UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2019/04/14  UMAJiN.net/データ部「徹底分析/重賞完全攻略データ」

【重賞完全攻略データ】フローラS(GII)を徹底分析!

オークスのトライアルレースで、3着以内に入った馬に本番への優先出走権が与えられる。開幕週ということもあり、絶好の馬場コンディションで行われることが多い。ここでは過去10年のデータから狙いどころを探っていこう。

まずは人気面から。

■単勝人気別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・1人気/【4.1.0.5】
勝40.0%/連50.0%/複50.0%
・2人気/【2.3.2.3】
勝20.0%/連50.0%/複70.0%
・3人気/【1.1.2.6】
勝10.0%/連20.0%/複40.0%
・4人気/【1.1.1.7】
勝10.0%/連20.0%/複30.0%
・5人気/【0.0.1.9】
勝0.0%/連0.0%/複10.0%
・6人気/【0.1.0.9】
勝0.0%/連10.0%/複10.0%
・7人気/【0.0.0.10】
勝0.0%/連0.0%/複0.0%
・8人気/【0.0.0.10】
勝0.0%/連0.0%/複0.0%
・9人気/【1.0.1.8】
勝10.0%/連10.0%/複20.0%
・10人気以下/【1.3.3.76】
勝1.2%/連4.8%/複8.4%

3連単100万超馬券が2回、10~30万馬券も4回出ており、非常に荒れやすい重賞だ。ただ、1人気の勝率は50%、連対率と複勝率も50%で信頼度は高い。もちろん、1人気が馬券に絡む時は100万級の馬券にはならないものの、7~10万馬券は出たことがあり、ヒモ荒れを狙うのもありだ。その1人気とほぼ互角の成績を残しているのが2人気。勝率は負けているが、連対率は互角で、複勝率はこちらのほうが高い。近5年で見ると、1人気が2014年6着、2015年2着、2016年5着、2017年8着、2018年1着に対して、2人気は2014年7着、2015年1着、2016年2着、2017年3着、2018年4着。昨年こそ1人気が勝ち、2人気は馬券に絡まなかったが、近年の安定度という意味でも2人気が上だ。3人気は1、2人気に比べて成績がよくなく、近2年も馬券に絡んでいない。ただし、複勝率は40%あるので、相手に入れないのは危険だ。人気薄馬は9人気以下の馬が9頭絡んでおり、過去3年も連続して馬券に絡んでいる。ピンポイントで狙うなら2014年以降で3回馬券に絡んでいる13人気。

次にステップ面を見ていこう。

■前走別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・フラワーC/【2.2.2.18】
勝8.3%/連16 .7%/複25.0%
・君子蘭賞/【2.2.1.10】
勝13.3%/連26.7%/複33.3%
・3歳未勝利(牝)/【2.0.0.15】
勝11.8%/連11.8%/複11.8%
・3歳500万下/【1.0.1.12】
勝7.1%/連7.1%/複14.3%
・アネモネS/【1.0.0.5】
勝16.7%/連16.7%/複16.7%
・福寿草特別/【1.0.0.0】
勝100.0%/連100.0%/複100.0%
・ミモザ賞/【0.2.0.20】
勝0.0%/連9.5%/複9.5%
・3歳500万下(牝)/【0.1.1.1】
勝0.0%/連33.3%/複66.7%
・3歳未勝利/【0.1.1.7】
勝0.0%/連11.1%/複22.2%
・毎日杯/【0.1.0.0】
勝0.0%/連100.0%/複100.0%
・白菊賞/【0.1.0.0】
勝0.0%/連100.0%/複100.0%
・クイーンC/【0.0.2.7】
勝0.0%/連0.0%/複22.0%
・フリージア賞/【0.0.1.1】
勝0.0%/連0.0%/複50.0%
・梅花賞/【0.0.1.0】
勝0.0%/連0.0%/複100.0%

さまざまなローテーションから好走馬が出ているが、主力ローテーションは6回馬券に絡んでいるフラワーC組。近年冴えなかったが、昨年3着馬を出している。基本手は3着以内が狙い目だが、1ケタ着順であれば好走の余地はある。好調なのが500万組で、過去10年で16頭が馬券に絡んでおり、最近も5年連続で連対中だ。そのなかでも君子蘭賞の好走が目立っている。今年も最注目のローテで、好走条件は前走3着以内。そして、昨年2着馬を出した3歳未勝利組も見逃せない。牝馬限定戦のほうが率はいいが、好走馬の数は混合戦と同じだ。3月施行の芝1800~2000m戦が狙い目。そこで2着に0秒2差以上で勝った馬は買い目に入れておきたい。

3歳牝馬限定の重賞でいえば、初の2000m戦。距離面でのポイントはあるのか探ってみた。

■3着以内馬
芝2000m以上の距離経験有無/成績
[2009年]
・ディアジーナ
無/(芝1800m重賞2着)
・ワイドサファイア

・ハシッテホシーノ
有/2勝

[2010年]
・サンテオリオン
有/1勝
・アグネスワルツ

・ブルーミングアレー
有/2着1回

[2011年]
・バウンシーチューン
無/(芝1800m・1勝)
・マイネソルシエール
有/(芝1800m・1勝)
・ピュアブリーゼ
有/(芝1800m・1勝)

[2012年]
・ミッドサマーフェア
無/(芝1800m・1勝)
・アイスフォーリス
有/1勝
・ダイワデッセー
有/1勝

[2013年]
・デニムアンドルビー
有/1勝
・エバーブロッサム
有/1勝
・ブリュネット
無/(芝1800m・1勝)

[2014年]
・サングレアル
有/未勝利
・ブランネージュ
無/(芝1800m・1勝)
・マイネオーラム
有/(芝1800m・2勝)

[2015年]
・シングウィズジョイ
無/(芝1800m・1勝)
・ディアマイダーリン
無/(芝1800m・1勝)
・マキシマムドパリ
有/1勝

[2016年]
・チェッキーノ

・パールコード
有/1勝
・アウェイク
有/(芝1800m・1勝)

[2017年]
・モズカッチャン
無/(芝1800m・2勝)
・ヤマカツグレース
無/(芝1800m・2着)
・フローレスマジック


[2018年]
・サトノワルキューレ
有/1勝
・パイオニアバイオ
有/1勝
・ノームコア
無/(芝1800m・1勝)


3着以内馬30頭中16頭が芝2000m以上のレースを経験していたが、近5年では経験がある馬は7頭、経験がない馬は8頭と、わずかだが未経験馬が上だ。徐々に芝2000m以上のレース経験が必要ではなくなっているのかもしれない。ただし、マイル以下しか良績がない馬の好走もあるが、さすがに狙いづらく、最低でも芝1800mの連対歴はほしい。

最後に枠番傾向も見てみよう。

■枠番別成績
(全3着以内数に対する当該枠番の割合)
・1枠/【2.1.1.16】/13.3%
・2枠/【1.0.0.19】/3.3%
・3枠/【2.3.4.10】/30.0%
・4枠/【1.1.0.18】/6.7%
・5枠/【0.2.0.18】/6.7%
・6枠/【1.2.0.17】/10.0%
・7枠/【0.0.3.23】/10.0%
・8枠/【3.1.2.22】/20.0%

東京芝2000mはスタート位置が特殊。すぐにコーナーがあるので、枠順の有利不利がはっきりしている。基本的に内枠有利で外枠は不利といわれており、フローラSも同様だ。とくに3枠から好走馬が出やすい。ちなみに、コースロスのある8枠で勝った馬はディアジーナ、サンテミリオン、チェッキーノの3頭だが、本番のオークスでサンテミリオンは優勝、チェッキーノが2着、ディアジーナも5着に善戦。当レースには関係ないが、外枠で勝った馬はオークスで要注意だ。

■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!

■[お友だち6万人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

PAGE TOP