UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2021/01/19  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【AJCC(GII)攻略データコラム】前走GI組がリード

AJCC(GII) 4歳以上 別定 芝2200m
※過去10年データ

■単勝上位人気成績
・1人気/【3.3.0.4】
勝30.0%/連60.0%/複60.0%

・2人気/【3.1.2.4】
勝30.0%/連40.0%/複60.0%

・3人気/【1.1.2.6】
勝10.0%/連20.0%/複40.0%

※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率

本重賞の馬連平均配当は4099円。一見すると高配当寄りだが、14年の馬連14960円、15年の11950円が平均値を大きく押し上げた印象だ。17年以降は毎年1人気馬が連対をはたしているように、人気馬優勢の傾向がデータから窺える。

■前走別傾向
・GI組/【6.3.2.21】
・GII組/【3.0.2.18】
・GIII組/【0.5.4.29】

前走GI組と前走GII組。本重賞は2つの主流ローテに分類される。ただ、同じGIレースであっても前走牝馬限定GI組は【0.0.0.3】と不振傾向。GIから参戦する組では牡馬が狙い目だ。

☆前走GIの牡馬=アリストテレス、ヴェルトライゼンデ、サトノフラッグ、モズベッロ

■年齢別傾向
・4歳/【1.4.3.12】
・5歳/【5.1.3.15】
・6歳/【3.1.2.28】
・7歳以上/【1.4.2.49】

8勝を挙げる5-6歳馬が主力を形成。7人気1着シャケトラ、同じく7人気1着タンタアレグリアなど人気の盲点にあった実績馬が激走するケースも珍しくなく、条件替わりで評価を見直すべき5-6歳馬探しが捗るレースと言える。

☆5歳馬=サンアップルトン、タガノディアマンテ、ナイママ、モズベッロ、ラストドラフト、ランフォザローゼス
☆6歳馬=ジェネラーレウーノ、ステイフーリッシュ

■血統傾向
・父サンデーサイレンス系/4勝
・父キングカメハメハ系/2勝
・父ノーザンダンサー系/2勝
・父トニービン系/2勝

近代競馬の主流血統がまんべんなく勝利を挙げている印象。母父に目を向けるとミスタープロスペクター系の血を引く馬が4勝、そのうち3勝が父サンデーサイレンス系だった。サンデーサイレンス系×ミスタープロスペクター系の配合馬は要注目だ。

☆父サンデーサイレンス系×母父ミスタープロスペクター系=サンアップルトン、ステイフーリッシュ、タガノディアマンテ

■脚質別傾向
・逃げ/【1.1.1.8】
・先行/【7.6.2.21】
・差し/【2.2.6.45】
・追込/【0.0.0.30】

パッとみて気が付くのは逃げ・先行馬の活躍ぶり。ゴールドシップやフィエールマンといったGI馬ですら差し損ねるケースがあることを踏まえると、前に行けるアドバンテージを重視したいところだ。

☆前走逃げ・先行=アリストテレス、ジェネラーレウーノ、ジャコマル、ステイフーリッシュ、タガノディアマンテ、ナイママ

<データ注目馬>
サンアップルトン、ステイフーリッシュ、タガノディアマンテ、モズベッロ、アリストテレス


☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP