝率50.0%
・5番人気/【0.1.1.8】
 勝率0.0% 複勝率20.0%
・6番人気/【0.0.1.9】
 勝率0.0% 複勝率10.0%
・7-9番人気/【1.1.2.23】
 勝率3.7% 複勝率14.8%
・10番人気以下/【0.1.1.31】
 勝率0.0% 複勝率6.1%

過去10年で1番人気は5勝、複勝率70%と、上々の成績。2番人気は2勝、複勝率50%で及第点といったところ。一方、3番人気は勝ち馬ゼロ、複勝率40%でパッとしない。

このように近10年のデータを見ると上位人気は平均的な成績だが、これを近5年に限ると様相が変わってくる。1-3番人気のうち2頭以上が馬券圏内に入った年は、近5年は4回もあるのに対し、その前の5年(2011-2015年)はたった一度しかない。近5年の1-3番人気の合算成績は【4.2.4.5】勝率26.7%、複勝率66.7%と高い数字を示しているのに対し、その前の5年は【3.3.0.9】勝率20.0%、複勝率40.0%と見劣るのだ。

つまり本レースは最近になって、堅く収まる傾向にあるといえるだろう。

それより下の人気だと、4番人気の成績が一見よく映るが、勝ち馬2頭はいずれも6年以上前のもので、近年はイマイチ。それ以外も目立つところはなく、フタ桁人気2頭の激走は不良馬場で行なわれた2011年に記録されたもので、10年も昔の古い事例となっている。

「8人→7人→4人」と入って3連単59万馬券が飛び出した2018年を除くと、近5年は3連単の配当が1万円に届いておらず、順当な結果に落ち着いている。今年はグレードがGIIIからGIIに格上げされるので、堅く決まる傾向はますます強まるのではないだろうか。

■枠番
・1枠/【4.0.3.4】
 勝率36.4% 複勝率63.6%
・2枠/【0.3.0.11】
 勝率0.0% 複勝率21.4%
・3枠/【2.0.2.10】
 勝率14.3% 複勝率28.6%
・4枠/【0.0.0.15】
 勝率0.0% 複勝率0.0%
・5枠/【0.2.1.12】
 勝率0.0% 複勝率20.0%
・6枠/【2.0.2.12】
 勝率12.5% 複勝率25.0%
・7枠/【1.2.1.14】
 勝率5.6% 複勝率22.2%
・8枠/【1.3.1.12】
 勝率5.9% 複勝率29.4%

・1-3枠/【6.3.5.25】
 勝率15.4% 複勝率35.9%
・4-8枠/【4.7.5.65】
 勝率4.9% 複勝率19.8%

枠別データを見ると、1枠が出色の成績を記録。勝率36.4%、複勝率63.6%という高い好走率のみならず、回収率は単勝が実に488%、複勝も162%と、とんでもない数字を叩き出している。

4勝のうち3勝は2014年以前と古い事例ではあるものの、最近も2018年8番人気ニシノデイジー1着や2019年3番人気ラインベック3着など好走馬を複数出している。

全体的に見ても内めの枠の好走率が高く、1-3枠の合算成績は勝率15.4%、複勝率35.9%と優秀で、4-8枠の倍前後の成績を残している。もともと東京芝1800mは内枠有利の傾向があるのだが、そのコース傾向が本レースでもそのまま表れているものと思われる。

一方、4枠より外は成績が振るわず、特に4枠・5枠の中枠からは勝ち馬が出ていない。まだ若駒ゆえ、揉まれやすい中枠は不利に働くのだろう。外枠でも大外8枠の成績がそこまで悪く出ていないのは、中枠に比べれば揉まれず伸び伸びと走れるからだと推測できる。

■馬体重変動
・体重減/【1.4.2.33】
 勝率2.5% 複勝率17.5%
・同体重/【3.3.3.17】
 勝率11.5% 複勝率34.6%
・体重増/【6.3.5.40】
 勝率11.1% 複勝率25.9%

前走からの馬体重の増減について調べてみると、「前走と同じ」や「前走より増加」に比べて、「前走より減少」している馬の成績が悪かった。

この中には、2015年1番人気のロスカボス(8着)や2018年2番人気のヴェロックス(4着)、同年3番人気のカテドラル(11着)など、上位人気に推されながら凡走した馬も含まれている。前述のように2018年が大波乱になったのは、この2頭の不発によるところが大きい。

成長期に当たるこの時期に体重を減らして出走してくるような馬には、好走は期待しづらいのかもしれない。

■前走クラス
・新馬/【4.3.2.18】
 勝率14.8% 複勝率33.3%
・未勝利/【0.2.3.20】
 勝率0.0% 複勝率20.0%
・オープン/【3.2.5.22】
 勝率9.4% 複勝率31.3%
・重賞/【3.1.0.13】
 勝率17.6% 複勝率23.5%

前走クラス別成績を調べると、新馬戦を勝ち上がった馬の成績が光る。この傾向は近年ますます強まっており、ここ2年連続で新馬勝ちの馬がワンツーフィニッシュを決めている。

新馬組をさらに精査すると、2着に0秒1以下しか着差をつけられなかった馬は【0.0.1.7】と不振傾向。唯一馬券圏内に入った2016年ムーヴザワールドも1番人気3着と、どちらかといえば人気を裏切った格好だった。

一方で、前走新馬で0秒6以上の差をつけた馬も【1.0.0.5】と案外な成績に終わっている。この中には2013年1番人気5着のサトノアラジンや2018年1番人気9着のルヴォルグなど人気に大きく背いた馬も含まれていた。前走の相手が弱すぎたのか、あるいは前走で走り過ぎて反動があったのかもしれない。

0秒2から0秒5の着差で勝ち上がった馬の成績は【3.3.1.6】勝率23.1%、複勝率53.8%と信頼できる数字となり、新馬組の狙い目はここだ。

未勝利組は以前は人気薄で2、3着に入って波乱を演出していたが、それらは古い事例であり、ここ4年連続で好走例がない。直近3年の1-3着馬9頭を調べても、デビュー勝ちできなかった馬は2018年1着ニシノデイジー1頭のみ。年々出走馬のレベルが上がっており、新馬勝ちできないような馬では好走は期待薄だ。

オープン組の取捨は明快。前走1-2着だと【3.2.4.10】勝率15.8%、複勝率47.4%と走ってくるのに対し、前走3着以下は【0.0.1.12】勝率0.0%、複勝率7.7%とサッパリ。オープン組は2着以内がほぼ絶対条件となる。

勝率がもっとも高い重賞組だが、3勝はすべて前走重賞勝ち馬で、2着1回も前走2着に走っていた馬。重賞組で今年出走予定のトーセンヴァンノは札幌2歳S3着で、残念ながら好走条件には当てはまらない。

☆前走新馬勝ちで着差が0秒2から0秒5⇒アルナシーム、スターズオンアース、デリカテス
☆前走オープンで1、2着⇒グランシエロ

■前走距離
・1600m/【1.2.4.22】
 勝率3.4% 複勝率24.1%
・1800m/【9.4.6.43】
 勝率14.5% 複勝率30.6%
・2000m/【0.4.0.19】
 勝率0.0% 複勝率17.4%

前走の距離をチェックすると、本レースと同距離の1800mに使われた馬が強く、過去10年で実に9回、前走1800mの馬が優勝している。キャリアの浅い馬同士の戦いだけに、前走と似たようなペース・リズムで走れるほうが力を発揮しやすいのだろう。

一方、前走2000mから距離短縮で臨んだ馬は1勝もできず、複勝率も芳しくない。前走1600mからの距離延長組も良くないのだが、それでも1頭の勝ち馬を出し、複勝率は2000m組よりも上。スピードに欠ける馬では通用しないレースなのだ。

☆前走1800m戦⇒アサヒ、アルナシーム、イクイノックス、グランシエロ、スカイフォール、スターズオンアース、テンダンス、トーセンヴァンノ、ユキノオウジサマ、レッドベルアーム

■前走脚質
・逃げ/【0.3.0.11】
 勝率0.0% 複勝率21.4%
・先行/【6.2.6.29】
 勝率14.0% 複勝率32.6%
・差し/【2.3.4.27】
 勝率5.6% 複勝率25.0%
・追込/【1.1.0.19】
 勝率4.8% 複勝率9.5%
・マクリ/【1.1.0.4】
 勝率16.7% 複勝率33.3%

脚質別の成績だと、逃げて勝った馬がいない程度で、そのほかに目立った特徴はなかった。そこで前走の脚質別成績を調べると、前走で先行していた馬の好走率がもっとも高かった。

前走の4コーナー通過順位を見ても、4番手以内で通過した馬は【7.6.6.44】勝率11%、複勝率30.2%と、上々の数字が出ている。道中、勝負になる位置につけられる馬のほうが有利なのだろう。

先の項目でもスピードの必要性を説いたが、このレースではスピードが求められるのだ。

☆前走4角を4番手以内で通過した馬⇒イクイノックス、スカイフォール、ダンテスヴュー、テラフォーミング、デリカテス、ナバロン、レッドベルアーム

(Text:sakura kyosuke)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP