UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2020/12/22  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【有馬記念(GI)攻略データコラム】人気馬のローテに死角あり

有馬記念(GI) 3歳以上 定量 芝2500m
※過去10年データ

■単勝上位人気成績
・1人気/【5.2.1.2】
勝50.0%/連70.0%/複80.0%

・2人気/【2.1.2.5】
勝20.0%/連30.0%/複50.0%

・3人気/【1.1.2.6】
勝10.0%/連20.0%/複40.0%

※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率

本重賞の馬連平均配当は3504円。近2年は人気馬同士の決着が目立つものの、8人気1着、10人気2着馬など人気薄の好走も珍しくない。紐荒れの要因となる穴馬にはどのような共通点があるのか? その他項目を掘り下げていこう。

■前走別傾向
・菊花賞組/【4.1.2.3】
・ジャパンC組/【3.4.6.47】
・海外GI組/【2.0.1.6】
・アルゼンチン共和国杯組/【1.0.0.5】
・天皇賞(秋)組/【0.2.0.12】
・エリザベス女王杯組/【0.1.0.14】

菊花賞組が他の臨戦過程を一歩リード。ただ、その中身を紐解くと馬券内に入った7頭はGI連対歴もしくは古馬混合重賞勝利実績を有していた。その他ローテーションで気がかりなのは天皇賞(秋)、エリザベス女王杯組の好走率の低さ。この2組から有力馬が多数参戦する今年、一筋縄ではいかない傾向が窺える。

☆菊花賞組=バビット
☆天皇賞(秋)組=クロノジェネシス、フィエールマン、ブラストワンピース
☆エリザベス女王杯組=サラキア、ラッキーライラック、ラヴズオンリーユー

■血統別傾向
・父サンデーサイレンス系/8勝
・父ロベルト系/1勝
・父ノーザンダンサー系/1勝

8勝を挙げる父サンデーサイレンス系がこのレースの主軸。なかでも3勝のステイゴールド系、ディープインパクト系は評価を上げたいところだ。

☆父ステイゴールド系=オーソリティ、オセアグレイト、クレッシェンドラヴ、バビット、ブラックホール、ラッキーライラック
☆父ディープインパクト系=カレンブーケドール、サラキア、ディープボンド、フィエールマン、ミッキースワロー、モズベッロ、ラヴズオンリーユー、ワールドプレミア

■年齢別傾向
・3歳/【5.2.3.16】
・4歳/【1.6.2.35】
・5歳/【4.2.4.43】
・6歳/【0.0.1.14】
・7歳以上/【0.0.0.18】

好走率で捉えたとき、もっとも優秀な成績を残しているのは3歳馬。14年の9人気2着馬トゥザワールドや10年の14人気3着馬トゥザグローリーなど人気薄の好走も多い。一方で6歳以上の連対はなく、この舞台では割引が必要。

☆3歳馬=オーソリティ、ディープボンド、バビット、ブラックホール

■枠順別傾向
・1-2枠/【3.3.1.31】
・3-4枠/【4.4.1.29】
・5-6枠/【2.3.5.30】
・7-8枠/【1.0.3.36】

1-4枠の馬番ひと桁番を引いた馬が7勝。鬼門なのは8枠で、数字で示すと【0-0-1-19】。この枠を引き当てた馬の評価は慎重に行いたいところだ。

<データ注目馬>
バビット、オーソリティ、ディープボンド、ブラックホール


☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP