UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2021/10/05  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【毎日王冠(GII)攻略データコラム】前走着差×年齢で攻略

毎日王冠(GII)3歳以上 別定 東京芝1800m
※過去10年のデータをもとに分析する。

■全体傾向
・人気と配当
-----------------
1人気【7.0.0.3】勝70.0% 連70.0% 複70.0%
2人気【0.2.0.8】勝0.0% 連20.0% 複20.0%
3人気【1.2.1.6】勝10.0% 連30.0% 複40.0%
4人気【1.2.1.6】勝10.0% 連30.0% 複40.0%
5人気【0.1.4.5】勝0.0% 連10.0% 複50.0%
6-9人気【1.1.3.35】勝2.5% 連5.0% 複12.5%
10人気以下【0.2.1.31】勝0.0% 連5.9% 複8.8%
-----------------

1番人気のほとんどが勝利をおさめている一方、負けるときは馬券外に沈む傾向。2012年は2着に12番人気ジャスタウェイが入り、2014年は8番人気エアソミュールが1着、11番人気サンレイレーザーが2着したことにより馬連万馬券が2回出現し、馬連平均5152円となるが、他は何百円かの堅い決着。三連複平均は16733円で、上記2年があったため、多少配当を押し上げる形となっているが、2015年以降は馬券になった18頭中15頭が5番人気以内と堅めの決着が続いている。

・年齢
-----------------
3歳【3.3.0.11】勝17.6% 連35.3% 複35.3%
4歳【4.2.5.21】勝12.5% 連18.8% 複34.4%
5歳【2.2.3.22】勝6.9% 連13.8% 複24.1%
6歳【1.3.1.18】勝4.3% 連17.4% 複21.7%
7歳【0.0.1.16】勝0.0% 連0.0% 複5.9%
8歳【0.0.0.6】勝0.0% 連0.0% 複0.0%
-----------------

秋に差し掛かり、若い馬は成長期、充実期を迎えていき、古馬になるほど力が衰えていくため、若い馬ほど好走率が上がる傾向だ。

・生産者
-----------------
ノーザンF【5.4.3.27】勝12.8% 連23.1% 複30.8%
社台F【3.1.2.26】勝9.4% 連12.5% 複18.8%
白老F【0.2.1.3】勝0.0% 連33.3% 複50.0%
追分F【0.0.0.1】勝0.0% 連0.0% 複0.0%
その他【2.3.4.37】勝4.3% 連10.9% 複19.6%
-----------------

馬券絡みは社台系生産馬が多くを占める。2011年、2012年は社台系生産馬が3着以内を独占しているが、それを除けばその他生産馬が毎年1頭3着以内に入っているので、紐に「その他生産馬」を置くのが良さそう。

■前走宝塚記念組の取捨
過去10年で前走GI組は【4.6.3.37】と主力部隊。今年のGI組は安田記念と宝塚記念に分かれるので、まずは前走宝塚記念組【0.1.1.7】で馬券に絡んだ2頭、18年3着のキセキ、16年2着のアンビシャスの共通点から、今年出走予定のキレる末脚を持つカデナに好走チャンスがあるか探ってみる。

●前走3番人気以内
2頭とも3番人気以内に支持された馬だった。残りの7頭はすべて4番人気以下。
カデナ⇒該当せず

●1年以内に2000m以上のGIまたはGIIでの勝利
キセキは菊花賞勝利、アンビシャスは大阪杯(当時GII)勝利。残りの7頭はGII以上での勝利がなく、GIII勝利までに留まっていた。
カデナ⇒該当せず

●4歳馬
前走宝塚記念組の年齢別成績がコチラ↓
-----------------
4歳【0.1.1.1】
5歳以上【0.0.0.6】
-----------------

馬券外に沈んだ1頭は15年5着のトーセンスターダム。
4歳馬の相性がいい。
カデナ⇒該当せず

●乗り替わり
継続騎乗よりも乗り替りの方が相性が良かった。
-----------------
乗り替り【0.1.1.3】
継続騎乗【0.0.0.4】
-----------------

乗り替りで馬券外に沈んだ3頭はすべて掲示板内に善戦している。
カデナ⇒該当

●社台系生産馬ではない
前走宝塚記念組の社台系生産馬は好走していない。
-----------------
その他 【0.1.1.0】
ノーザンF【0.0.0.4】
社台F 【0.0.0.3】
-----------------
カデナ⇒該当

サンプル数は少ないが、カデナは該当する項目の方が少ないため、これまでのデータ傾向からすると、ここでの好走チャンスは低そうだ。


■前走安田記念組から狙うべき馬
前走GI組の中で出走数、馬券絡みが多い安田記念組【1.3.2.19】からピックアップしていきたい。

(1)前走勝ちまたは0秒2以内の負け
【1.3.2.6】勝8.3% 連33.3% 複50.0%
GIで勝った馬もしくは勝ちに等しい着差だった場合、実力上位でここでも好走しやすい。

(2)さらに3-5歳馬
【1.2.2.2】勝14.3% 連42.9% 複71.4%
3歳でも安田記念を好走した馬や4,5歳の充実期にある馬は連対率・複勝率が高くなる。

☆今年の該当馬☆
シュネルマイスター、ダノンキングリー


■前走GII・GIII組から狙うべき馬
勝利数の半数を占める前走GII・GIII組【5.4.6.47】からピックアップしていきたい。

(1)勝ちまたは0秒9以内の負け
【4.4.6.31】勝8.9% 連17.8% 複31.1%
GIIやGIIIで1秒以上離されて負けた場合は好走が難しい。

(2)さらに4-6歳馬
【4.4.5.22】勝11.4% 連22.9% 複37.1%
力が衰えはじめ下降気味となる7歳以上は厳しい。

(3)さらにキャリア15戦以下
【4.1.4.8】勝23.5% 連29.4% 複52.9%
使い減りがない4-6歳馬は勝率が上がる。

☆今年の該当馬☆
ポタジェ、ラストドラフト

★さらにキャリア10戦以下になると【3.0.0.1】となり、ポタジェがキャリア10戦で該当する。


よって、データから導き出された毎日王冠は

前走宝塚記念組のカデナは好走が難しい傾向。

■前走安田記念組から狙うべき馬は、シュネルマイスター、ダノンキングリー

■前走GII・GIII組から狙うべき馬は、ポタジェ、ラストドラフト


となった。

近年堅めの決着が続き、今年も頭数はそこまで多くないため波乱はなさそうだが、天皇賞・秋やマイルCSへ向けて弾みをつけたい古馬が集結する。ダノンキングリーの始動戦ということもあり注目の一戦となりそうだ。

(Text:funaki)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP