UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2020/09/01  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【札幌2歳S(GIII)攻略データコラム】前走同距離組が圧倒

札幌2歳S(GIII) 2歳 馬齢 芝1800m
※過去10年データ

■単勝上位人気成績
・1人気/【2.2.2.4】
勝20.0%/連40.0%/複60.0%

・2人気/【2.2.1.5】
勝20.0%/連40.0%/複50.0%

・3人気/【2.1.0.7】
勝20.0%/連30.0%/複30.0%

※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率

1人気馬の連対率40%はやや物足りなさが残る。昨年は単勝1倍台の支持を集めたゴルコンダが掲示板内すら確保できずに敗戦。1人気馬は馬券圏外4頭中3頭が関東馬である点にも気を留めておきたいところ。

■前走距離別傾向
・1200m組/【0.0.0.9】
・1500m組/【1.2.3.18】
・1600m組/【2.1.0.7】
・1800m組/【7.7.7.67】

前走1800m組が7勝。他を圧倒する好成績だ。この組でもっとも好走率が高いのが「前走札幌芝1800mから臨む関西馬」。ゴールドシップやレッツゴードンキなど、翌年のクラシックを制する馬もこれに該当していた。

☆前走札幌芝1800mから臨む関西馬=ヴィゴーレ、ヴェローチェオロ、ジオルティ、バスラットレオン、

■血統別傾向
・父ステイゴールド系/3勝
・父ネオユニヴァース/2勝
・父ハービンジャー/1勝
・父キングカメハメハ/1勝
・父スクリーンヒーロー/1勝
・父ハーツクライ/1勝
・父アグネスタキオン/1勝

父ステイゴールド系が3勝。洋芝との相性がよほど良いのだろう。また、昨年の勝ち馬であるゴールドシップ産駒ブラックホールや17年勝ち馬ロックディスタウンなど、新種牡馬の仔が活躍している点も見逃せない傾向と言える。

☆父ステイゴールド系=アオイゴールド、ウインルーア、ヴェローチェオロ、コスモアシュラ、スライリー、ベストインクラス、ユーバーレーベン
☆新種牡馬の産駒=ピンクカメハメハ(父リオンディーズ)、ベストインクラス(父リヤンドファミユ)

■枠順別傾向
・1-2枠/【2.0.3.15】
・3-4枠/【3.1.3.29】
・5-6枠/【1.2.2.35】
・7-8枠/【4.7.2.27】

好走が目立つのは外枠。4勝2着7回と上々の成績を残している。14年以降は毎年馬番フタ桁番を引いた馬が連対中。札幌2歳Sにおける要注目枠だ。

<データ注目馬>
ヴェローチェオロ、ピンクカメハメハ、ウインルーア、ヴィゴーレ、バスラットレオン


☆競馬評論家・田原基成氏の「重賞出走馬全頭分析」は【毎週木曜日】18時公開!

PAGE TOP