UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2021/08/17  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【北九州記念(GIII)攻略データコラム】波乱必至のスプリント戦

北九州記念(GIII)3歳以上 ハンデ 小倉芝1200m
過去10年のデータをもとに分析する。

■全体傾向
・人気と配当
-----------------
1人気【0.3.1.6】勝0.0% 連30.0% 複40.0%
2人気【1.1.1.7】勝10.0% 連20.0% 複30.0%
3人気【1.1.1.7】勝10.0% 連20.0% 複30.0%
4人気【0.1.1.8】勝0.0% 連10.0% 複20.0%
5人気【0.1.1.8】勝0.0% 連10.0% 複20.0%
6-9人気【8.0.2.30】勝20.0% 連20.0% 複25.0%
10人気以下【0.3.3.144】勝0.0% 連2.0% 複4.0%
-----------------

過去10年で2012年、2014年を除き最低1頭は5番人気以内の馬が馬券に絡むが、内2回は3頭すべて5番人気以下で決まっている。

また8番人気が最多の5勝を挙げており、馬連平均1万753円、3連複平均11万8590円。波乱の多い重賞とあって3連単平均は64万5546円、14年は395万3810円、17年は107万8270円と100万馬券が出ている。軸1頭に決めてしまうと縦目となる可能性は高いため、手広く馬券を買うべきレースだろう。

・年齢
-----------------
3歳【0.2.2.18】勝0.0% 連9.1% 複18.2%
4歳【3.3.5.16】勝11.1% 連22.2% 複40.7%
5歳【3.5.1.39】勝6.3% 連16.7% 複18.8%
6歳【3.0.2.37】勝7.1% 連7.1% 複11.9%
7歳【1.0.0.19】勝5.0% 連5.0% 複5.0%
8歳【0.0.0.8】勝0.0% 連0.0% 複0.0%
-----------------

好走数、好走率ともに最も多いのは4歳馬で、次いで5歳馬。斤量によって好走率に大きな差はないが、55.5キロ以上背負った4,5歳馬は勝利がない。

7歳以上の高齢となると好走は難しく、6歳以下を狙うのがいいだろう。

・斤量
-----------------
49キロ以下【0.0.0.5】勝0.0% 連0.0% 複0.0%
49.5-51キロ【0.0.1.16】勝0.0% 連0.0% 複5.9%
51.5-53キロ【3.5.3.35】勝6.5% 連17.4% 複23.9%
53.5-55キロ【5.3.3.48】勝8.5% 連13.6% 複18.6%
55.5-57キロ【2.2.3.31】勝5.3% 連10.5% 複18.4%
57.5-59キロ【0.0.0.3】勝0.0% 連0.0% 複0.0%
-----------------

軽すぎても重すぎても良くない傾向で、51.5-57キロまでは好走率は安定している。また今回増は勝9.1% 連27.3% 複36.4%、今回減は勝5.3% 連13.2% 複15.8%。今回減の出走馬の方が多いが、今回増の馬は軽視しない方がいいだろう。

・脚質
-----------------
逃げ【0.1.0.9】勝0.0% 連10.0% 複10.0%
先行【3.5.3.33】勝6.8% 連18.2% 複25.0%
中団【6.3.3.55】勝9.0% 連13.4% 複17.9%
後方【1.1.3.41】勝2.2% 連4.3% 複10.9%
マクリ【0.0.1.0】勝0.0% 連0.0% 複100.0%
-----------------
※3F上がり順位
1位 【3.0.3.6】勝25.0% 連25.0% 複50.0%
2位 【2.1.1.7】勝18.2% 連27.3% 複36.4%
3位 【2.2.1.5】勝20.0% 連40.0% 複50.0%
4-5位【2.2.0.19】勝8.3% 連20.8% 複20.8%
6位以下【1.4.5.101】勝0.9% 連4.5% 複9.0%
-----------------

逃げ馬の馬券絡みは昨年2着のモズスーパーフレアの1回のみ。ハナを切らないと脆い部分がある馬は、モズスーパーフレアのように重賞勝ちの実績がないと3着以内に入るのが難しいレースだ。今年もモズスーパーフレアが出走予定だが、本命級というよりは相手関係をみて決めたい1頭か。

・枠
-----------------
1枠【1.0.0.17】勝5.6% 連5.6% 複5.6%
2枠【2.0.0.17】勝10.5% 連10.5% 複10.5%
3枠【1.2.1.15】勝5.3% 連15.8% 複21.1%
4枠【1.4.1.14】勝5.0% 連25.0% 複30.0%
5枠【1.1.1.17】勝5.0% 連10.0% 複15.0%
6枠【1.2.3.14】勝5.0% 連15.0% 複30.0%
7枠【0.1.1.23】勝0.0% 連4.0% 複8.0%
8枠【3.0.3.21】勝11.1% 連11.1% 複22.2%
-----------------

短距離重賞とあってテンのポジション争いは激化するからか、ふさがれやすく揉まれやすい1枠は1頭しか馬券に絡んだことがない。また奇数枠【3.4.3.72】に対して偶数枠【7.6.7.66】と偶数枠の方が馬券に絡んだ数が倍になる。


■狙うべき軸候補
北九州記念、過去10年において馬券になった30頭中28頭が前走1000?1200m組で【10.9.9.121】となっている。
なお残りの2頭は前走1800m、前走2400mからの500m以上距離を短縮した2頭だった。
ここから絞り込み、ピックアップしていきたい。

(1)4-6歳馬【9.8.8.82】
7歳以上はほとんど好走しておらず、16年勝ち馬のバクシンテイオーのみ。スワンS4着が最高だったが、ここが同馬にとって重賞初制覇かつキャリアハイだった。

前走1000?1200mの3歳馬は15頭おり、19年ディアンドル2着、18年ラブカンプー3着の2頭が馬券に絡んだ。近年は3歳馬も好走する傾向だが、葵S2着以内の実績がないと厳しそうである。

(2)かつ父サンデー系・ナスルーラ系・ノーザンダンサー系【7.5.5.42】
父ミスプロ系も馬券絡みはあるものの単複回収値が100以下と、サンデー系、ナスルーラ系、ノーザンダンサー系より低かった。

(3)かつ前走新潟・阪神・小倉【5.5.3.16】
前走新潟組はすべてアイビスSD組。また前走小倉や阪神内回りの1200mの実績がある馬の方が好走する傾向だった。

全てに該当した馬は
勝17.2% 連34.5% 複44.8%

☆今年の該当馬☆
アウィルアウェイ、クリノアリエル


■上位人気に推されて好走できた馬の共通点
上位1-5番人気は【2.7.5.36】で勝利数こそ少ないが、馬券絡みは多数。過去1-5人気に推されて3着以内になった14頭の共通点を探り、今年の該当馬をピックアップしたい。

(1)前走勝ちまたは0秒2以内の負け 14頭中14頭
☆今年の該当馬☆
アウィルアウェイ、ジャンダルム、ファストフォース、ファンタジステラ、ボンボヤージ、ロジーナ

(2)前走初角7番手以内 14頭中14頭
☆今年の該当馬☆
ファストフォース、ジャンダルム、ファンタジステラ、ボンボヤージ、ボンセルヴィーソ、メイショウキョウジ、モズスーパーフレア

(3)3-5歳馬 14頭中14頭
☆今年の該当馬☆
アウィルアウェイ、シゲルピンクルビー、ファストフォース、ボンボヤージ、ロジーナ

☆☆全てに該当した馬☆☆
ファストフォース、ボンボヤージ
全てに該当した2頭が今回人気に推されるようであれば信頼度は高そう。


■6番人気以下で好走した馬の傾向
6番人気以下は【8.3.5.102】。
ここから絞り込み、ピックアップしていきたい。

(1)前走斤量53.5-57キロ
【8.2.4.83】勝8.2% 連10.3% 複14.4%
⇒アウィルアウェイ、エングレーバー、ジャンダルム、ファンタジステラ、ボンセルヴィーソ、ボンボヤージ、メイショウカリン、メイショウキョウジ、モズスーパーフレア、レッドアンシェル

(2)さらに前走1200m以下で初角5番手以下
【8.1.3.46】勝13.8% 連15.5% 複20.7%
⇒アウィルアウェイ、エングレーバー、メイショウカリン、メイショウキョウジ、レッドアンシェル

(3)さらに4-6歳馬
【7.1.3.29】勝17.5% 連20.0% 複27.5%
⇒アウィルアウェイ、メイショウキョウジ

(4)さらに前走馬体重440-499キロ
【6.1.2.19】勝21.4% 連25.0% 複32.1%
単複回収値は373/294。

上位人気にならなかった馬は、レース傾向から嫌われやすい前走中団以降から競馬をした馬になることが多い。その中でも好走の可能性があるのは、前走ハンデ戦でも軽すぎない斤量を背負い、レース経験豊富になって充実期を迎えた4-6歳馬だ。

☆今年の該当馬☆
⇒アウィルアウェイ、メイショウキョウジ


よって、データから導き出された北九州記念は

■狙うべき軸候補は、アウィルアウェイ、クリノアリエル

■上位人気に推されて好走できた馬の共通点より押さえるべき馬は、
ファストフォース、ボンボヤージ

■6番人気以下で好走した馬の傾向より押さえるべき馬は、
アウィルアウェイ、メイショウキョウジ


となった。

過去には大波乱も多発しており攻略が難しい重賞だが、これも夏競馬の醍醐味。前走、重馬場の高松宮記念では勝ち馬に0秒3差の5着と、前年覇者の力を示したモズスーパーフレアの始動に夏の上がり馬たちが待ち受ける注目のスプリント戦となりそうだ。

(Text:funaki)

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP