UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2020/12/01  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【チャンピオンズC(GI)攻略データコラム】前走レースが取捨の鍵

チャンピオンズC(GI) 3歳以上 定量 ダ1800m
※レース名称変更後の2014年以降データ

■単勝上位人気成績
・1人気/【1.3.0.2】
勝16.7%/連66.7%/複66.7%

・2人気/【2.0.0.4】
勝33.3%/連33.3%/複33.3%

・3人気/【0.1.3.2】
勝0.0%/連16.7%/複66.7%

※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率

本重賞の馬連平均配当は4333円。牝馬のサンビスタが制した15年の馬連11040円が平均値を大きく押し上げたように思われるが、16-18年にかけて6-8人気馬が立て続けに連対をはたしている。配当妙味アップの背景には何があるのか? その他データを調べていこう。

■前走別傾向
・JBCクラシック組/【2.1.2.23】
・マイルCS南部杯組/【2.1.0.3】
・みやこS組/【0.2.2.19】
・武蔵野S組/【0.2.0.15】

JBCクラシック組とマイルCS南部杯組が優勢。その一方でみやこS組、武蔵野S組は勝利に恵まれておらず、過去データが示す力関係は明らか。今年も地方GI組にアドバンテージありと捉えるべきだろう。

☆JBCクラシック組=クリソベリル、チュウワウィザード
☆マイルCS南部杯組=アルクトス、インティ、ゴールドドリーム

■血統別傾向
・父サンデーサイレンス系/3勝
・父ロベルト系/1勝
・父ノーザンダンサー系/1勝
・父キングマンボ系/1勝

勝利数では父サンデーサイレンスが一歩リード。母父サンデーサイレンス系にゾーンを拡げると好走馬の数はさらに増え、当レースへの適性を覗かせる。舞台替わりの恩恵を受けた血統として注目したいところだ。

☆父サンデーサイレンス系=アルクトス、クリソベリル、クリンチャー、ゴールドドリーム、サンライズノヴァ、タイムフライヤー

■年齢別傾向
・3歳/【2.1.0.8】
・4歳/【1.0.1.22】
・5歳/【1.2.3.14】
・6歳/【2.3.1.15】
・7歳以上/【0.0.1.16】

目を覆いたくなるほどの不振傾向にあるのが4歳馬。今年はディフェンディング・チャンピオンのクリソベリルがこのデータに挑むわけだが、数字のうえでは向かい風が吹いていると言わざるを得ない。12人気1着サンビスタ、6人気1着サウンドトゥルーなど穴馬の好走が目立つ6歳勢に注目だ。

☆4歳馬=クリソベリル、サトノギャロス
☆6歳馬=アナザートゥルース、インティ、クリンチャー、サンライズノヴァ、モズアスコット

<データ注目馬>
チュウワウィザード、アルクトス、クリンチャー、クリソベリル、インティ


☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP