UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2021/10/12  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【秋華賞(GI)攻略データコラム】阪神芝2000mへの変更が勝敗を左右する!?

秋華賞(GI) 3歳牝馬 馬齢 阪神芝2000m
※例年、京都芝2000mで行なわれているレースだが、今年は阪神芝2000mで代替施行されるので、コース適性に即したデータは阪神芝2000mのデータを参考にする。

■人気
・1番人気/【4.1.1.4】
 勝率40.0% 複勝率60.0%
・2番人気/【1.3.0.6】
 勝率10.0% 複勝率40.0%
・3番人気/【4.0.1.5】
 勝率40.0% 複勝率50.0%
・4番人気/【1.2.1.6】
 勝率10.0% 複勝率40.0%
・5番人気/【0.2.1.7】
 勝率0.0% 複勝率30.0%
・6番人気/【0.0.1.9】
 勝率0.0% 複勝率10.0%
・7-9番人気/【0.1.3.26】
 勝率0.0% 複勝率13.3%
・10番人気以下/【0.1.2.84】
 勝率1.1% 複勝率3.4%

過去10年、1番人気は優勝4回、複勝率60.0%と及第点の成績。ただし、「春のクラシック連対馬」に限ると、【4.1.1.0】で3着内率100%、回収率は単複とも116%と、ほぼパーフェクトに近い好走率を誇る。裏を返せば、春のクラシックで連対経験がない1番人気は【0.0.0.4】と、一頭も馬券になってない。

2番人気は【1.3.0.6】と物足りない成績。また「春のクラシック連対馬」に限っても、【0.2.0.3】と、1番人気のようには好走を担保してくれない。むしろ勝ち馬がゼロだったり、桜花賞勝ち馬のジュエラーが4着に敗れたりと、人気を裏切る印象も強い。

逆に3番人気は【4.0.1.5】と1番人気と同じ4頭の優勝馬を輩出。単勝回収率は279%という強烈な数字を残している。勝ち馬4頭のうち3頭は前走で紫苑Sに連対しており、「3番人気×紫苑S連対馬」は注目ポイントかもしれない。

1-3番人気が揃って連対を外したことは一度もなく、近10年、一頭は必ず連対を果たしている。軸にとるなら1-3番人気、特に上記の条件を満たした馬から選ぶのがいいかもしれない。

4番人気は【1.2.1.6】と人気を考慮すれば健闘の部類。複勝の回収率はプラス収支を計上している。そして過去10年の勝ち馬は、すべて4番人気以内から出ている。

5番人気以降は目立った傾向はなく、2桁人気馬も3頭が2、3着に入ったのみ。ただし、その3頭のうち2頭が近2年連続で走っている点は気になるところだ。

このように基本的に上位人気で決着しやすいレースではあるものの、今年は例年とは異なる阪神芝2000mでの代替開催。イレギュラーな年ということで、荒れる可能性を頭の片隅に置いておくのも悪くないだろう。

■騎手・厩舎 東西比較
◎騎手
・関東/【0.3.0.49】
 勝率0.0% 複勝率5.8%
・関西/【10.7.10.94】
 勝率8.3% 複勝率22.3%

◎厩舎
・関東/【1.3.1.66】
 勝率1.4% 複勝率7.0%
・関西/【9.7.9.81】
 勝率8.5% 複勝率23.6%

騎手と厩舎を東西別に調べてみると、どちらも関西が圧倒的に優勢で、ジョッキーにいたっては過去10年一度も勝ったことがない。そもそも秋華賞創設以来、関東騎手の優勝は1997年吉田豊騎手(メジロドーベル)、2010年蛯名正騎手(アパパネ)の2人しかいないのだ。

ただし、この大不振の要因は騎手自体にではなく、騎乗馬=厩舎にあるようで、実際前述の関東騎手の2勝はいずれも関東馬によるものだった。関東の厩舎が勝ったのはスーパーホース・アーモンドアイの2018年のみで、2、3着に入ったことも数度しかない。3歳秋といっても、牝馬にとって長距離輸送はまだ大きなデメリットなのだろう。今年は例年の京都から阪神に替わるが、阪神の出張馬房は騒音などで遠征馬が落ち着けないという話はよく聞く。今年は人気する関東馬も多いのだが、例年以上に不利かもしれない。

というわけで、関東馬=美浦所属の馬は大幅割引となるのだが、その中でも国枝厩舎だけは別扱い。過去10年で【1.2.0.3】と2回に1回は連対しており、それ以前にはアパパネでの優勝もある。以前は「栗東留学(栗東で調教を行ない長距離輸送を避ける)」を駆使していたし、近年は長距離輸送でも結果を残せるノウハウを習得しているのだ。今年も上位人気が予想されるアカイトリノムスメで参戦予定だ。

■前走レース
・ローズS/【3.5.7.56】
 勝率4.2% 複勝率21.1%
・オークス/【3.0.0.12】
 勝率20.0% 複勝率20.0%
・紫苑S/【3.3.0.44】
 勝率6.0% 複勝率12.0%
・クイーンS/【1.0.0.4】
 勝率20.0% 複勝率20.0%
・3勝クラス/【0.0.1.0】
 勝率0.0% 複勝率100.0%
・2勝クラス/【0.2.1.16】
 勝率0.0% 複勝率15.8%
・1勝クラス/【0.0.1.9】
 勝率0.0% 複勝率10.0%

パッと見るとローズS組の成績がトップに映るのだが、実は紫苑SがGIIIに昇格した2016年以降、ステップ別の成績は様相が一変している。

◎2016年以降
・ローズS/【0.1.4.26】
 勝率0.0% 複勝率16.1%
・オークス/【3.0.0.6】
 勝率33.3% 複勝率33.3%
・紫苑S/【2.3.0.20】
 勝率8.0% 複勝率20.0%

このように、ローズS組は勝ち馬がゼロ、好走率も下落しているのと引き換えに、紫苑S組の成績が上昇しているのだ。さらにいえば、オークス組の勝ち馬3頭は2016年以降に集中、近3年連続で優勝しているのだ。

これは近年流行っている「間隔をあけるローテーション」での好走傾向がモロに現れた結果だろう。かつて有力馬はローズSをステップに使うケースが多かったが、紫苑Sの重賞昇格後は、1週早く行なわれる紫苑Sのほうが好まれるようになった。

また春のオークス以来のぶっつけで3年連続で優勝しているのは、桜花賞が近4年連続で2カ月以上の休み明けの馬が勝っていることと構造は同じ。牝馬はキレや瞬発力を身上とする馬が多い反面、使った反動が大きいので、間隔をたっぷりとった馬のほうが本番で高いパフォーマンスを出しやすいのだ。

近5年のオークス組を精査すると、オークスで2番人気以内だった馬は【3.0.0.1】と好成績。逆に3番人気以下だと【0.0.0.5】と馬券になっていないどころか、すべて2桁着順に惨敗している。オークス2番人気だったアカイトリノムスメにとっては頼もしいデータであり、同3番人気のユーバーレーベンと同5番人気のステラリアにとっては不吉なデータとなっている。

近5年の紫苑S組は、前走5着以内なら【2.3.0.14】で6着以下からの好走はゼロ。また前走3番人気以内なら【2.2.0.3】とこちらも好成績だが、4番人気以下だと【0.1.0.17】と昨年のマジックキャッスル一頭しか好走歴はない。

一方、近5年のローズS組は、前走着順も前走人気もあまり参考にはならない。ローズSで連対した馬が本番では【0.0.1.8】という体たらくなのだから、3着以下のほうが狙いが立つとはいえる。それよりはオークス出走経験の有無のほうが指標になり、出走経験のある馬は【0.1.3.14】と好走歴が複数あるのに対し、ない馬は【0.0.1.12】と2016年の3着1回しかない。ローズSで好走した夏の上がり馬は危険ということだ。

この3レース以外の重賞・オープンからの臨戦馬で好走したのは2011年1着のアヴェンチュラただ一頭で、それも10年も昔の話。今年1番人気確実なソダシの前走は札幌記念だが、同レースからの臨戦馬はレース創設までたどっても2009年のブエナビスタ1頭だけ。本番では1番人気に推されて2位入線の3着降着だった。ブエナビスタは札幌記念で2着に敗れており、優勝したソダシの扱いは悩まされるところだ。

過去10年、前走条件戦だった馬の合算成績は【0.2.3.25】と、勝ち馬こそ出していないものの、ヒモには来ている。好走馬5頭のうち前走負けていた馬は2012年のアロマティコ1頭のみだが、同馬の前走は準オープン3着。準オープン(3勝クラス)からの例はこの1件のみなので、負けていた馬でも注意は必要か。一方、前走1着馬のうち、2着にコンマ2秒以上差をつけていた馬の成績は【0.2.2.11】であるのに対し、コンマ1秒以下しか差をつけられなかった馬の好走例はない。

なお、今年は獲得賞金のハードルが高いうえに、コース変更のためフルゲートが16頭と例年より狭き門になっているため、登録段階では2勝クラス勝ち上がりでも除外対象となっている。

☆前走オークスで2番人気以内⇒アカイトリノムスメ
☆前走紫苑Sで5着以内か3番人気以内⇒スルーセブンシーズ、ファインルージュ、ミスフィガロ
☆前走ローズSでオークス出走経験のある馬⇒アールドヴィーヴル、エンスージアズム、クールキャット、タガノパッション
☆前走条件クラスをコンマ2秒差以上で勝った馬⇒アナザーリリック、サトノアイ、ジェラルディーナ、テーオーラフィット

■枠番
・1枠/【10.12.11.56】
 勝率11.2% 複勝率37.1%
・2枠/【8.8.6.69】
 勝率8.8% 複勝率24.2%
・3枠/【10.9.7.72】
 勝率10.2% 複勝率26.5%
・4枠/【6.9.11.76】
 勝率5.9% 複勝率25.5%
・5枠/【10.6.9.88】
 勝率8.8% 複勝率22.1%
・6枠/【13.8.16.92】
 勝率10.1% 複勝率28.7%
・7枠/【15.17.11.99】
 勝率10.6% 複勝率30.3%
・8枠/【9.12.10.122】
 勝率5.9% 複勝率20.3%

これ以降はコース適性に依拠する項目となるので、阪神芝2000m・2勝クラス以上の近5年データ(2016年12月3日-2021年6月20日)を元に、傾向を分析していく。

枠番別の成績は、内外で大きな差こそないものの、もっとも好走率が高いのは1枠で、逆にもっとも低いのが8枠となっている。

ただし、この傾向は牡馬によってもたらされた可能性もある。そこで牝馬のみのデータで見てみると、1枠【7.6.5.19】勝率18.9%、複勝率48.6%とさらに成績は上昇する一方、8枠は【0.4.4.42】勝率0.0%、複勝率16.0%と、成績がさらに悪化するどころか勝ち馬がゼロになってしまった。

そう、この5年間、阪神芝2000m・2勝クラス以上で、8枠から勝った馬は一頭もいなかったのだ。これはなかなか衝撃的なデータではないだろうか。この傾向は1勝クラス以下のデータを含めても同様で、その成績は【2.6.8.95】となっている。

もうひとつ、枠にまつわる興味深いデータを紹介しよう。

・奇数馬番/【48.45.48.333】
 勝率10.1% 複勝率29.7%
・偶数馬番/【33.36.33.341】
 勝率7.4% 複勝率23.0%
(牝馬に限定すると)
・奇数馬番/【23.18.14.121】
 勝率13.1% 複勝率31.3%
・偶数馬番/【8.16.12.126】
 勝率4.9% 複勝率22.2%

一般的に成績がよく出る偶数馬番の成績が悪く、奇数馬番の成績がいい。しかもこの傾向は牝馬に限定すると、より増幅されるのだ。

理由はよくわからないのだが、それなりのレース数(81レース)もあるので、偶然ではないはず。「1枠有利・8枠大幅不利」にくわえて、迷ったときは「奇数馬番」を上にとるといいかもしれない。

■馬体重(牝馬のみ)
・419キロ以下/【0.2.0.18】
 勝率0.0% 複勝率10.0%
・420-439キロ/【4.4.5.39】
 勝率7.7% 複勝率25.0%
・440-459キロ/【10.13.9.58】
 勝率11.1% 複勝率35.6%
・460-479キロ/【10.9.6.64】
 勝率11.2% 複勝率28.1%
・480-499キロ/【2.2.3.41】
 勝率4.2% 複勝率14.6%
・500-519キロ/【2.4.2.19】
 勝率7.4% 複勝率29.6%
・520-539キロ/【3.0.1.5】
 勝率33.3% 複勝率44.4%
・540キロ以上/【0.0.0.3】
 勝率0.0% 複勝率0.0%

馬体重別成績ははじめから牝馬限定で話を進めていく。

一般的に馬体重が増えるにつれて成績は上がるもの。ところが阪神芝2000m・2勝クラス以上においては、440-459キロのゾーンの好走数・好走率が優秀で、それに460-479キロのゾーンが続いている。

500キロ超の成績も優秀ではあるのだが(特に520-539キロゾーン)、やや小型-中型馬の成績がヒケをとっていない点は、このコースの特徴といっても差し支えなさそう。牡馬も似たような成績である点も、この傾向を後押ししてくれる。

前項で1枠の成績がよかった点を考えると、このコースは器用に動ける中軽量馬が走りやすいのかもしれない。

☆前走440-459キロ⇒アカイトリノムスメ、エイシンヒテン
☆前走520-539キロ⇒クールキャット

■種牡馬傾向
・ミスタープロスペクター系/【24.14.19.131】
 勝率12.8% 複勝率30.3%
・サンデーサイレンス系/【44.48.45.372】
 勝率8.6% 複勝率26.9%
・ノーザンダンサー系/【11.11.11.95】
 勝率8.6% 複勝率25.6%
・ロベルト系/【1.6.4.37】
 勝率2.1% 複勝率22.9%

最後に種牡馬傾向をチェックしよう。

そこまで大きな差はないものの、勝率・複勝率ともにトップなのは、ミスタープロスペクター系。同系統の中で好走馬の大半を占めるのがキングマンボ系であり、それに限ると【22.13.13.104】と少しではあるが、さらに好走率が上昇する。

今年の登録馬の中でキングマンボ系種牡馬は、キングカメハメハ、ルーラーシップ、リオンディーズの3タイプ。前者2頭はどちらもキンカメ系全体とさほど変わらない成績を残しているが、リオンディーズは【0.0.0.3】とまだ好走馬は出していない。もっともサンプル数が少ないので、これだけで判断するのは早計だろう。

サンデーサイレンス系の中ではディープインパクトが【16.19.10.87】勝率12.1%、複勝率34.1%と、さすがの好成績。けれども、ほかのサンデー系も満遍なく走っているので、サンデー系であれば同じように扱っても問題なさそうだ。

ノーザンダンサー系の好走馬の大半はハービンジャー産駒なのだが、今年の登録馬の中に同産駒はいない。そして1番人気確実のソダシの父・クロフネもノーザンダンサー系に入るのだが…なんと集計期間中、阪神芝2000mの2勝クラス以上に出走したクロフネ産駒は一頭もいなかったのだ!

ソダシが札幌記念を勝つまで、クロフネ産駒が芝2000m以上の重賞を勝つことがなかったように、このコースは決して向いていないのだろう。

もっとも、そのジンクスを打ち破ったのが当のソダシであり、クロフネ産駒でも同馬は例外扱いすべきなのか。これをどうとるかは、予想者の考え次第…としかいえなさそうだ。

☆父キングカメハメハかルーラーシップ⇒アンドヴァラナウト、アールドヴィーヴル、サルファーコスモス、タガノパッション、ホウオウイクセル
☆父ディープインパクト⇒アカイトリノムスメ、エンスージアズム、ミスフィガロ

(Text:sakura kyosuke)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP