UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

今週のレース(WINDEX)

08月24日()

08月25日()

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2019/05/26  UMAJiN.net/データ部「徹底分析/重賞完全攻略データ」

【重賞完全攻略データ】安田記念(GI)を徹底分析!

春のマイル王決定戦。マイラー、スプリンター、中距離馬が集結するだけあって、堅く収まることはほぼなく、毎年のように荒れている。今年は波乱決着となるのか、ここでは過去10年のデータから馬券のポイントを探っていく。

いつものように人気面から見ていこう。

■単勝人気別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・1人気/【4.1.1.4】
勝40.0%/連50.0%/複60.0%
・2人気/【1.1.0.8】
勝10.0%/連20.0%/複20.0%
・3人気/【0.2.2.6】
勝0.0%/連20.0%/複40.0%
・4人気/【0.0.0.10】
勝0.0%/連0.0%/複0.0%
・5人気/【0.2.1.7】
勝0.0%/連20.0%/複30.0%
・6人気/【0.1.1.8】
勝0.0%/連10.0%/複20.0%
・7人気/【1.0.0.9】
勝10.0%/連10.0%/複10.0%
・8人気/【2.1.0.7】
勝20.0%/連30.0%/複30.0%
・9人気/【2.0.0.8】
勝20.0%/連30.0%/複30.0%
・10人気以下/【0.2.5.73】
勝0.0%/連2.5%/複8.8%

荒れるGIではあるが、1人気の成績は勝率40%、連対率50%、複勝率60%と悪くない。しかも、好走のほとんどが近6年で【3.1.1.1】、素直にここから買うのもアリだ。対して2人気は不振傾向。近5年で見ても【0.0.0.5】で、2012年に優勝したストロングリターン以来、好走馬が出ていない。3人気は勝ち星こそないが、2着2回3着2回。2011年以降は好走凡走を交互に繰り返している。その法則に従えば今年は馬券に絡む番だ。人気薄では16人気も馬券に絡んでいて範囲が広い。ただ、単勝オッズ100倍台が好走しているものの、3着以内馬30頭中28頭は単勝オッズ50倍未満だった。

次にステップ面。

■前走別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・京王杯SC/【2.3.2.30】
勝5.4%/連13.5%/複18.9%
・ダービー卿CT/【2.0.0.5】
勝28.6%/連28.6%/複28.6%
・ヴィクトリアM/【1.1.0.11】
勝7.7%/連15.4%/複15.4%
・高松宮記念/【1.0.0.6】
勝14.3%/連14.3%/複14.3%
・NHKマイルC/【1.0.0.2】
勝33.3%/連33.3%/複33.3%
・安土城S/【1.0.0.0】
勝100%/連100%/複100%
・メイS/【1.0.0.0】
勝100%/連100%/複100%
・ドバイDF/【1.0.0.0】
勝100%/連100%/複100%
・マイラーズC/【0.1.6.35】
勝0.0%/連2.4%/複16.7%
・チャンピオンズM/【0.1.0.13】
勝0.0%/連7.1%/複7.1%
・中山記念/【0.1.0.2】
勝0.0%/連33.3%/複33.3%
・マイルCS/【0.1.0.0】
勝0.0%/連100%/複100%
・大阪杯/【0.0.1.4】
勝0.0%/連0.0%/複20.0%

ステップレースは多彩だが、王道は京王杯SC組。昨年こそ馬券に絡まなかったが、過去5年で3頭が好走しており、近年不調ではない。好走条件は9着以内。サンプル数は少ないが、ダービー卿CT組も侮れない。2頭の優勝馬を出している要注目のローテだ。そこで2着に0秒4差以上で勝っているか、2着かつすでにGIを勝っていることが条件。国内GI組は前走が芝1200~2000mで、4着以内が好走の目安だ。あとは、リステッドなどのオープン特別組も注意が必要。2頭の優勝馬を出しているが、ポイントは間隔。2頭とも前々走の重賞で好走しているにも関わらず、オープン特別を挟み、中2週以内で挑んでいた。オープン特別は連対していればよく、短い間隔で勝負してきた馬は押さえておこう。海外組(日本馬限る)は【1.1.0.4】。その海外レースで優勝している馬に限ると【1.1.0.1】で、高確率で連に絡んでくる。なお、海外馬は過去10年で1頭も馬券に絡んでいないので、バッサリ切り捨てていいだろう。

そして、やっかいなのが一昨年からGIに昇格した大阪杯組だ。GII時代は【0.2.1.3】に対し、GIになった過去2年は【0.0.1.3】。まだ傾向が出ているとは言えないが、今のところはGII時代ほど好走馬は出ていない。そこで、過去10年の3着以内馬の中距離実績を調べてみた。

■3着以内馬の
芝1800~2200m成績と重賞実績
※日本馬のみ
[2009年]
1着ウオッカ
【1.2.1.2】/GI1勝
2着:ディープスカイ
【2.3.1.1】/GIII1勝
3着:ファリダット
【0.0.2.1】/なし

[2010年]
1着:ショウワモダン
【4.1.1.7】/GII3着
2着:スーパーホーネット
【3.0.0.3】/GII1勝
3着:スマイルジャック
【1.1.2.3】/GII1勝

[2011年]
1着:リアルインパクト
【0.0.0.0】/なし
2着:ストロングリターン
【1.0.1.2】/GIII3着
3着:スマイルジャック
【1.1.2.5】/GII1勝

[2012年]
1着:ストロングリターン
【1.0.1.2】/GIII3着
2着:グランプリボス
【0.0.0.1】/なし
3着:コスモセンサー
【0.0.0.1】/なし

[2013年]
1着:ロードカナロア
【0.0.0.0】/なし
2着:ショウナンマイティ
【4.4.3.2】/GII1勝
3着:ダノンシャーク
【3.2.1.2】/GIII2着

[2014年]
1着:ジャスタウェイ
【3.3.1.5】/GI2勝
2着:グランプリボス
【0.0.0.2】/なし
3着:ショウナンマイティ
【4.4.3.4】/GII1勝

[2015年]
1着:モーリス
【1.0.1.2】/なし
2着:ヴァンセンヌ
【3.1.0.1】/なし
3着:クラレント
【1.0.1.2】/GIII1勝

[2016年]
1着:ロゴタイプ
【2.2.1.8】/GI1勝
2着:モーリス
【1.0.1.2】/なし
3着:フィエロ
【0.1.0.0】/なし

[2017年]
1着:サトノアラジン
【3.1.2.3】/GIII2着
2着:ロゴタイプ
【2.2.2.9】/GI1勝
3着:レッドファルクス
【0.0.0.0】/なし

[2018年]
1着:モズアスコット
【0.0.0.2】/なし
2着:アエロリット
【1.1.0.1】/GIII1勝
3着:スワーヴリチャード
【4.2.0.1】/GI1勝


昔は中距離実績のある馬が多かったが、ここ7年は中距離に実績のない馬の好走が増えてきて、重要なファクターではなくなってきている。もちろん、中距離実績があるに越したことはないが、なくても好走できるというのが現状だ。昔は平坦な小回りコースばかりで、直線が長いうえに坂のあるコースは東京しかなかった。ゆえに20年以上前から「東京はタフなコース」と言われていたが、現在は阪神に外回りができ、中京もコース改修で坂ができて直線も長くなったように、他コースもある程度のスタミナがないと通用しなくなってきているのだろう。つまり、マイルしか実績がなくても、そういったタフなコースで好走していれば問題ないということ。

さらに安田記念は過去の好走馬が再度好走することが多いのも特徴のひとつ。そこで過去10年の再好走馬の特徴を探ってみた。

■再好走馬の着順と前走レース
・ウオッカ
2008年1着/ヴィクトリアM
2009年1着/ヴィクトリアM

・スマイルジャック
2010年3着/マイラーズC
2011年3着/マイラーズC

・ストロングリターン
2011年2着/京王杯SC
2012年1着/京王杯SC

・グランプリボス
2012年2着/京王杯SC
2014年2着/マイルCS

・ショウナンマイティ
2013年2着/大阪杯
2014年3着/大阪杯

・モーリス
2015年1着/ダービー卿CT
2016年2着/チャンピオンズM

・ロゴタイプ
2016年1着/ダービー卿CT
2017年2着/中山記念

連勝や、2着→1着のように着順を上げている再好走馬は同じステップレースを使っているケースが多いのに対して、1着→2着のように着順を下げている再好走馬は異なるステップを使っていることが多い。今年も該当馬がいれば、前走レースを要チェックだ。

■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!

■[お友だち6万1000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

PAGE TOP