UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2020/09/08  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【京成杯AH(GIII)攻略データコラム】ディープ産駒が強い

京成杯AH(GIII) 3歳以上 ハンデ 芝1600m
※過去10年データ

■単勝上位人気成績
・1人気/【3.0.0.7】
勝30.0%/連30.0%/複30.0%

・2人気/【3.1.2.4】
勝30.0%/連40.0%/複60.0%

・3人気/【1.1.1.7】
勝10.0%/連20.0%/複30.0%

※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率

サマーマイルシリーズ最終戦に組み込まれるレース。厳しい夏競馬を転戦した馬が揃う一戦とあって、夏に消耗し切ってしまった人気馬が飛ぶケースも珍しくない。本重賞の馬連平均配当は9128円と、万馬券に近い数字であることも頷ける。各項目から波乱の背景を探っていきたい。

■前走別傾向
・3勝クラス勝利組/【4.0.0.3】
・関屋記念組/【1.5.5.43】
・七夕賞組/【1.1.0.0】
・中京記念組/【1.0.2.8】

重賞好走馬を差し置いて、3勝クラスを勝ち上がった馬が優勢。有力馬が秋の始動を迎えるにはまだ早い時期の開催であることが影響しているのだろう。関屋記念組は好走馬の数こそ目立つものの、母数の多さゆえ凡走の数もそれなり。人気で嫌って妙味なのかもしれない。

☆3勝クラス勝利組=アフランシール

■血統傾向
・父サンデーサイレンス系/7勝
・父ミスタープロスペクター系/3勝

驚くべきことに、この2大血統以外に勝利した血統はゼロ。日本競馬をけん引する血筋を素直に信頼すべきとのデータだ。なかでも注目は【1.5.1.10】複41.2%のディープインパクト産駒。東京・京都マイルの印象が強い種牡馬だが、この舞台への適性を侮ってはいけない。

☆父ディープインパクト=アルーシャ、エントシャイデン、スマイルカナ
☆父ミスタープロスペクター系=ストーミーシー、トロワゼトワル、ラセット

■枠順傾向
・1-2枠/【2.3.2.25】
・3-4枠/【1.2.3.34】
・5-6枠/【7.3.3.26】
・7-8枠/【0.2.2.35】

中山芝1600mは内枠有利。その先入観で捉えてしまうとしっぺ返しを食らうような結果が出た。7勝を挙げる5-6枠が極めて優秀な成績。外枠不利の傾向はイメージ通りだが、中枠に近い場所を引き当てた馬の評価を極端に下げる必要はない。

<データ注目馬>
アフランシール、スマイルカナ、トロワゼトワル、エントシャイデン、アルーシャ

☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP