UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

今週のレース(WINDEX)

08月24日()

08月25日()

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2019/07/28  UMAJiN.net/データ部「徹底分析/重賞完全攻略データ」

【重賞完全攻略データ】小倉記念(GIII)を徹底分析!

七夕賞、函館記念に続くサマー2000シリーズの第3戦。2009年に3連単97万馬券、2011年に87万馬券、3年前は32万馬券と、荒れる時はとことん荒れる重賞だ。ここでは、過去10年の結果から狙いどころを探っていきたい。

まずは人気面から。

■単勝人気別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・1人気/【1.2.2.5】
勝10.0%/連30.0%/複50.0%
・2人気/【0.3.1.6】
勝0.0%/連30.0%/複40.0%
・3人気/【3.0.1.6】
勝30.0%/連30.0%/複40.0%
・4人気/【2.2.0.6】
勝20.0%/連40.0%/複40.0%
・5人気/【0.1.1.8】
勝0.0%/連10.0%/複20.0%
・6人気/【1.1.2.6】
勝10.0%/連20.0%/複40.0%
・7人気/【0.0.0.10】
勝0.0%/連0.0%/複0.0%
・8人気/【0.0.1.9】
勝0.0%/連0.0%/複10.0%
・9人気/【1.0.2.7】
勝10.0%/連10.0%/複30.0%
・10人気以下/【2.1.0.55】
勝3.4%/連5.2%/複5.2%

1人気は、過去10年で一度しか勝っておらず、連対率も30%と決して高くない。昨年久々に馬券に絡んだが、まだ疑ってかかったほうがいいだろう。ちなみに2、3人気にしても大して成績は変わらない。だが、2人気は勝ち星こそないものの、近5年で2着3回3着1回と好調だ。最近は1人気よりも2人気のほうが信頼度は高い。ほかでは4人気と6人気に注目。4人気は近3年で2回連対、6人気は昨年こそ馬券圏外も、その前は4年連続で3着以内に入っている。また、荒れるときは荒れる重賞だけに、8人気以下も無視できない。ただし、馬券に絡んだ7頭全馬は5歳以上だったので、4歳馬の人気薄は消しでいい。

次にステップ面。

■前走別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・七夕賞/【3.3.3.41】
勝6.0%/連12.0%/複18.0%
・鳴尾記念/【2.0.0.2】
勝50.0%/連50.0%/複50.0%
・新潟大賞典/【1.2.1.2】
勝16.7%/連50.0%/複66.7%
・天皇賞・春/【1.1.0.1】
勝33.3%/連66.7%/複66.7%
・マレーシアC/【1.0.0.5】
勝16.7%/連16.7%/複16.7%
・目黒記念/【1.0.0.3】
勝25.0%/連25.0%/複25.0%
・日本ダービー/【0.1.0.0】
勝0.0%/連100%/複100%
・皐月賞/【0.1.0.0】
勝0.0%/連100%/複100%
・米子S/【0.0.2.3】
勝0.0%/連0.0%/複40.0%
・エプソムC/【0.0.1.5】
勝0.0%/連0.0%/複16.7%
・宝塚記念/【0.0.1.4】
勝0.0%/連0.0%/複20.0%
・マーメイドS/【0.0.1.3】
勝0.0%/連0.0%/複25.0%
・下鴨S/【0.0.1.0】
勝0.0%/連0.0%/複100%
※日程や条件が大きく変わったレースは省略。

ステップレースは多岐にわたるが、七夕賞や新潟大賞典など、前走がハンデ重賞だった馬が好走しやすい。最も馬券に絡んでいるのは七夕賞で、8着以内だった馬が狙い目。新潟大賞典は好走した馬よりも7~9着だった馬がいい。ほかのハンデ重賞では、目黒記念は着順不問、マーメイドSは4着以内なら買い目に入れておきたい。あとは、鳴尾記念組と春のGI組も侮れない。前者は着順不問、後者は7着以下だった馬に要注意。

次にハンデ面を見ていこう。

■ハンデ別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
51キロ以下/【0.0.0.9】
勝0.0%/連0.0%/複0.0%
52~53キロ/【2.1.2.27】
勝6.3%/連9.4%/複15.6%
54~55キロ【4.3.3.40】
勝8.0%/連14.0%/複20.0%
56~57キロ【4.6.2.37】
勝8.2%/連20.4%/複24.5%
57.5キロ以上【0.0.3.5】
勝0.0%/連0.0%/複37.5%

51キロ以下の軽ハンデ馬は馬券に絡んでおらず、52キロも一度しか好走したことがない。軽ハンデ馬を狙うなら【1.1.2.17】の53キロ。連対という意味では5連対の56キロと57キロ、4連対の55キロが好調。実績があるか、近走成績のいい馬の好走が多いということだろう。ただし、実績のある57.5キロ以上は連対がなく、3着の可能性が高い。

ハンデ自体では絞りづらいので、好走馬の前走と今回の斤量増減を調べてみた。

■3着以内馬の前走と今回の斤量増減
[2009年]
1着ダンスアジョイ
前走ハンデ戦
55キロ→55キロ(±0キロ)
2着ホッコーパドゥシャ
前走ハンデ戦
56キロ→56キロ(±0キロ)
3着クラウンプリンセス
前走ハンデ戦
52キロ→53キロ(+1キロ増)

[2010年]
1着ニホンピロレガーロ
前走ハンデ戦
56キロ→56キロ(±0キロ)
2着バトルバニヤン
前走ハンデ戦
57キロ→57キロ(±0キロ)
3着スマートギア
前走定量戦
58キロ→57キロ(1キロ減)

[2011年]
1着イタリアンレッド
前走ハンデ戦
52キロ→55キロ(3キロ増)
2着キタサンアミーゴ
前走ハンデ戦
55キロ→55キロ(±0キロ)
3着リクエストソング
前走ハンデ戦
55キロ→55キロ(±0キロ)

[2012年]
1着エクスペディション
前走ハンデ戦
55キロ→55キロ(±0キロ)
2着トーセンラー
前走ハンデ戦
57キロ→57キロ(±0キロ)
3着ナリタクリスタル
前走ハンデ戦
58キロ→58キロ(±0キロ)

[2013年]
1着メイショウナルト
前走定量戦
57キロ→53キロ(4キロ減)
2着ラブリーデイ
前走定量戦
57キロ→53キロ(4キロ減)
3着マイネルラクリマ
前走ハンデ戦
57キロ→58キロ(1キロ増)

[2014年]
1着サトノノブレス
前走定量戦
58キロ→57キロ(1キロ減)
2着マーティンボロ
前走ハンデ戦
54キロ→56キロ(1キロ増)
3着メイショウナルト
前走ハンデ戦
56キロ→57.5キロ(1.5キロ増)

[2015年]
1着アズマシャトル
前走定量戦
57キロ→56キロ(1キロ減)
2着ベルーフ
前走定量戦
57キロ→54キロ(3キロ減)
3着ウインプリメーラ
前走ハンデ戦
54キロ→53キロ(1キロ減)

[2016年]
1着クランモンタナ
前走別定戦
56キロ→54キロ(2キロ減)
2着ベルーフ
前走ハンデ戦
56キロ→56キロ(±0キロ)
3着エキストラエンド
前走別定戦
58キロ→57キロ(1キロ減)

[2017年]
1着タツゴウゲキ
前走ハンデ戦
52キロ→52キロ(±0キロ)
2着サンマルティン
前走ハンデ戦
55キロ→54キロ(1キロ減)
3着フェルメッツァ
前走ハンデ戦
55キロ→55キロ(±0キロ)

[2018年]
1着トリオンフ
前走別定戦
56キロ→57キロ(1キロ増)
2着サトノクロニクル
前走定量戦
58キロ→57キロ(1キロ減)
3着マウントゴールド
前走ハンデ戦
56キロ→54キロ(2キロ減)

前回よりも斤量増だった馬が3着以内6頭に対し、斤量減だった馬は12頭、同斤量だった馬は12頭で、斤量減と同斤量だった馬が好走している。前走から斤量増は割り引きが必要だ。当日の斤量ばかりを見てしまいがちだが、前走との増減もチェックすると、より絞りやすくなる。

■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!

■[お友だち6万2000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

PAGE TOP