UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2021/01/06  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【フェアリーS(GIII)攻略データコラム】勝ち馬の前走距離に偏り

フェアリーS(GIII) 3歳 馬齢 牝馬 芝1600m
※過去10年データ

■単勝上位人気成績
・1人気/【2.1.0.7】
勝20.0%/連30.0%/複30.0%

・2人気/【1.0.2.7】
勝10.0%/連10.0%/複30.0%

・3人気/【4.0.1.5】
勝40.0%/連40.0%/複50.0%

※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率

本重賞の馬連平均配当は13772円。1・2人気のカテゴリーでも連対率30.0%以下と低迷しており、一筋縄ではいかないレース性質が窺える。なお、1人気馬で馬券圏内を確保した3頭はいずれも馬番ひと桁番。馬番フタ桁番の1人気馬は【0.0.0.6】となっており、1人気馬の取捨を見極めるうえで重大な手がかりと言えそうだ。

■前走距離別傾向
・1200m組/【0.1.1.13】
・1400m組/【0.1.1.29】
・1500m組/【0.0.1.0】
・1600m組/【10.5.5.71】
・1800m組/【0.1.1.13】
・2000m組/【0.2.1.4】

母数の違いこそあれ、前走1600m組が全10勝を挙げる活躍。勝ち馬を探す観点にあって、この組は外せない。対照的に不振が際立つのは前走1400m組。今年も多数エントリーをはたしているが、データ面からは割り引きたい印象を受ける。

☆前走芝1600m組=アトミックフレア、クールキャット、グロリユーノワール、シャドウファックス、タイニーロマンス、テンハッピーローズ

■血統別傾向
・父サンデーサイレンス系/6勝
・父ノーザンダンサー系/2勝
・父ミスタープロスペクター系/1勝
・父エーピーインディ系/1勝

勝利数では父サンデーサイレンスが一歩リード。2.3着のゾーンでも複数馬券圏内に入っており、このレースにおける一大勢力を築き上げている。特に3勝を挙げる父ディープインパクト系には注意を払いたいところだ。

☆父ディープインパクト系=ビップエレナ、ファインルージュ

■所属厩舎別傾向
・関東馬/【10.8.8.109】
・関西馬/【0.2.2.21】

25頭が参戦した関西馬はいまだ勝利実績なし。イリュミナンスやリセエンヌ、アクアミラビリスなど、1人気馬が何度も馬券圏外に敗れた事実は見逃せない。関東馬優位と捉えたいレースだ。

☆関西馬=アトミックフレア、オプティミスモ、テンハッピーローズ、ルース、ルチェカリーナ

■枠順傾向
・1-2枠/【4.2.4.30】
・3-4枠/【4.3.3.30】
・5-6枠/【0.2.0.38】
・7-8枠/【2.3.3.32】

中山芝1600mは内枠有利。その傾向通りのデータと言えるだろう。昨年は1枠を引き当てたスマイルカナが鮮やかな逃げ切り勝ち。枠順には気を配りたい。

<データ注目馬>
シャドウファックス、タイニーロマンス、クールキャット、ファインルージュ


☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP