UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2021/11/02  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【ファンタジーS(GIII)攻略データコラム】高確率で好走する前走重賞組のポイント

ファンタジーS(GIII)2歳 馬齢 阪神芝1400m
※例年京都芝1400mで行われるが、京都競馬場改修工事のため、昨年に引き続き阪神芝1400mで行われる。コース適性が問われない項目をピックアップし過去10年のデータをもとに分析する。

■全体傾向
・人気
---------------------
1人気【3.2.3.2】勝30.0% 連50.0% 複80.0%
2人気【1.0.1.8】勝10.0% 連10.0% 複20.0%
3人気【0.1.2.7】勝0.0% 連10.0% 複30.0%
4人気【1.3.0.6】勝10.0% 連40.0% 複40.0%
5人気【2.0.1.7】勝20.0% 連20.0% 複30.0%
6-9人気【0.5.2.32】勝5.0% 連12.5% 複15.0%
10人気以下【1.1.2.42】勝2.2% 連4.3% 複8.7%
---------------------
1番人気は馬券圏内率8割で、馬券外に沈んだのは2012年と2013年のみ。2014年以降は連続で馬券に絡んでおり、近年は信頼度が高い傾向。一方、2,3番人気は4,5番人気よりも案外な結果が多く、6番人気以下は2017年以外で毎年1頭ないし2頭好走しているため、波乱が多いレース。

馬連平均は6486円、3桁配当は1回のみ。点数を広げて買っても良いレースだろう。
1番人気の馬券絡みがほとんどなので三連複平均は2万2554円だが、1番人気の勝利が3勝のみなので三連単平均は14万8793円となっている。

・前走クラス
---------------------
新馬【3.3.0.24】勝10.0% 連20.0% 複20.0%
未勝利【2.1.4.20】勝7.4% 連11.1% 複25.9%
1勝【0.3.0.21】勝0.0% 連12.5% 複12.5%
OP特別【2.3.1.34】勝0.0% 連3.6% 複14.3%
GIII【4.1.3.15】勝17.4% 連21.7% 複34.8%
GII【1.1.0.0】勝50.0% 連100.0% 複100.0%
---------------------
馬券絡みの数を見ると、どのクラスからも好走のチャンスがある傾向。
前走重賞組の内訳は、小倉2歳S【3.0.0.7】、デイリー杯2歳S【1.1.0.0】、函館2歳S【1.0.2.2】、新潟2歳S【0.1.1.2】、札幌2歳S【0.0.0.3】、サウジアラビアRC【0.0.0.1】。

今年は小倉2歳S組からアネゴハダ、スリーパーダ、ナムラクレアが出走予定。ステップとしては有力候補だ。
ちなみ小倉2歳Sから勝利した3頭は4角4番手以内の先行好位で競馬をした馬。今年出走予定の3頭は小倉2歳Sでは中団から後方で競馬をしており4角4番手以内の馬は不在となっている。


■前走重賞組から狙うべき馬
過去10年で2回は馬券絡みなしだが、ほぼ毎年1頭は3着以内に好走している前走重賞組【5.2.3.15】からピックアップしていきたい。

(1)前走1-4着
【3.1.3.4】勝27.3% 連36.4% 複63.6%
すでに重賞で善戦できた馬は信頼度が高い。

(2)さらに前走馬体重420キロ以上
【3.1.3.1】勝37.5% 連50.0% 複87.5%
420キロを下回る細身の馬は好走が難しい。
これに該当すると単複回収値は351/191。

☆今年の該当馬☆
アネゴハダ、ナムラクレア
前述した「小倉2歳Sから勝利した3頭は4角4番手以内で競馬をした」に紐づいて、前走重賞組の括りで見ると、さらに4角7番手以内であれば【3.1.3.0】、複勝率100%となりナムラクレアが該当する。今年は前走重賞組が信頼できそうだ。

■前走新馬、未勝利、1勝クラスから狙うべき馬
3着以内の半数を占める前走新馬、未勝利、1勝クラス組【5.7.4.65】からピックアップしていきたい。

(1)前走勝ちまたはタイム差なしの負け
【5.7.4.50】勝7.6% 連18.2% 複24.2%
負けたとしても僅差であれば、ここでも通用する可能性がある。

(2)さらに前走上がり2位以内
【4.5.3.27】勝10.3% 連23.1% 複30.8%
末脚をしっかり使える馬は好走しやすい。

(3)さらに今回距離短縮
【3.2.0.6】勝27.3% 連45.5% 複45.5%
これらに該当すると単複回収値132/115といずれも100超え。
同距離・距離延長組は【1.3.3.21】勝3.6% 連14.3% 複25.0%、単複回収値27/81と低い数字となる。

☆今年の該当馬☆
ウォーターナビレラ


よって、データから導き出されたファンタジーSは

■前走重賞組から狙うべき馬は、ナムラクレア、アネゴハダ

■前走新馬、未勝利、1勝クラスから狙うべき馬は、ウォーターナビレラ


となった。


今年は少頭数で少し寂しい印象だが、小倉2歳S組で1-3着だった3頭の再決戦となるのに加えて、ソダシの全妹ママコチャなどが出走予定。来月の2歳GI・阪神JFに向けて注目の一戦となりそうだ。

(Text:funaki)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP