UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2018/12/16  UMAJiN.net/データ部「徹底分析/重賞完全攻略データ」

【重賞完全攻略データ】有馬記念(GI)を徹底分析!

28日にも競馬はあるが、やはり年度の総決算は、グランプリ・有馬記念。来年も気持ちよく馬券を買うために、ここは是が非でも当てたい!と思っている人は多いはず。波乱含みで一筋縄ではいかないイメージもあるが、ここでは過去10年のデータから狙いどころを探っていこう。

最初に人気面から見ていく。

■単勝人気別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・1人気/【6.2.1.1】
勝60.0%/連80.0%/複90.0%
・2人気/【2.1.2.5】
勝20.0%/連30.0%/複50.0%
・3人気/【0.0.2.8】
勝0.0%/連0.0%/複20.0%
・4人気/【1.1.1.7】
勝10.0%/連20.0%/複30.0%
・5人気/【0.1.0.9】
勝0.0%/連10.0%/複10.0%
・6人気/【0.0.0.10】
勝0.0%/連0.0%/複0.0%
・7人気/【0.1.0.9】
勝0.0%/連10.0%/複10.0%
・8人気/【1.1.0.8】
勝10.0%/連20.0%/複20.0%
・9人気/【0.1.1.8】
勝10.0%/連20.0%/複30.0%
・10人気以下/【0.2.3.59】
勝0.0%/連3.1%/複7.8%

1人気はかなり優秀。複勝率90%を誇り、軸馬として鉄板レベルだ。2人気も複勝率50%とまずまずの成績だ。ただし、有馬が難解といわれる所以は、3人気以下がほぼ同じようなレベルの成績だということ。ヒモが非常に読みづらく、10人気以下にしても頭数が多いだけで、複勝圏には5回絡んでいる。小回りの中山コースだけに展開次第でどの馬にもチャンスがあるということ。馬券的には1人気を軸馬に据えて、ヒモ荒れを考慮しつつ相手を手広く買うのが基本戦略となる。

次にステップ面。

■前走別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・ジャパンC/【3.5.6.48】
勝4.8%/連12.9%/複22.6%
・菊花賞/【3.1.1.5】
勝30.0%/連40.0%/複50.0%
・天皇賞・秋/【2.0.1.8】
勝18.2%/連18.2%/複27.3%
・凱旋門賞/【1.0.1.1】
勝33.3%/連33.3%/複66.7%
・AR共和国杯/【1.0.0.6】
勝14.3%/連14.3%/複14.3%
・エリザベス女王杯/【0.2.0.12】
勝0.0%/連14.3%/複14.3%
・中日新聞杯/【0.0.1.0】
勝0.0%/連0.0%/複100%
※日程や条件が大きく変わったレースは省略。

出走馬が多いので率はよくないが、毎年最低1頭は馬券に絡んでいるジャパンC組は無視できない存在。10着以下から巻き返す可能性もあり、着順で判断できないのが難しいところ。そこで過去のジャパンC経由の好走馬から狙いどころを探ってみる。

■ジャパンC経由の好走馬
JC着順/1着馬(2着馬)との着差/GI実績/秋ローテ
[2008年]
・アドマイヤモナーク
12着/0秒8差/なし/3戦消化
[2009年]
・エアシェイディ
5着/0秒6差/3着歴/2戦消化
[2010年]
・ヴィクトワールピサ
3着/0秒3差/1着歴/3戦消化
・ブエナビスタ
2着/0秒3差/1着歴/2戦消化
※1着入線も降着
[2011年]
・エイシンフラッシュ
8着/0秒7差/1着歴/2戦消化
・トゥザグローリー
11着/0秒8差/3着歴/2戦消化
[2012年]
・ルーラーシップ
3着/0秒4差/1着歴/2戦消化
[2013年]
・ゴールドシップ
15着/1秒4差/1着歴/2戦消化
[2014年]
・ジェンティルドンナ
4着/0秒9差/1着歴/2戦消化
[2015年]
・サウンズオブアース
5着/0秒3差/2着歴/2戦消化
[2016年]
・キタサンブラック
1着/0秒4差/1着歴/2戦消化
・ゴールドアクター
3着/0秒6差/1着歴/2戦消化
[2017年]
・キタサンブラック
3着/0秒2差/1着歴/2戦消化
・シュヴァルグラン
1着/0秒2差/2着歴/2戦消化

有馬記念は秋シーズン最後のGIなので、「余力」がポイントだといわれている。ジャパンCから好走した馬の14頭中12頭が秋2戦消化で、有馬記念が秋4戦目以上の馬は狙いづらい。さらに、ジャパンCで負けていた馬(降着を除く)11頭中7頭が0秒6差以上だったことからも、余力が残っていそうなタイプが有馬記念で馬券に絡みやすいようだ。ただし、GI実績がなかったのは1頭しかおらず、最低でも3着歴はほしい。

また、「余力」が重要だというのは、秋シーズンの消化レース数が少なく、間隔も比較的あいている菊花賞組や天皇賞・秋組が好成績を挙げていることからもわかる。とくに菊花賞馬は勝率30%、複勝率50%と軸馬として成立する成績だ。また同組では10着以下から巻き返した例もあるが、該当するトゥザワールド(菊花賞16着)は、中山芝の連対率が100%(すべてGII以上)という中山巧者だった。中山適性でいうと天皇賞・秋組も好走した3頭すべてが中山芝のGI連対歴かGII勝ちがあった馬だった。その他のステップでは凱旋門賞組は着順を気にする必要はないが、GI馬のみが好走している。エリザベス女王杯組は複勝率100%のブエナビスタとダイワスカーレットの2頭のみ。よほどの実力馬でないと厳しい。

次は年齢面。

■年齢別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
3歳/【4.2.2.23】
勝12.9%/連19.4%/複25.8%
4歳/【2.5.2.31】
勝5.0%/連17.5%/複22.5%
5歳/【4.2.4.37】
勝8.5%/連12.8%/複21.3%
6歳/【0.0.0.17】
勝0.0%/連0.0%/複0.0%
7歳以上/【0.1.2.16】
勝0.0%/連5.3%/複15.8%

主力は3、4、5歳馬で、6歳馬は一度も馬券に絡んでいない。7歳以上は未勝利ではあるが、馬券には絡んでいる。その馬券に絡んだ3頭すべてが10人気以下だ。大穴を狙うなら高齢馬か。

最後に枠番傾向を見ていこう。

■枠番別成績
(全3着以内数に対する当該枠番の割合)
・1枠/【2.2.1.13】/16.7%
・2枠/【1.2.0.15】/10.0%
・3枠/【1.2.1.14】/13.3%
・4枠/【1.2.1.16】/13.3%
・5枠/【1.1.3.15】/16.7%
・6枠/【2.0.2.16】/13.3%
・7枠/【1.0.2.17】/10.0%
・8枠/【1.1.0.18】/6.7%

スタートしてすぐにコーナーがある中山2500mは内枠有利といわれるが、過去10年の結果を見ると、そこまで内外の差があるとはいえない。ただ、出走頭数別に見ると、

■14頭立て【過去2回】
・1枠/【0.0.0.2】/0.0%
・2枠/【0.0.0.2】/0.0%
・3枠/【0.0.0.3】/0.0%
・4枠/【0.1.1.2】/25.0%
・5枠/【0.0.1.3】/12.5%
・6枠/【1.0.0.3】/12.5%
・7枠/【0.0.0.4】/0.0%
・8枠/【1.1.0.2】/25.0%

■16頭立て【過去8回】
・1枠/【2.2.1.11】/20.8%
・2枠/【1.2.0.13】/12.5%
・3枠/【1.2.1.11】/16.7%
・4枠/【1.1.0.14】/8.3%
・5枠/【1.1.2.12】/16.7%
・6枠/【1.0.2.13】/12.5%
・7枠/【1.0.2.13】/12.5%
・8枠/【0.0.0.16】/0.0%

14頭立てはサンプル数が少ないものの、内枠が全滅で外枠有利。逆に16頭立ての時は8枠が馬券に絡んだことがなく、内枠有利だった。今年も出走頭数は要チェックだ。

■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!

■[お友だち5万9000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

■重賞攻略はお任せ!特別メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!

PAGE TOP