UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2021/10/26  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【天皇賞・秋(GI)攻略データコラム】今年も牝馬の風が吹く?

天皇賞・秋(GI) 3歳以上 別定 東京芝2000m
※データについては、過去10年を対象として分析している。

今年の天皇賞・秋も豪華メンバーが集結した。昨年はアーモンドアイ→フィエールマン→クロノジェネシスというGI馬3頭による上位決着に。今年はいったいどの馬が勝つのか。データ面から深掘りしてみよう。

■人気別成績
1番人気   【5.2.1.2】
2番人気   【1.3.2.4】
3番人気   【0.1.1.8】
4番人気   【0.1.0.9】
5番人気   【3.1.0.6】
6-9番人気  【1.1.5.33】
10番人気以下【0.1.1.70】

1番人気の勝率は50%、複勝率は80%と好相性。特に近5年は1番人気が4勝を挙げており、1番人気を無視して馬券を組み立てることはできない状況だ。2番人気も複勝率60%とまずまずの数字。一方、3番人気の複勝率は20%、4番人気の複勝率は10%と苦戦傾向。それであれば、勝率30%、複勝率40%の5番人気馬を狙ってみたい。

また、6-9番人気のうち6番人気が【0-0-5-5】で複勝率50%。3連系馬券の相手には是非拾っておきたい。

■枠番別成績
1枠【1.2.0.14】
2枠【1.1.0.16】
3枠【0.0.3.15】
4枠【4.1.2.12】
5枠【1.3.0.16】
6枠【2.1.1.15】
7枠【1.2.2.20】
8枠【0.0.2.24】

スタート直後にコーナーを迎える東京芝2000mのコースレイアウトの関係から、ロスが生じてしまう8枠はやはり不利。過去10年で連対馬を出すことができておらず、あって3着までか。また、3枠も苦戦傾向。2011年は1番人気のブエナビスタが4着に敗れている。

相性がいいのは勝率21.1%、複勝率36.8%の4枠。内外の出方をうかがいながらレースを進められるのがメリットとなるということだろうか。2017年には13番人気のレインボーラインが3着に食い込んだ。

■前走別成績
前走OP特別 【0.0.0.3】
勝率、連対率、複勝率いずれも0.0%

前走GIII  【0.0.0.9】
勝率、連対率、複勝率いずれも0.0%

前走GII   【7.4.6.92】
勝率6.4%、連対率10.1%、複勝率15.6%

前走国内GI 【3.6.4.25】
勝率7.9%、連対率23.7%、複勝率34.2%

前走海外GI 【0.0.0.3】
勝率、連対率、複勝率いずれも0.0%

さすがは古馬中距離馬ナンバーワンを決める戦いという感じで、前走GI組の成績が圧倒的。反対に前走OP特別、前走GIIIの馬は苦戦を強いられている。

前走国内GI組をもう少し詳しく見てみよう。

前走安田記念  【2.2.0.4】
勝率25.0%、連対率50.0%、複勝率50.0%

前走宝塚記念  【1.3.3.16】
勝率4.3%、連対率17.4%、複勝率30.4%

前走天皇賞・春 【0.1.1.4】
勝率0.0%、連対率16.7%、複勝率33.3%

前走日本ダービー【0.0.0.1】
勝率、連対率、複勝率いずれも0.0%

宝塚記念からの直行組が最も多く複勝率も30.4%と優秀だが、近年存在感を増しているのが安田記念からの直行組。2019年、2020年と2年連続で勝ち馬(ともにアーモンドアイ)を出しており、2019年は前走安田記念組のワンツー決着(1着アーモンドアイ、2着ダノンプレミアム)だった。今年の登録馬ではグランアレグリアが該当。短距離女王は距離の壁を超えられるか。

日本ダービーからの直行は過去10年で2015年のサトノクラウン(7番人気17着)のみ。極端にサンプル数が少ないので、これだけで判断はできないだろう。今年のダービー2着馬・エフフォーリアはどのような結果を残すか。

また、前走GI組で注目したいのは「前走での人気」。

前走1番人気 【3.2.0.3】
前走2番人気 【0.2.2.1】
前走3番人気 【0.2.0.5】
前走4番人気以下【0.0.2.16】

前走GI組はその前走で上位人気に支持されていた馬が好成績。前走1番人気に支持されていた馬は勝率37.5%、連対率62.5%とハイアベレージ。前走2番人気も複勝率は80.0%なので優秀。

今年の出走馬のうち、前走GIかつその前走で1-2番人気に支持されていたのは、エフフォーリア(前走日本ダービー1番人気)、グランアレグリア(前走安田記念1番人気)、コントレイル(前走大阪杯1番人気)の3頭。天皇賞・秋でも上位人気が必至の3頭だが、やはり軽視はできない。

一方で、前走4番人気以下は複勝率11.1%と低調な数字。ここには天皇賞・秋で上位人気に支持されていたフェノーメノ(3番人気14着)やダノンキングリー(3番人気12着)が含まれる。ヒモ扱いが妥当だろうか。

前走GII組の詳細は以下の通り。

前走毎日王冠  【3.2.5.39】
勝率6.1%、連対率10.2%、複勝率20.4%

前走札幌記念  【2.1.0.13】
勝率12.5%、連対率18.8%、複勝率18.8%

前走京都大賞典 【1.0.0.13】
勝率7.1%、連対率7.1%、複勝率7.1%

前走オールカマー【1.0.0.23】
勝率4.2%、連対率4.2%、複勝率4.2%

前走中山記念  【0.0.0.1】
勝率、連対率、複勝率いずれも0.0%

毎日王冠組と札幌記念組は買える数字と言える一方で、京都大賞典組とオールカマー組は厳しい数字に。安田記念組が好走している状況とあわせて考えると、2000m以下のスピードが問われるレースを経験した組の方が強いということだろうか。近年の天皇賞・秋が高速決着となる事が多いことからもこの傾向は納得と言える。

ちなみに前走毎日王冠組のうち、毎日王冠で優勝した馬の成績は【0.1.1.4】で勝率0.0%、複勝率33.3%。同2着は【1.0.1.5】で勝率14.3%、複勝率28.6%、同3着は【1.0.2.3】で勝率16.7%、複勝率50.0%。

アタマをとり切っているのは毎日王冠でチョイ負けした馬だ。ここにオッズ妙味がありそう。

■年齢別成績
3歳  【0.1.1.9】
勝率0.0%、連対率9.1%、複勝率18.2%
4歳  【3.6.5.31】
勝率6.7%、連対率20.0%、複勝率31.1%
5歳  【7.3.3.36】
勝率14.3%、連対率20.4%、複勝率26.5%
6歳  【0.0.1.29】
勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率3.3%
7歳以上【0.0.0.27】
勝率、連対率、複勝率いずれも0.0%

主力となるのは4歳馬、5歳馬。この2世代で過去10年分の連対馬20頭のうち、19頭を輩出している。まずはこの世代からチョイス。

一方で、6歳以上の成績は芳しくない。6歳馬で唯一馬券圏内に来たのは、2013年に連覇を狙ったエイシンフラッシュ(3番人気3着)。6歳以上はGI勝ち級の実績が必要か。

■牡牝別成績
牡馬 【8.8.8.120】
勝率5.6%、連対率11.1%、複勝率16.7%
牝馬 【2.2.2.8】
勝率14.3%、連対率28.6%、複勝率42.9%
セン馬【0.0.0.4】
勝率、連対率、複勝率いずれも0.0%

数自体は牡馬の方が多いが、勝率、連対率、複勝率いずれの指標も牝馬が優勢。ここ2年は女傑アーモンドアイが連覇しているうえ、アエロリット、クロノジェネシスと2年連続で牝馬が3着に食い込んでいる。

斤量差はやはり無視できないうえ、2週後のエリザベス女王杯を蹴ってわざわざ牡馬との戦いに挑むのだから陣営には当然勝算があるということだろう。

今年もグランアレグリアなど有力な牝馬がエントリー。牝馬旋風はここでも吹き荒れるか。

■種牡馬別成績
キングカメハメハ 【2.0.1.18】
ロードカナロア  【2.0.0.1】
ディープインパクト【1.7.1.37】
ジャングルポケット【1.0.0.9】
ハーツクライ   【1.0.0.7】
ルーラーシップ  【0.0.1.1】
ハービンジャー  【0.0.0.2】
ローエングリン  【0.0.0.1】
(※エピファネイア、ノヴェリスト、ディープブリランテの産駒は出走歴なし)

キングカメハメハ、ロードカナロア親子の産駒成績が優秀。しかし、いずれも上位人気に支持された産駒(キングカメハメハ→レイデオロ、ラブリーデイが勝利、ロードカナロア→アーモンドアイが2勝)が残した成績であり、穴の期待はやや薄い。

ディープインパクト産駒は2着が多い。こちらは2015年10番人気2着ステファノスや2016年7番人気2着リアルスティールなど人気薄でも結果を残している。穴の期待ならこちらの方か。もしくは上位人気のディープインパクト産駒を2着付けで狙う方針もありだろう。

<データからのピックアップ>

・グランアレグリア
昨年の最優秀短距離馬。スプリント、マイルに続く3階級制覇を目指した春の大阪杯は悪化した馬場に脚をとられたか4着に敗れた。しかしながら、搭載しているエンジンは一級品。自身の能力を発揮できれば、当然ここでも通用する実力の持ち主。

近年の天皇賞・秋で存在感を増す前走安田記念組なのは加点要素。また、前走GIで1番人気に支持されていた点とディープインパクト産駒という点もデータから推せる材料だ。

・カレンブーケドール
グランアレグリアと同期の5歳牝馬。こちらもディープインパクト産駒。金メダルが遠く2年以上勝ち星を掴めていないが、GI戦線で見せてきた走りは本物。天皇賞・春で3着に食い込んだスタミナを活かし、グランアレグリアとともに牝馬旋風を巻き起こすか。

・ポタジェ
コントレイルと迷ったが、同じディープインパクト産駒でも穴妙味がありそうなこの4歳牡馬をピックアップ。前走の毎日王冠では3着。上述したように毎日王冠チョイ負け組は本番で巻き返すケースがたびたび見られる。半姉ルージュバックが果たせなかったGI制覇に向けて大物食いを狙う。

(Text:inoue)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP