UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2020/06/19  UMAJiN.net/データ部「重賞攻略データ」

【再開】【重賞完全攻略データ】ユニコーンS(GIII)を徹底分析!

平素よりUMAJIN. netをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

昨年9月以来休止しておりましたコラム「重賞完全攻略データ」ですが、このたび荒れる傾向のある夏重賞への攻略に向けて掲載のご要望を多数頂戴したこともあり、今週より公開を再開いたします。

より深く、より掘り下げた重賞データコラム掲載に向け引き続き準備を進めてまいりますが、それまでの間、下記データも皆様の馬券検討にお役立ていただければ幸いです。

ユニコーンS(GIII) 3歳 ダート1600m
※過去10年データ

■単勝上位人気成績
・1人気/【3.3.0.4】
勝30.0%/連60.0%/複60.0%

・2人気/【3.3.1.3】
勝30.0%/連60.0%/複70.0%

・3人気/【4.1.3.2】
勝40.0%/連50.0%/複80.0%

※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率

上位人気の馬券圏内率の高さを見ると、本重賞の馬連平均配当2566円という数字もうなずける。闇雲に人気薄を狙うのはリスクを伴いそうだが、この事実が4番人気以下の注目度を下げているとすれば、目の付け所ひとつで思わぬ穴馬に巡りあう可能性も十分か?その他項目も掘り下げてみたい。

■気になるローテ
距離短縮で臨んだ馬は【6.5.5.43】と11連対を数える。このうち前走4人気以下だった馬は【0.1.0.26】と不振傾向。たとえ短縮ローテであっても、前走人気は注意すべき項目だ。
☆距離短縮かつ前走3人気内=サンライズホープ

■前走別傾向
・兵庫CS組/【3.1.1.5】
・青竜S/【1.3.3.15】
・鳳雛S/【1.1.1.8】
・端午S/【0.3.0.14】

兵庫CS組の好走が目立つが、今年も同ステップを踏んだのはマカオンブランのみとここ最近はこのローテの出走馬自体多くない。代わって台頭してきたのが青竜S(ダ1600m)、鳳雛S(ダ1800m)の、ユニコーンSが距離維持or短縮となるメンバー。ここが距離延長となる端午S(ダ1400m)組は16年以降【0.0.0.5】と成績が振るわず、やはり前項で紹介したように、距離短縮組が有利に出るのか。今年も注目してみたい。

☆兵庫CS組=マカオンブラン
☆青竜S組=タガノビューティー、デュードヴァン
☆鳳雛S組=キッズアガチャー
☆端午S組=オーロラテソーロ、サトノラファール

■枠順傾向
※馬券圏内率倍増!?
緑、オレンジ、ピンク帽に注目!

過去10年の1着馬5頭が6枠、7枠、8枠から誕生。3着内率に目を向けても、

【1枠?5枠】10%台→【6枠?8枠】25%

と外枠が猛威を振るっている点は無視できない。

・6枠単勝回収率123%
・8枠複勝回収率154%

という数字からも、決して人気馬ばかりが外枠に入っているわけではない。オッズにかかわらず一度外枠の馬には目を向けてみるべきだろう。

☆6枠=サンダーブリッツ、キッズアガチャー
☆8枠=キタノオクトパス、カフェファラオ

<データ注目馬>
タガノビューティー、デュードヴァン、サンライズホープ、キッズアガチャー、マカオンブラン


【こちらも必見!】競馬評論家・田原基成氏が重賞出走馬全頭を徹底分析!

■カフェファラオ、デュードヴァンほか、2020ユニコーンS出走予定馬16頭分析
https://uma-jin.net/new/salon/salon_detail/4442/0/67

■ダイアトニックほか、2020函館スプリントS出走予定馬16頭分析
https://uma-jin.net/new/salon/salon_detail/4443/0/67

PAGE TOP