UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2021/09/28  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【スプリンターズS(GI)攻略データコラム】複勝率50%超となる4角での位置取りとは?

スプリンターズS(GI) 3歳以上 定量 中山芝1200m
※データについては、本文中に記述のない限り過去10年分を対象として分析している。

秋のGIシーズンの開幕を告げるのは電撃の6ハロン戦、スプリンターズS。過去10年で3連単10万円超の配当が5回も飛び出しているように荒れるGIだ。データ面から高配当のヒントを探してみよう。

■人気別成績
1番人気 【5.1.1.3】
2番人気 【2.3.0.5】
3番人気 【2.2.0.6】
4番人気 【0.0.0.10】
5番人気 【0.1.1.8】
6番人気 【0.0.0.10】
7番人気 【0.0.2.8】
8番人気 【0.0.0.10】
9番人気 【0.1.3.6】
10番人気以下【1.2.3.64】

荒れるGIではあるものの、1番人気は勝率50.0%、複勝率70.0%と軸としては一定の信頼がおける数字に。2番人気は複勝率50.0%、3番人気も複勝率40.0%とまずまずの数字で、1-3番人気のいずれかが必ず馬券に絡んでいることは特徴のひとつ。その一方、4番人気の不振は深刻で、過去10年で1頭も馬券に絡んでいない(最高着順はグランプリボス、ミッキーアイルの4着)。

注目したいのは9番人気の馬。過去10年で【0.1.3.6】という結果を残し、複勝率は40.0%。3番人気馬と肩を並べる数字を残している。

また、10番人気以下から6頭も馬券に絡んでいることも特徴。昨年も10番人気のアウィルアウェイが3着に入り、3連系馬券の高配当を演出している。

スプリンターズSでヒモ穴を狙うなら、9番人気以下から狙うのが面白そうだ。

■年齢別/性別別成績

3歳【0.1.1.13】
勝率0.0%、連対率6.7%、複勝率13.3%
4歳【4.3.5.17】
勝率13.8%、連対率24.1%、複勝率41.4%
5歳【3.5.2.39】
勝率6.1%、連対率16.3%、複勝率20.4%
6歳【3.0.1.27】
勝率9.7%、連対率9.7%、複勝率12.9%
7歳【0.1.1.24】
勝率0.0%、連対率3.8%、複勝率7.7%
8歳以上【0.0.0.10】
勝率、連対率、複勝率いずれも0.0%

牡馬【7.5.4.80】
勝率7.3%、連対率12.5%、複勝率16.7%
牝馬【3.5.6.39】
勝率5.7%、連対率15.1%、複勝率26.4%
セン馬【0.0.0.11】
勝率、連対率、複勝率いずれも0.0%

年齢別では4歳馬の成績が圧倒的。2019年、2020年と2年連続で勝ち馬を出している。それに続くのが5歳馬。7歳以上の高齢馬はやや厳しい印象だ。3歳馬で馬券に絡んだのは、2016年3着ソルヴェイグ、2018年2着ラブカンプーといずれも牝馬だったことにも注目。ピクシーナイトはこのデータを覆すことができるか。

また、牡馬と牝馬を比べると勝率では牡馬の方がわずかに高いものの、複勝率では牝馬の方が大きくリードしている。セン馬は遠征の不利を抱える香港馬中心のデータだが、近10年では馬券に絡んでいない。

■前走別成績

前走国内OP特別【0.0.1.4】
勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率20.0%

前走国内GIII【3.3.6.61】
勝率4.1%、連対率8.2%、複勝率16.4%

前走国内GII【5.4.3.49】
勝率8.2%、連対率14.8%、複勝率19.7%

前走国内GI 【2.3.0.8】
勝率15.4%、連対率38.5%、複勝率38.5%

前走海外レース(レース格問わず)【0.0.0.8】
勝率、連対率、複勝率いずれも0.0%

出走馬のメインとなるのは前走GII組及び前走GIII組だが、成績がいいのは前走GI組。

また、レース格問わず、前走海外レースを走った馬は苦戦している。4月の香港GI以来となるダノンスマッシュにとっては気になるデータ。

また、前走国内GI組の内訳は以下の通り。

前走安田記念     【2.1.0.6】
前走ヴィクトリアマイル【0.1.0.1】
前走高松宮記念    【0.1.0.0】
前走オークス     【0.0.0.1】

メインとなっているのは前走安田記念組だが、今年は該当馬なし。

前走ヴィクトリアM組はいずれもレッツゴードンキによるもの。こちらも今年は該当馬なし。

高松宮記念からのぶっつけでスプリンターズSに挑んだのは2016年のミッキーアイル。今年高松宮記念からのぶっつけで挑むのはダイメイフジ。

ただ、ミッキーアイルは高松宮記念2着で、スプリンターズSでも2番人気に支持されていた実力馬。一方、ダイメイフジは高松宮記念11着とふるわなかった。前走高松宮記念というだけではあまり強調できない可能性も。

前走GII組の大部分を占めるのが、【5.4.3.46】のセントウルS組。この組についてはセントウルSの着順で取捨選択を実施できる。

セントウルS1-5着 【5.4.2.22】
勝率15.2%、連対率27.3%、複勝率33.3%

セントウルS6着以下【0.0.1.24】
勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率4.0%

セントウルS掲示板組の複勝率が33.3%になのに対して、掲示板を外した組の複勝率はわずか4.0%に留まる。また、セントウルS1着馬は【2.2.1.4】、2着馬は【2.1.0.7】と順当に好成績を残している。

セントウルS組は1-2着馬を中心とした掲示板組から考えたい。

前走GIII組で、今年該当馬がいるのは以下の組。

前走キーンランドC組【2.1.5.34】
勝率4.8%、連対率7.1%、複勝率19.0%

前走函館SS組    【0.1.0.5】
勝率0.0%、連対率16.7%、複勝率16.7%

前走北九州記念組  【0.1.1.14】
勝率0.0%、連対率6.3%、複勝率12.5%

どの組も複勝率ベースで見るとそれほど大きな差はないようにも思えるが、サンプル数を考えると前走キーンランドC組が最も可能性がありそう。

函館SS組からの直行で馬券に絡んだのは2014年のストレイトガールだが、この年のスプリンターズSは新潟競馬場での開催だったことに注意。中山競馬場で行われるスプリンターズSにおいては、前走函館SS組の成績は【0.0.0.4】となっている。

前走北九州記念組で馬券に絡んだのは2019年2着のモズスーパーフレアと2020年3着のアウィルアウェイ。それぞれ北九州記念では4着、3着で連対はしていなかった。

北九州記念で連対した馬は、近10年のスプリンターズSにおいて【0.0.0.8】と苦戦傾向。

一方、北九州記念3-5着馬は【0.1.1.1】とサンプルは少ないながらも好成績。北九州記念でチョイ負けした馬は狙い目になるだろう。

■4角位置取り別成績
※新潟競馬場で行われた2014年を除く9年分を対象として分析している。

4角1番手【0.4.1.4】
勝率0.0%、連対率44.4%、複勝率55.6%
4角2番手【0.1.0.16】
勝率0.0%、連対率5.9%、複勝率5.9%
4角3番手【0.0.1.4】
勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率20.0%
4角4-6番手【2.3.3.20】
勝率7.1%、連対率17.9%、複勝率28.6%
4角7-9番手【5.1.2.20】
勝率17.9%、連対率21.4%、複勝率28.6%
4角10番手以下【2.0.2.51】
勝率3.6%、連対率3.6%、複勝率7.3%

4角先頭だった馬の複勝率が抜群だ。半分以上は馬券になっている計算なので、逃げ馬は無条件で押さえておきたいところ。

ただ、前に行ければなんでもいいというわけではなく、4角2番手の成績は壊滅的。勝ち馬は4角4番手以降の馬からしか出ていないことからも、アタマに据えるなら好位から中団あたりの位置を取れる馬をチョイスしたい。

4角10番手以降からも勝ち馬が出ているが、2017年レッドファルクス、2020年グランアレグリアとどちらも1番人気に支持されていた馬。いずれもGIを複数回勝った馬であり、余程の実力馬でなければ極端な後方の位置取りから突き抜けるのは至難の業だといえる。

■種牡馬系統別成績
※新潟競馬場で行われた2014年を除く9年分を対象として分析している。

フォーティナイナー系  【3.2.2.10】
サンデーサイレンス系  【2.2.3.27】
キングマンボ系     【2.2.1.11】
ミスタープロスペクター系【1.1.0.12】
(※フォーティナイナー系、キングマンボ系を除く)
ノーザンダンサー系   【1.1.2.25】
ロベルト系       【0.0.0.5】

ファインニードル(父アドマイヤムーン)やレッドファルクス(父スウェプトオーヴァーボード)などを輩出したフォーティナイナー系は好相性。同じくミスタープロスペクター系の分枝であるキングマンボ系も複勝率30%超とまずまずの相性。

サンデーサイレンス系は目立った数字ではないものの2頭の勝ち馬を出している。

ノーザンダンサー系はクロフネ産駒カレンチャンが1勝2着1回と活躍を見せたが、クロフネ産駒以外は苦戦している。特にストームキャット系は【0.0.0.8】と大苦戦。

ロベルト系も苦戦傾向。ロベルト系モーリス産駒のピクシーナイトにとっては逆風か。

また、複数頭の勝ち馬を輩出しているサンデーサイレンス系、キングマンボ系には牡馬(セン馬含む)と牝馬で面白い傾向が見られた。

サンデーサイレンス系牡馬・セン馬【0.2.0.19】
勝率0.0%、連対率9.5%、複勝率9.5%
サンデーサイレンス系牝馬    【2.0.3.8】
勝率15.4%、連対率15.4%、複勝率38.5%

キングマンボ系牡馬・セン馬【2.1.1.4】
勝率25.0%、連対率37.5%、複勝率50.0%
キングマンボ系牝馬    【0.1.0.7】
勝率0.0%、連対率12.5%、複勝率12.5%

このように性別によって好走率に明確な差が生じている。

サンデーサイレンス系で勝利を収めているのは牝馬のみで、複勝率については牡馬・セン馬と牝馬で4倍近い開きがある。サンデーサイレンス系牡馬で馬券に絡んだのは15年サクラゴスペルと16年ミッキーアイル。いずれも前走GIからの休み明け初戦だった。

反対にキングマンボ系で勝利を収めているのは牡馬のみ。複勝率も牡馬・セン馬と牝馬で4倍の開きがある。

サンデーサイレンス系を狙うなら牝馬、キングマンボ系を狙うなら牡馬というデータを覚えておきたい。

■騎手別成績
※新潟競馬場で行われた2014年を除く9年分を対象として分析している。

今年のスプリンターズSで騎乗が想定されている騎手の成績をピックアップすると以下の通りになった。

岩田康誠 【2.1.0.4】
C.ルメール【2.0.0.2】
川田将雅 【1.1.1.3】
池添謙一 【1.1.1.4】
戸崎圭太 【1.0.0.4】
松若風馬 【0.1.0.1】
和田竜二 【0.1.0.1】
福永祐一 【0.0.1.6】
田辺裕信 【0.0.1.2】
浜中俊  【0.0.0.5】
大野拓弥 【0.0.0.3】
藤岡佑介 【0.0.0.3】
三浦皇成 【0.0.0.3】
幸英明  【0.0.0.3】
(※横山和生、吉田隼人、鮫島克駿、岩田望来は騎乗歴なし)

ロードカナロアで2勝を挙げた岩田康騎手、タワーオブロンドン、グランアレグリアで同じく2勝を挙げたC.ルメール騎手は好相性と言って差し支えないだろう。川田騎手、池添騎手も騎乗回数を重ねたうえで高い複勝率を誇っている。

一方で相性が悪いのは、7回騎乗して3着が1回あるのみの福永騎手。2016年のスプリンターズSでは単勝1.8倍の圧倒的1番人気に支持されたビッグアーサーで12着と大敗している。同じスプリントGIの高松宮記念では過去10年で【2.0.2.4】と好相性なのとは対照的だ。

また、5回騎乗していずれも4着以下に敗れている浜中騎手もこのレースを苦手としている。

<データからのピックアップ>

・レシステンシア

セントウルSで接戦を制し優勝した4歳馬。スプリンターズSと相性の良いサンデーサイレンス系牝馬というのも好材料だ。

高松宮記念では4角7番手から差してくる競馬ができているのもプラス要素。4角2-3番手の馬が好成績を残せていないレースの成績を考えると、高松宮記念のようなレースをした方が好走する可能性が高くなりそうだ。C.ルメール騎手のスプリンターズS勝利はいずれも差し・追い込みでの優勝。レシステンシアで3度目を狙う。

・モズスーパーフレア

常にハナを切る快速牝馬は、このスプリンターズSでも2年連続でハナを切っている。上述したように中山競馬場のスプリンターズSで4角先頭の馬は複勝率50%超え。ここ2年スプリンターズSで結果を残している北九州記念チョイ負け組なのも好感。

最大の懸念点はハナ争いに絡んできそうなメイケイエールの存在か。ハナ争いをうまくやり過ごし、4角先頭で直線を迎えたいところだ。

・ミッキーブリランテ

キーンランドC組からはこの馬をピックアップ。というのも、近10年のスプリンターズSにおけるキーンランドC組は11年のカレンチャンとパドトロワを除いて、「キーンランドCで4角5番手以下の馬」がスプリンターズSで馬券になっているのだ。

「前走キーンランドCで5番人気以内かつ4角5番手以下」のスプリンターズSにおける成績は【1.0.4.14】で、複勝率は26.3%、複勝回収率は126%という成績を残している。「函館SSで連対」→「キーンランドCで上位人気に推されるも掲示板を外す敗戦」という戦績はドリームバレンチノ(2012年9番人気3着)を彷彿とさせる。

相性の良くないサンデーサイレンス系牡馬という点だけは引っかかるが、ヒモ穴候補として押さえておきたい。

(Text:inoue)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP