UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

コラム

2019/02/10  UMAJiN.net/データ部「徹底分析/重賞完全攻略データ」

【重賞完全攻略データ】フェブラリーS(GI)を徹底分析!

2019年最初のGI。舞台は短距離、中長距離路線から砂の猛者が集まる東京ダートマイル戦だ。堅く収まる時もあれば波乱になることもあり、なかなか難解なダートGI。過去10年のデータから狙いどころをしっかり探っていきたい。

まずは人気面から見ていこう。

■単勝人気別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・1人気/【3.2.3.2】
勝30.0%/連50.0%/複80.0%
・2人気/【2.1.2.5】
勝20.0%/連30.0%/複50.0%
・3人気/【1.2.1.6】
勝10.0%/連30.0%/複40.0%
・4人気/【1.1.1.7】
勝0.0%/連10.0%/複20.0%
・5人気/【0.3.0.7】
勝0.0%/連20.0%/複30.0%
・6人気/【1.0.1.8】
勝10.0%/連10.0%/複20.0%
・7人気/【1.0.2.7】
勝10.0%/連10.0%/複30.0%
・8人気/【0.0.0.10】
勝0.0%/連0.0%/複0.0%
・9人気/【0.1.0.9】
勝0.0%/連10.0%/複10.0%
・10人気以下/【1.0.0.68】
勝1.4%/連1.4%/複1.4%

1人気は連対率、複勝率を見ても信頼できるレベル。2人気にしても連対率こそ30%だが複勝率は50%をキープしており、3人気も複勝率40%で馬券の対象からは外せない。波乱になることもあるが、上位人気がまったく馬券に絡まなかった年はないので、安易に切り捨てるのは危険だ。対して4人気以下は、2014年に16人気のコパノリッキーが優勝したが、基本的に2ケタ人気が馬券に絡むことはなく、9人気の激走もあるものの、7人気以内で決まりやすい。過度な穴狙いをするのはやめたほうがいいだろう。

次にステップ面。

■前走別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・根岸S/【3.2.1.51】
勝5.3%/連8.8%/複10.5%
・チャンピオンズC/【3.2.2.6】
勝23.1%/連38.5%/複53.8%
・東海S/【2.1.1.10】
勝14.3%/連21.4%/複28.6%
・川崎記念/【1.3.2.10】
勝6.3%/連25.0%/複37.5%
・東京大賞典/【0.1.4.10】
勝0.0%/連6.7%/複33.3%
・アレキサンドライトS/【0.1.0.0】
勝0.0%/連100%/複100%
※チャンピオンズCはJCダートを含む。

ステップレースは多くない。たまに1600万やオープン特別から好走馬が出ることはあるものの、それはあくまでも例外だ。現状は根岸S、チャンピオンズC、東海S、川崎記念、東京大賞典の5つに絞られる。取捨のポイントはステップレース時の着順。チャンピオンズC組は、JCダート時代も含めて2着以内馬が【2.2.1.1】と断然。ただし、2ケタ着順からの巻き返しもあるので、大惨敗した馬にも注意が必要だ。GI3着以内の実績がある馬に限り、2ケタ着順でも激走できる。昨年、優勝馬を出している根岸S組は3着以内馬が【3.2.1.17】と好走している。東海S組も【2.1.1.6】で3着以内馬が好走。ただし、1着馬のほうが好走の確率は高い。川崎記念組も同じで3着以内馬が【1.3.2.4】。気になるのはここ4年、好走馬が出ていないこと。軸にするのは微妙か。最後に東京大賞典組だが、過去10年で優勝馬が出たことはないが、昨年ここ経由の馬が3着にきている。【0.1.4.10】の7着以内馬が好走の目安で、相手には入れておきたい。

次は好走馬の実績を見てみよう。

■3着以内馬 前年ダートGI成績
※( )内は複勝率
[2009年]
・サクセスブロッケン
【1.1.2.1】(80.0%)
・カジノドライヴ
【0.0.0.2】(0%)
・カネヒキリ
【2.0.0.0】(100%)
[2010年]
・エスポワールシチー
【3.0.0.1】(75.0%)
・テスタマッタ
【1.0.0.0】(100%)
・サクセスブロッケン
【2.1.1.1】(80.0%)
[2011年]
・トランセンド
【1.0.0.0】(100%)
・フリオーソ
【1.4.0.0】(100%)
・バーディバーディ
【0.0.1.4】(20.0%)
[2012年]
・テスタマッタ
【0.0.1.1】(50.0%)
・シルクフォーチュン
【0.0.1.0】(100%)
・ワンダーアキュート
【0.2.0.0】(100%)
[2013年]
・グレープブランデー
【0.0.0.1】(0%)
・エスポワールシチー
【2.1.0.3】(50.0%)
・ワンダーアキュート
【1.1.2.0】(100%)
[2014年]
・コパノリッキー
【0.0.0.0】(?)
・ホッコータルマエ
【4.1.1.0】(100%)
・ベルシャザール
【1.0.0.0】(100%)
[2015年]
・コパノリッキー
【3.2.0.1】(83.3%).
・インカンテーション
【0.0.0.1】(0%)
・ベストウォーリア
【1.0.0.3】(25.0%)
[2016年]
・モーニン
【0.0.0.0】(?)
・ノンコノユメ
【1.0.0.3】(25.0%)
・アスカノロマン
【0.0.0.0】(?)
[2017年]
・ゴールドドリーム
【0.0.1.1】(100%)
・ベストウォーリア
【0.2.1.1】(75.0%)
・カフジテイク
【0.0.0.1】(0%)
[2018年]
・ノンコノユメ
【0.0.0.2】(0%)
・ゴールドドリーム
【2.0.0.3】(40.0%)
・インカンテーション
【0.1.0.2】(33.3%)

3着以内馬30頭中22頭は前年にGI好走歴があり、22頭のうち15頭はGIを勝っていた。しかも、3着以内馬30頭中17頭は前年GI複勝率50%以上。前年のGIで高いパフォーマンスを見せているのは、やはりプラス材料だ。

最後に年齢面について。

■年齢別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
4歳/【4.3.1.25】
勝12.1%/連21.2%/複24.2%
5歳/【4.3.4.19】
勝13.3%/連23.3%/複36.7%
6歳/【2.1.2.32】
勝5.4%/連8.1%/複13.5%
7歳以上/【0.3.3.53】
勝0.0%/連5.1%/複10.2%

ダート路線は息の長い活躍をするといわれているが、本レースも7歳以上馬が最多出走で、6回ほど馬券に絡んでいる。ただし、連に絡んだ馬はフリオーソ、エスポワールシチー、ベストウォーリアと、いずれもGI2勝以上の超一流馬で、3着馬にしてもカネヒキリ、ワンダーアキュート、インカンテーションとGI好走歴のある馬。高齢馬はGI実績がなければ通用しない。数字だけでみれば、5歳馬が一歩リード。昨年も2着に食い込んでおり、迷ったら5歳馬を選ぶのがいいだろう。

■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!

■[お友だち5万9000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

■重賞攻略はお任せ!特別メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!

PAGE TOP